【修学旅行】北海道Aコース4日目

北海道Aコース4日目の様子です。

あっという間に最終日。広い北海道を満喫するには時間が足りません。

朝食後、ホテルをチェックアウトし、札幌場外市場に向かいました。

札幌場外市場では、海産物の買い物を中心に楽しみました。
普段なかなか見る機会がない市場の活気や北海道の海の幸を目の当たりにし、とてもワクワクしていました。

続いて小樽運河に向かいました。
街並みを散策しつつ昼食をとったり、お土産を購入したりと最後まで満喫しました。




<生徒の感想より>
・明治から昭和のはじめにかけてつくられた町並みからは京都とは違う、何か別種の、時間の積み重なりがもっている美しさのようなものを感じました。
町の建物すべてがその美しさをもっていて、もし1人で旅することができるなら、半日か1日かけてじっくりと歩き回りたいと思いました。
・たくさんの魅力的なお店があって、どれにするかすごく迷いました。バスガイドさんがおすすめのものやお店を教えてくださったので様々なものが買えました。ただ、今回は時間が少ししかなくて買い忘れたものがいくつかあったので、次はもっと長い時間小樽で過ごしたいなと思いました。
・花畑牧場が休業だったので、どこかの土産屋に花畑牧場のキャラメルを売ってないか探しまわって疲れてしまいました。
・広島にはないお店がたくさんあって特にとんぼ玉のお店やガラス細工のお店、オルゴールのお店はどこも内装がおしゃれで見て回るのが楽しかったです。

名残惜しさを感じながら、新千歳空港より帰路につきました。
広島から遠く離れた土地の風土や文化に触れ、北海道でしかできない体験の連続で、大変刺激的な日々になったようです。

生徒によるこの4日間での「ベストショット」と感想(一部抜粋)をご覧ください。



・修学旅行に無事に行けて良かったです。この時期はコロナなどの感染症もあり、最初は修学旅行に行けるかどうかも分かりませんでした。本来行きたかった場所に行けなかった人もいたかも知れませんが、それでも北海道を楽しめたと思います。
 まずは私たちを修学旅行に行くことを許可して下さった両親、修学旅行を計画して下さった先生方、北海道を案内してくださったバスガイドさん、私たちの安全をそばで、見守って下さった看護師さん、バスを運転してくださった運転手さん全ての皆様に感謝をし、修学旅行を楽しむことが出来ました。家に帰り、一人になってはじめて、現実に戻った感じがしました。私にとって、みんなと過ごした北海道での四日間は、まさに夢のようなものでした。
 広島を発って一路北海道へ。空港に着いたとき、思わず「涼しいなぁ。」と声が出てしまうほど、北海道はカラッとしていて爽やかでした。そこからバスで移動する道中、目に見える景色は、とてものどかで、どこか落ち着きがありました。バスの中では、クラスのみんなが笑顔で楽しい修学旅行になりそうだと思いました。
 北海道での四日間は、毎日が発見でした。一緒に過ごしてきた友達や先生の意外な一面。広島ではあまり感じることのない自然の壮大さ。いっそのこと、このまま北海道に住んでしまおうか、そんなことも考えました。そのくらい素晴らしい環境だったからこそ、クラスのみんながいきいきして見えたのかもしれません。
 広島に帰り、思わず「暑っ。」の一言。空港の外はもっと暑いのかと思うと、さらに気が重くなりました。しかし、この修学旅行で、このクラスのみんなとなら、残り一年間うまくやっていけそうだと思えました。四日間の修学旅行での思い出を大切にし、これからの学校生活を楽しく、そして充実したものにしていきたいです。

・今回の修学旅行で特に印象に残っていることが2つあります。
1つ目は、北海道は広島と比較して自然がとても多く、土や木などを含めた景色が全然違う事に驚きと関心を抱きました。私自身、北海道に訪れることが初めてだったので、北海道がどのような所なのかを実際に目にして、体験して感じる事が出来たのでとても良かったです。
 2つ目は、北海道ならではの色々な観光地を回れた事です。その中でも洞爺湖と函館山が良かったです。洞爺湖は国内で3番目に大きいカルデラ湖で、北海道の厳しい寒の中でも凍ることの無い不凍湖と呼ばれていることに興味を持ちました。辺り一面が山で囲まれて、自然いっぱいでとても綺麗でした。遊覧船から沢山のカモメを間近で見るという初めての体験が出来て、良かったです。函館山では、360度北海道の夜景が見られて、とても綺麗でした。今回の修学旅行で見た景色の中で、一番綺麗だったと思います。海と街の景色を一緒になって見られて良かったです。
 この修学旅行では初めて目にしたり、体験したり、また班長をやらせてもらったりなど、良い人生経験になったと思います。

・修学旅行に行けるか1年生の時からとても不安に思っていたけど、行くことができてよかったです。これも先生方や修学旅行に携わるたくさんの方々のおかげだと思います。
 私は初めて北海道に行き、広島県との違いをたくさん見つけることができました。例えば土地の広さです。広島はほとんどどこに行っても近くに山があるにもかかわらず北海道は山が遠かったことにまず驚きました。
 同じ班の人やクラスのみんなといろんなところを回るうちに今まで見えてこなかった一面をたくさん見ることができました。修学旅行がきっかけでもっと仲が良くなったような気がします。
 北海道にはたくさんの美味しいものがあり、まだまだ食べて回りたいと思いました。特にホテルでいただいたカニはとても美味しくて今まで少し苦手だったけど、躊躇いなく食べることができました。
 修学旅行という大きな行事が終わったのでこれからは受験勉強にしっかり目を向けていこうと思います。この4日間の思い出は一生残るんだろうなと思いました。

この4日間の経験でますます成長した皆さんとの学校生活を楽しみにしています!