【修学旅行】南紀白浜コース2日目 

朝食前にEarly Bird Walk(早起き散歩)をホテル前の白良浜で行いました。快晴で日の出前だったので、白み始めた空と水平線を見て生徒たちも歓声をあげていました。

朝食を済ませ、千畳敷や三段壁洞窟、とれとれ市場でお土産などを買いました。朝食は非常にボリュームがあり、しっかりエネルギーを蓄えることができたようです(朝あまり食べない生徒にとっては過酷だったかも)。また千畳敷や三段壁洞窟などは和歌山の自然美を堪能することができたようです。




昼食を済ませ、宿泊する太地町にあるクジラ博物館を訪れ、捕鯨の歴史や文化、さらにはクジラやイルカのショーも見学ができ、昨日とは違う面白さを味わうことができました。



生徒たちによる今日の一枚とコメントを一部紹介します。



朝のお散歩とても綺麗でした!!


イルカショーを見ました。イルカが3匹同時にジャンプをしていて凄かったです!イルカ可愛かったです.


初めてイルカの餌やりをしました。餌をあげる度にイルカが可愛く鳴いてくれたのでつい餌をやりすぎてしまいました。とても良い思い出になりました。


クジラが飼育員さんに懐いているのを見てビックリしました。


海と空がとても綺麗でした!!


今日は昨日とは少し違って、千畳敷や三段壁道窟など自然がつくり出したものの美しさを身近で感じることができました。
くじらの博物館では、クジラとイルカに餌をあげました。
近くで見てみると、クジラもイルカもとても可愛かったです。そして、今まで見たことが無かったクジラショーを一番前の席で見ました。他の動物とは違い、クジラは身体が大きく迫力もありました!


朝の風景が一番心に残りました。普段は起きるのが遅くて朝日とかを見る事は無かったのですが、今日の朝の風景を見たら心がリフレッシュして気分も少し良くなったのでいいなと思いました。
自然のよさを直接目で感じられたので良かったです。