広島市立三入中学校 出前授業

10月20日(水)広島市立三入中学校で出前授業をおこないました。5時間目の授業でしたが、どのクラスも一生懸命授業を受け、それぞれの課題に取り組んでいただきました。

授業は瞑目から始まり、その後元気なあいさつでスタートとなりました。

3年1組 地歴公民
問題解決とプレゼンテーションの授業で、9班に分かれて「観光都市 広島」を救うというテーマで、どのような問題があって、どのように救うかなど話し合い、プレゼンテーションを行いました。短い時間でしたが、各班しっかり話し合い、いろいろなアイデアが出ました。日頃の授業でグループ活動が積極的に行われているようで、商品化できそうなレベルの提案もありました。

各グループでポスターを作成し、発表を行いました。

3年2組 英語
ネイティブとのティームティーチングで、英語を使って様々な表現をしました。ペアーになって交互にクイズを出したり、完了形の表現を使って行ったことがある場所や経験したことなどを聞き合ったりしました。どの生徒さんも積極的にコミュニケーションを取っていて、大いに盛り上がることもありました。英語の面白さをいつまでも大事にしてほしいですね。

3年3組 国語
高校の国語で扱うことなどを知ってもらいながら、様々なことを表現してみる活動に取り組みました。物・事柄を多面的に見てみたり、写真を見ながら文章で表現してみたり、言葉で表すことの面白さや難しさを感じ取ってもらえたのではないかと思います。言葉で伝えきれなかったりすることがよくありますが、相手のことを思いやりながら言葉を選ぶきっかけになってくれればと感じています。

三入中学校3年生の皆さん 授業はいかがでしたか。感想など頂ければ幸いです。