令和2年度 1学期終業式・慰霊式

本日、1学期終業式が行われました。
本来であれば講堂に全学年が集って行うのですが、現状を鑑みて各教室にて行いました。
今回はZOOMを用いての終業式でした。


國貞校長先生は、今学期はコロナ感染拡大防止のため、様々な制約の中で学校生活を送らねばならなかったことについて話されました。また、休校中の学びの保障のために先生たちが本当に一生懸命オンライン授業の準備をしたことや、登校再開後、時差登校を始めとしてみんなが協力してくれたことなど、様々な面で何とかこの局面を乗り越えるために力を合わせてきたことへの感謝を伝えられました。また、2週間あまりの大変短い夏休みではあるけれど、水難事故や交通事故等に十分気をつけて、元気に2学期に会いましょうと伝えられました。

終業式の後は、慰霊式が行われました。
世界で初めて原爆がこの広島に投下されてから今年で75年目です。
広陵高校でも建物疎開の作業に当たっていた先生と、生徒たちが犠牲となりました。
正門横奥には、慰霊碑が立てられ、路面電車道の敷石を土台に原爆の絵が置かれています。
校長先生の挨拶の後、慰霊碑と絵の紹介があり、生徒会役員たちが、みんなで折った千羽鶴を献納し、お花を供えました。
その後、全員で黙祷を捧げました。
明日は平和祈念日でもあります。
この日本が、世界が平和であるよう私たちは努力していかねばなりません。