令和2年度 入学式

 

新型コロナウイルスの感染拡大で、実施することも危ぶまれましたが、今日無事に入学式を執り行うことができました。

しかし、まだまだ新型コロナウイルスの状況が改善されたわけではありません。教職員は全員マスク着用、また、生徒、保護者もほとんどの方がマスクを着けての参列となりました。

入学式の内容も短縮して、実施しました。

まずは入場。

そして、校長先生からの式辞がありました。

校長式辞
國貞和彦校長からは、419名の新入生の入学を祝い、このような状況下だからこそ、希望や光を見いだし、できることを精一杯やっていこう。苦しい時こそ力を合わせることが大切であり、今がまさにその時。人と人の距離を取っても心の隔たりがないようにしていこう。本校のキャッチフレーズである「多様性は可能性」、そして「教育は愛なり」の建学の精神にのっとり、互いの違いを認め長所を伸ばし成長していってほしいとの言葉がありました。

新入生からのあいさつ。

 

最後は新入生は退場し、それぞれの教室でホームルームが行われました。朝は少し曇りがかっていましたが、入学式が終わるころには青空がみえ、新入生の新たな門出を祝っているかのようにも思えました。