【授業風景】2学年 家庭基礎での取り組み


渡り廊下に「保育園」なるものが出現しています!

近くで見てみると、卵に顔が書かれており、名札がついています。

家庭基礎の授業の中で保育について学習しており、卵をわが子のように大切に育てる活動をしているとのことです。

毎年行われているこのユニークな取り組み、生徒もどんな名前を付けるかというところから始まり、盛り上がっているようです!