3年生登校日

いよいよ卒業式前日です。
1か月ぶりに3年生が登校し、明日の流れを確認しました。
まん延防止等重点措置の期間中であることをふまえて全体での予行は実施せず、ホームルームで入退場などの確認を行いました。

ホームルームで諸連絡を行ったあと、卒業アルバムをめくりながらこれまでの思い出を振り返っていました。

講堂では卒業証書授与のリハーサルが行われました。
実際に動いてみると実感が湧いてきたようで、緊張感が漂っていました。


コロナ禍ではありますが、学年全員揃って卒業式を迎えられますように願っています。

【サッカー部(男子)】高円宮杯JFA U18サッカーリーグ広島2022 3部昇格決定

令和3年度に行われた、年間を通して開催されるリーグ戦の結果により、3部昇格が決定しました。

今シーズンのサッカー部男子の成果目標である、「カップ戦ベスト8」「リーグ戦3部昇格」の一つが達成されたシーズンとなりました。
来シーズンは試合の強度も質も上がる中で、自分たちの力が試されますが、チャレンジャーとして1年間戦い抜きます。そのために日常を大切に、良い準備をしていきたいと思います。

1年間ご声援をいただきありがとうごさいました。
来シーズンもよろしくお願いします。

学年末考査1週間前

学年末考査1週間前になりました。

時間割が発表され、教室では各自が持っている手帳に書き写す姿が見られました。

学年末考査は今年1年間の学習内容の締めくくりです。
提出物の確認や授業内容の復習をしっかりと行い、今年度が良い形で締めくくれるように頑張りましょう!

オンライン授業

2日間の全校オンライン授業を終えました。
Google Meetを使ったライブ配信・双方型授業を行いました。

先生方はオンライン授業の実施にあたり、研修や教材研究を重ね、生徒の皆さんにとって分かりやすい形を模索しながら懸命に準備されました。


誰もいない教室に先生の声が響いていました。

生徒の皆さんも音読などで参加し、先生からの呼びかけにも答えていました。
オンライン上でのプレゼンテーションにチャレンジする授業もあり、チャット欄で拍手も起こりました。

オンライン授業を受けた生徒のアンケートによると、「感染リスクを抑えることができてありがたかった」という声もある一方で、「学校に毎日登校し、授業を受けたり、友達と交流したり、部活動に打ち込んだりする日々が当たり前ではない」ということを痛感した日々だったようです。

私たち教職員も、生徒の皆さんが元気で学校に来てくれることがどれだけ素晴らしいことか、と改めて考えさせられました。

令和3年度もあと少し。
学校に活気が戻り、有終の美を飾って新しい学年に繋いでいけるように願っています。

2021年芥川賞・直木賞受賞作品

メディアセンターに2021年の芥川賞・直木賞受賞作品が揃っています!

芥川龍之介賞
第165回(上半期)
石沢麻依『貝に続く場所にて』
李琴峰 『彼岸花が咲く島』

第166回(下半期)
砂川文次『ブラックボックス』

直木三十五賞
第165回(上半期)
佐藤究『テスカトリポカ』
澤田瞳子『星落ちて、なお』

第166回(下半期)
今村翔吾『塞王の楯』
米澤穂信『黒牢城』

これを機にぜひ新たな作品に触れてみてください。