【ダンス部】Chikako先生 ワークショップ

11月27日(土)午後より、ダンサーChikako Takemoto先生によるワークショップが広陵高校ダンス部の生徒に向けて開催されました。

まずはウォーミングアップとして、寝た状態で目隠ししながら前に進む運動をしました。ただ、前転を繰り返すだけでなく、伸びを感じながら、自由に体を動かす活動で、初めはどのように動けばいいか困っていましたが、何回か重ねるうちに楽しく自分の世界に入り込みながら、動くことができていました。

次に、ダンスのとても大切な基礎であるアイソレーションの練習を行いました。「アイソレーション」とは体のある一部分だけを『独立』させて動かす技です。普段の部活動からこの練習はしていますが、いつもとは違う視点やアドバイスがあり、生徒たちも困惑しながらも一生懸命ついていっていました。

最後は、5人グループに分かれて、アイソレーションを意識しながら即興で踊る練習を行いました。普段、即興で踊ることに苦手意識や抵抗感がありますが、この時は本当に楽しそうに練習していて、とてもよかったと思います。

新型コロナウイルス感染症が拡大し、活動が制限されてきたため、外部講師に教えていただく機会がありませんでしたが、今回のワークショップは生徒たちにとって、技術はもちろん、とてもいい刺激になりました。

Chikako先生、ありがとうございました!