授業研究(家庭科)

10月14日(木)に教職員の授業研究を実施しました。

今年度は家庭科・保健体育科・理科で実施し、各教員が3グループに分かれて参観しました。

家庭科「車椅子利用者と防災」 
指導講師:鈴木 明子先生(広島大学大学院 人間社会科学研究科 教授)

集中豪雨を想定し、各グループにあらかじめ状況設定したハザードマップを配布して、洪水や土砂崩れの可能性がある中でどの避難所に避難するのが適しているのか考えました。
車椅子を利用している場合の避難、小さな子どもがいる家族での避難など、様々な事情の人がいることをそれぞれが本当にしっかりと話し合っていました。

話し合いの際、互いの意見を尊重していたところも大変素晴らしかったです。

最後に代表者がハザードマップを指しながら避難経路とその経路を考えた理由を発表し、自助・共助についてまとめました。

「自分を守ることが他の人を守ることにもなる」という意見が出ていたことが印象的でした。