第3回 オープンスクール B日程

今日は、今年度最後のオープンスクールです。

新型コロナウイルス感染対策として、座席間隔もしっかりとっての開催です。

●ユニフォーム紹介
今日も吹奏楽部の合唱と演奏の後はユニフォーム紹介でした。今日はゴルフ部も参加できました。
昨日同様に多くの体育系部活動の生徒が参加してくれました。冒頭は硬式野球部がユニフォームだけでなく笑いを入れたトークも披露してくれました。
硬式野球部、ゴルフ部
 

ボクシング部、体操競技部
 

●校長挨拶 國貞 和彦 校長

昨日と同様に以下の内容を話され、広陵高校を紹介されました。
現在、3年生では就職試験がほぼ終了し、進学希望者が今は推薦入試に向けて頑張っているところです。中学生の皆さんも中間考査を頑張っていると思いますが、本校の3年生の頑張りも見てほしいと思います。
本校は、明治29年に開学し、124年の歴史を誇り「教育は愛なり」を建学の精神としている全国にも有名な学校です。広陵高校では、私学ならではの面倒見の良さ、広大な敷地で行う部活動。国際交流、iPadや各教室に整備されたプロジェクターを利用したICT教育など様々な良さがあります。また、各教室、寮や食堂にも新型コロナウイルスを不活性化するストリーマ技術を取り入れた加湿空気清浄機を設置し、新型コロナウイルス感染にも可能な限りの対策をとっています。さらに、現在運行している佐伯区からのスクールバスに加え、来年度からは三入、可部方面からもスクールバスを運行し、両コースとも無料にする予定です。特に可部方面の皆さんは御期待ください。このように広陵高校は独自性、柔軟性、先見性があります。授業を大切にする広陵、気持ちの良い挨拶のできる広陵、掃除の行き届いたきれいな広陵、ボランティア活動など積極的に参加する学校を目指しています。ぜひ、広陵で学びたい、自分を成長させたいと思っているなど、「多様性は可能性」です。多くの人の入学をお待ちしています。
この後は、ボランティアの生徒が校内案内をしてくれます。生徒たちが一生懸命思いを伝えてくれると思います。至らない点もあると思いますが御容赦いただき、しっかりと見学をしてください。と締めくくられました。

●施設見学
昨日同様に授業風景を見学し、校内散策しました。
校内の栗はすでに誰かに拾われたようです

藤棚では、春には藤が咲いた下でお弁当が食べられます。

最後は、ボランティアの案内係の生徒たちが自分たちが入学して感じたことなどを一生懸命に話していました。
 

来年、多くの新入生に遭うことが楽しみです。