防災訓練

10月29日(木)6時間目に、今年度の防災訓練を行いました。
地震が発生し、火事が発生したという設定です。


地震発生の報で、一斉に机の下へ


今年は密を避けるために、集合にかかる時間は気にせず移動を


クラスごとに整列、即点呼。ここの動きは速かった!


堀教頭からの講評
6年前の8月に発生した広島での豪雨災害、記憶に新しい2年前の7月豪雨に触れられました。
そして、日本が災害大国であることをデータを用いて伝え、
「いつ自分の前で災害が起きるか分からないという考えを持って
生活していきましょう。
また、災害発生時には「冷静に、落ち着く」ということが大切。
それは、その結果どうすればいいのか、最善の行動を選択できるからです。
今日の避難訓練を通して、いつ災害に遭遇しても的確な対応ができるよう、
日頃から防災意識を心がけて生活しましょう」と述べられました。

堀教頭の講評の中で挙げられたデータからいくつか問題を。
1 世界に占める日本の国土面積は何%?
2 世界で起こったマグニチュード6以上の地震回数のうち、日本の占める割合は?
3 日本で今年1~10月の間に起こった災害は何件?
[答え]
1 0.25%
2 22.9% 国土が小さいにもかかわらず、実に5回のうち1回は日本で発生して
      います。
3 13件  平均して1ヶ月に1回起きていることになります。
(総務省消防庁まとめ災害情報一覧データ)

上記のデータからも分かるように、
災害の多い日本においては、物心両面の備えを日頃からしておきたいものです。