令和2年度 第2回A日程 オープンスクール

本日、第2回のオープンスクールが実施されました。とはいえ、各回ともA・B2つの日程に分かれているため、延べで3回目の実施になります。
今日も新型コロナウイルス対策として、消毒やソーシャルディスタンスを考えての実施になりました。

オープニングはいつものように本校吹奏楽部による演奏です。今日も、歌に踊りに演奏にと趣向を凝らして楽しませてくれました。

この後、各部活動のユニフォーム紹介がありました。試合への参加で不在の部活動もありました。以下にいくつかの部活動を紹介します。

◆軟式野球部、バレーボール部

◆卓球部、体操競技部

◆バドミントン部、ダンス部

◆サッカー部(女子)、弓道愛好会

◎校長挨拶 國貞和彦 校長
校長は冒頭で新型コロナウイルス対策として、検温や消毒などご不便をおかけしているが、ようこそいらっしゃいました。全校を上げて歓迎しますと、謝意と歓迎の意を述べられました。その後、面倒見が良く粘り強い進路指導、充実した施設とその中で行う部活動、iPadやプロジェクターを利用したICT教育など、広陵高校の魅力を伝えられるとともに、現在、心配されている新型コロナウイルス対策として各教室、食堂および学生寮に新型コロナウイルスを不活性化する技術を取り入れた空気清浄機を設置していること、次年度から佐伯区に次いで、可部方面からもスクールバスを無料で運行予定であることを伝えられました。また、第3回オープンスクールでは学習支援ソフト「すらら」の体験用無料パスワードの配布があることも公表され、できるだけ多くの方に来校いただきたいと話されました。

この後、在校生ボランティアによる施設見学と、生徒会役員によるプロジェクターを利用しての学校紹介が続きました。
昼食後は各部活動にて部活動体験が行われました。

安佐中学校へ出前授業

本日は3年生6クラスに本校の教員が出前授業をしました。科目は国語・地歴公民・数学・理科・音楽・英語で、午後の1時限を担当しました。国語では「源氏物語」を使って平安時代の人と生活について学んだり、社会科は本校から持参したiPadを使って問題解決とプレゼンテーションの授業を展開し、クラウドファンディングについて授業を行いました。

数学ではいろいろな角度の使い道を学んだり、理科は「落ちる」を考える授業でしたが、高校の内容も少し紹介しながらだったため、少し難しかったような感じでした。しかし生徒たちも一生懸命取り組んでいて、楽しんでもらえていたら何よりです。

音楽では「笛」をテーマに様々な種類の笛を紹介し、中国の笛が専門の教員が最後にはモンゴルの草原をイメージした曲を披露しま  した。また英語では「完了形」の表現を使いながら様々な活動をするなど、あっという間の時間でした。安佐中学校の生徒さんの生き生きとした目の輝きや、しっかりと聞く姿勢に、授業をした教員は皆感心していました。


授業終了後、20分ほど学校を紹介する時間などがありましたので、9月5日(土)に紹介する学校紹介ビデオを一足早く見ていただきました。また生徒さんからいただいた質問に答える場面もあり、広陵の雰囲気を少しでも感じてもらえたのではと思っています。