令和2年度 第1回オープンスクール

本日は今年度初のオープンスクールです。新型コロナウイルスの影響で、これまで開催することができませんでした。

アルコール消毒やソーシャルディスタンスなどできる限りの対応をしながらの開催でした。

●学校長挨拶 國貞和彦 校長

挨拶概要
新型コロナウイルスの関係でなかなか開催できなかったが、中学生の皆さんにできるだけ早い段階で高校の雰囲気や広陵高校を知ってもらいたいと思い開催に踏み切りました。来年度はスクールバスを無料にし、可部方面からもバスを出すことを計画しています。私学だからこそ、広陵高校だからこの先見性、独自性、柔軟性があります。また、広陵高校は”多様性は可能性”をスローガンにしています。皆さんもぜひ広陵高校で可能性を伸ばしてもらいたいと思います。
さらに、9月計画しているオープンスクールは従来の形態での開催予定であることにも触れられました。

資料説明(近松・竹本教諭)

プロジェクターでの広陵高校の教育活動内容や来年度の募集要項についての説明がありました。

この後、施設見学でしたが、密集することを避けるため、いつもの集団での見学ではなく、見学に来られた皆さんが個々に見たいところに行っての見学でした。もちろん、授業風景も見学できましたが、試験前ということもあり、いつもとは少し雰囲気の違う様子でした。それぞれが見たいところをしっかりと見られるというのも良かったかもしれません。

次回のオープンスクール開催は8月1日の予定です。