分散登校 3日目

今日は第3学年の登校日でした。

感染拡大防止のため、クラスを2つに分けていて、一つの教室に人数が半数しかいません。寂しさもありながら、ホームルームに向かっていました。しかし、クラスにつくと、生徒たちはマスク越しでもわかるぐらい明るい表情をしていました。その姿を見て、安堵とともに生徒たちが学校に来てくれる喜びを実感しました。

また、個人面談をする先生もいました。新型コロナウイルスの影響で、状況が常に変化していく中で、3年生は進路を実現していかなければなりません。多くの生徒が不安を抱えている中で、生徒一人ひとりと向き合って、進路実現に向けて取り組んでいきます。

本日で、3学年すべての分散登校が終わりました。
初めにもお伝えした通り、生徒たちの姿を見て、学校に来てくれることの喜びを実感しました。
明日からも、分散登校が続きます。今後も生徒たちが登校できるよう、感染防止対策を徹底していきます。

分散登校 2日目

分散登校2日目でした。今日は第2学年が登校してくれました。


今朝、学校に来てみると、昨晩からの雨で、非常に足元が悪い状況でした。


しかし、生徒たちは登校して、元気な挨拶をしてくれました。久しぶりに生徒たちの明るい表情を見ることができて、とても嬉しかったです。

先生方も、検温を忘れた生徒を非接触体温計で測定するなど、生徒の感染を防ぐための取り組みをしていました。

明日は分散登校3日目。まだまだ油断を許せない状態ですが、生徒・教職員ともに、感染拡大防止の意識を高めて、過ごしていきます。

 

分散登校 初日

 

本日より、分散登校が始まりました。
生徒たちの表情も久しぶりに友人と会えて、自然と明るくなっていました。

しかし、新型コロナウイルスの猛威が落ち着いたわけではありません。
本校でも、様々な感染拡大防止対策を取り入れていきました。

まず、学年別の分散登校。今日は第1学年が登校しました。

普段の登校よりも、人数が少ないのはもちろん、少し落ち着いた雰囲気がありました。

そして、登校時、校門で先生たちが、検温やマスクを忘れた人はいないか、声掛けをしました。

生徒たちもマスクを着用しており、細心の注意を払って、登校していました。

授業時については、各クラス、前後半で分け、教室を別にしました。「3密」を避けるとともに、「ソーシャルディスタンス」を確保するために、取り組みました。
教室の窓・扉・廊下も全開にして、換気についても徹底しました。

普段よりも、制限があり、生徒たちも息苦しかったと思います。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大防止、なによりも生徒たちの身体・命を守るために、教職員・生徒が一丸となって、この困難に向き合っていきたいと思います。