生徒会新役員認証式・入賞披露・壮行式

本日、新生徒会役員の認証式が行われました。
■ 新生徒会役員認証式
会長 森川未悠(2I)、副会長 石川華乃(2C)、山田峻也(2G)、会計 有坂友梨(2B)、書記 上綱詩(1D)、文化部長 城本唯(2J)、文化副部長 門脇慎之介(2C)、保健体育部長 寳樂綾乃(2C)、風紀部長 平田友理奈(2A)、美化部長 平川華音(1A)、美化副部長 下宮海翔(1H)、図書部長 畑優香(2A)、会計監査 荒巻萌々香(1A) 松村遼(1J)

■ 入賞披露
◎ボクシング部
・第71回広島県高等学校総合体育大会
ピン級 第2位 大久保道愛、バンタム級 第1位 安田聖典、学校対抗の部 第2位 広陵高等学校
・平成30年度 第72回中国高等学校ボクシング選手権大会
ピン級 第1位 大久保道愛、ライトウェルター級 第1位 寺尾樹人、ウェルター級 第1位 竹村龍哉、バンタム級 第1位 土江亮太 第2位 安田聖典、フライ級 第1位 坂本竜聖

◎剣道部
・第71回広島県高等学校総合体育大会
女子団体 第5位
 

◎体操部
・第71回広島県高等学校総合体育大会 新体操
男子個人総合 第1位 東本侑也 第2位 宮本勇輝 男子団体 第1位 広陵高等学校
・第59回中国高等学校 新体操・体操競技選手権大会 種目:新体操
団体 第2位、個人総合 第4位 東本侑也 第5位 宮本勇輝

◎バドミントン部
・第71回広島県高等学校総合体育大会
男子学校対抗戦 第5位 女子学校対抗戦 第5位
・平成30年度前期バドミントン大会
男子3部 第2位 木村慎之介・竹中 遼、男子4部 第3位 小笠原昴希・上田椋、男子5部 第3位 山田晃輝・坂脇凪、女子3部 第3位 森本かんな・大竹莉瑚、女子4部 優勝 石原桃花・岡田歩、第2位 山田美華・横山花音、女子5部 第2位 古市怜那・隠居千紘
 

◎バレーボール部
・第71回広島県高等学校総合体育大会 男子5位

◎柔道部
・第71回広島県高等学校総合体育大会
男子団体 第3位 広陵高等学校 体重別 第2位 佐藤優磨、第2位 松森秀磨 第3位 肥川武斗、第3位 宮本昌弥、第3位 新田裕星
女子団体  第1位 広陵高等学校 体重別 第1位 中川彩純、第1位 吉田智美、第1位 八巻衣音
・第65回中国高等学校柔道大会
男子個人 第2位 佐藤優磨、第2位 松森秀磨、第3位 新田裕星
女子個人 第1位 八巻衣音
女子団体 第3位 広陵高等学校、男子団体 第5位 広陵高等学校
・第24回広島県柔道体重別選手権大会
少年男子の部体重別 第1位 佐藤優磨
少年女子の部体重別 第1位 道法志步、第1位 吉田智美
 

◎少林寺拳法部
・第71回広島県高等学校総合体育大会
男子総合 第3位 広陵高等学校

◎ゴルフ部
・第71回広島県高等学校総合体育大会
女子団体 第2位
 

◎テニス部
・第71回広島県高等学校総合体育大会
女子ダブルス 第1位 酒井凛・牧由貴菜、第3位 澤田菜那・山本海生
女子シングルス 第3位 酒井凛、第4位 牧由貴菜、第5位 澤田菜那
女子団体 第1位 広陵高等学校
男子ダブルス 第5位 田中謙太郎・久富昭拓
男子シングルス 第2位 田中謙太郎
男子団体 第3位 広陵高等学校
・全日本ジュニア選抜室内テニス選手権広島県予選 女子団体 第3位

◎陸上競技部
・第71回広島県高等学校総合体育大会
男子三段跳び 第4位 山田悠斗、男子走高跳び 第7位 山田悠斗
 
以下は壮行式の様子です。
続きを読む

フレンドリーブリッジ

本日、「上履き、運動靴を世界のはだしの子ども達に!!」という取り組みを行っている「フレンドリー・ブリッジ(旧レインボープロジェクト」の事務局に卒業生が残した靴を2箱寄贈しました。これらの靴は3年生が卒業時に不要になったグラウンドシューズ・体育館シューズを生徒会メンバーが自分達の手できれいに洗ったものです。

この活動は2005年にスタートしましたが、本校は毎年参加しています。今年集まった靴は、アフリカのザンビア、ガンビア、ルワンダに送られます。現地では日本のシューズは靴底のゴムが丈夫で大変貴重なのだそうです。この靴を履いて、思い切りサッカーをするのがアフリカの子どもたちの楽しみだそうです。今後もぜひ、協力を続けていけたらと思います。

カテゴリー: ESD

平成30年度 薬物乱用防止教室

本日の5・6時間目を利用して薬物乱用防止教室と題うって薬物の危険性を1年生を対象に学習しました。
講師は、薬剤師 加藤哲也 先生です。
初めに、保健部の前田先生より、「覚醒剤で年間1万人余りが検挙され、その1割が若年層。また若年層では危険ドラッグや大麻に手を出す者が多い。薬物乱用には喫煙、飲酒も含まれる。今日の話に真剣に耳を傾けてほしい。」と挨拶がありました。


加藤先生のお話より。
酒、タバコの開始年令は小学校の終わりから。これが高校になると大麻などが加わってきます。薬物はたとえ1回使用しても「乱用」です。
薬物の恐ろしさは「依存性・耐性・精神障害・フラッシュバック」です。
そして依存症になると一生依存症となります。脳が薬物を欲して、どうしても抜け出しきれません。薬物は名前を隠し俗称で、様々な形で私たちに誘いをかけ、近づいてきます。薬物には「近づかない」「断る勇気」を持ちましょう。
「断る勇気」は「自分を大切にする勇気」です。

皆さん、薬物を継続使用した人達のbefore/afterの写真を覚えていますか。人が人でなくなる薬物には決して近づいたり、手を出したりしてはいけません。