部活動報告(県総体)

各部から県総体の結果が報告されています。この大会で勝つために、部活動に打ち込む広陵生。特に三年生は最後の試合になります。どの部活動も悔いを残さないように全力で頑張ってください。

先週末は少林寺拳法部と体操部の大会が実施されました。

少林寺拳法部

男子単独演武
前杉 6位
男子組演武
渡辺・森岡組 5位

女子単独演武
山田 6位
女子組演武
土居・戎組 5位

男子総合4位
女子総合2位

体操部

体操
勝乘 個人総合2位 全国大会出場!!
新体操
宮本 個人総合1位 全国大会出場!!
山口 個人総合4位 中国大会出場!!
団体2位 中国大会出場!!

携帯電話安全教室

本日、携帯電話の危険性を知り、また、ルールを守って便利なツールである携帯電話を活用するため、携帯電話安全教室が本校講堂で開かれました。
●学校長挨拶 國貞 和彦 校長

「高校生の約9割がスマホや携帯電話を所有しているというデータがあります。今日の話をよく聞いて、自分が加害者、被害者にならないようにしましょう。」と全校生徒に語られました。

●安佐南警察署 少年係 吉岡 伸也様

「最近は撮った写真を特に気にすることもなくネット上にアップし、それが拡散して思わぬ所で悪用されることがあります。警察にもそういう相談が多く寄せられています。自分が被害者にならないために、今日はしっかり話しを聞いてください。」と挨拶されました。

●docomo スマホ・ケータイ安全教室インストラクター 的場 智可様

最近はインターネットの普及により、私たちの生活は便利になりました。様々なコミュニケーションツールもあり、世界中の人々とつながることができます。しかし、それは不特定多数の人とつながることでもあります。的場様からは、アップした写真から個人情報が特定される危険性があること、またLINEなどで特定の人を外したり、悪口を書いたりすることが犯罪となってしまうことがあることなどを映像と共にお話ししていただきました。また、一旦ネット上に上げた情報は半永久的に残ってしまう、匿名であっても悪質な投稿はアクセスログから発信元を特定されるということなども教えていただき、スマホや携帯電話の使用について改めて考えることができる良い機会を持つことができました。

入賞披露及び第70回広島県総合体育大会出場選手壮行式

■入賞披露
・柔道部(左)
第64回中国高等学校柔道大会広島県大会
女子団体1位
女子体重別1位 江本 1位 道法 1位 中尾 1位 飯田 2位 佐藤
1位 吉田 1位 古賀 2位 八巻・ボクシング部(右)
広島県高等学校春季新人ボクシング大会
ピン級1位 大久保 フライ級1位 坂本 フライ級2位 児玉
バンタム級1位 寺尾 バンタム級2位 竹村 ライト級1位 安田
ウェルター級1位 畠山 ウェルター級2位 森光 ミドル級1位 三浦
 

・剣道部(左)
平成29年度広島地区春季総合体育大会
剣道男子団体3位 剣道女子団体3位
第63回中国高等学校剣道選手権大会広島県予選
女子団体5位
・テニス部(右)
平成29年度第4回中国オープン山陰ジュニアテニス大会
女子ダブルス第3位 澤田・牧
 

・バドミントン部(左)
広島県高等学校総合体育大会バドミントン広島地区予選
女子ダブルス第5位 上原・三林組
・バスケットボール部(右)
第61回中国高等学校バスケットボール選手権大会広島県予選 第6位
 

・陸上部(左)
第70回広島地区高等学校春季陸上競技選手権大会
男子走り高跳び 第8位 山田
・体操部(右)
勝乘 宮本
 
・水 泳
広島地区春季水泳大会 女子50m自由形1位 中川 環
女子100mバタフライ2位 中川 環

壮行式につづく
続きを読む

部活動報告追加

今週末はボクシング部の報告がありました。

広島県高等学校春季新人ボクシング大会

ピン級    大久保1位
フライ級   坂本1位
バンダム級  寺尾1位
ライト級   安田1位
ウエルター級 畠山1位
ミドル級   三浦1位
学校対抗の部 1位

明日から1学期中間考査が始まります。文武両道、気持ちを切り替えて頑張ってほしいですね。

縮景園茶摘茶会

4月29日(土)、茶道部は毎年恒例の縮景園にて行われる、茶摘茶会に参加してきました。上田宗箇流を学ぶ中・高校生、70名余りの生徒たちが参加しました。女子部員は絣の着物を着用し、赤い襷に前掛け。日本手ぬぐいを姉さんかぶりして、昔ながらの茶摘み娘のスタイルで、お客様をおもてなししました。
昔から八十八夜は春から夏に移行する節目の日、夏の準備をする縁起のいい日とされています。気候も安定し、茶摘みや、籾まきなどが行われる時期でもあります。浅野藩は江戸時代より八十八夜前後に茶摘みを行っていたそうです。
縮景園奥にある茶畑にて、茶摘みを行いました。柔らかく鮮やかな緑の新芽が出ていました。


参加した生徒たちが摘み取った茶葉。


摘み取った茶葉をこのように蒸します。


蒸した茶葉を手作業で揉みます。こよりのように細く美しく揉む作業は思った以上に大変な作業です。

この後、縮景園を訪れた多くのお客様に薫り高く爽やかな風味の新茶をお出ししました。