各教室での感染防止対策について

教室内の感染防止対策についてお知らせいたします。

ウイルス不活化効果「ストリーマ技術」搭載の加湿空気清浄機を各教室・選択教室に2台設置

手指消毒用アルコールの設置・共用部分の消毒の実施

常時前後の窓・ドアを開けて換気

CO2測定器を設置し、二酸化炭素濃度が上昇すると、さらに空気の入れ替えを行っています

なお、生徒・教職員は全員不織布マスクを着用しています。
食堂以外の場所での食事時間についても、定期的に教員による黙食徹底のための声掛けをしています。

食堂寮内の感染防止対策については以前の記事、およびお知らせにも掲載しております。
トップページのバナーからも本校の感染防止対策をご覧いただけます。

食堂での感染症対策

本校食堂の感染症対策についてご案内いたします。

大型空気清浄・加湿器の設置

大型扇風機の設置

パーティション設置・パーティションや壁面への黙食徹底のポスター掲示


黙食の徹底については、各教室も含め、教員が巡回し声をかけることで徹底してまいります。また、生徒も気持ちよく協力して黙食しています。

食堂内券売機には距離をとって並ぶよう表示を設置、券売機の間にはカーテンを設置


なお、食堂券売機は校舎内にも設置しており、各授業の休憩時間に密を避けて購入するよう周知しています。

ボタンがある機器の横には綿棒を設置し、直接ボタンに触れなくても操作できるようにしています。

各入口への消毒液の設置

屋外で昼食をとる生徒も、向かい合わず、一方を向いて食べるよう指導しています。