大学入学共通テストに向けて

いよいよ大学入学共通テストが明日に迫ってきました。
共通テスト・一般入試を受験する生徒が学習するメディアセンターに、広陵高校特製応援幟を設置しました。

「頑張れ 広陵生! 見せろ 広陵魂!」

一息ついたときにはこのメッセージを見て、もうひと頑張りしてもらえたらと思います。

また、Ⅰ類は1学期、Ⅰ類集会を開き、1年生の相談に2・3年生の先輩がとても親身になってアドバイスしていただきました。今、受験を控える3年生の先輩に、1年生から何かできないかと考え、受験応援の動画と、お守りを作りました。

受験動画については、3学年を中心に多くの先生方から激励のメッセージをいただき、生徒が写真と音楽を合わせて6分にわたる動画を1ヶ月かけて作成してくれました。


※写真撮影時のみマスクを外しています

だるまについては、型抜きから始まり、顔や「合格」の刺繍に苦戦しつつ、綿つめや縫い合わせ、ラッピングまで、1年A・B組45人が一丸となって取り組みました。作成を通して、A組とB組の連帯感もいっそう強まりました。


お守りも動画も、3年生に大変喜んでいただき、頑張ったかいがありました。

※写真撮影時のみマスクを外しています

3年生の先輩と担任の先生が、1年生の教室にお礼を伝えに来てくださいました。
1年生は、先輩方が受験に向けて熱い気持ちを語られる姿を見て、背筋が伸びる思いでした。

3年生の先輩方、精一杯 応援しています。

3年生の皆さん!皆さんには、これだけ多くのサポーターがついています!!
あとは自分を信じて諦めずに挑むのみ!!健闘を祈っています!

3学年 特別クラス開始

本日、3学年の特別クラス開講式が行われました。

大学入学共通テストまであと30日。
本校では、一般入試で大学を受験する生徒を対象に、2学期期末考査終了後のこの時期から入試対策のための講座を開講しており、それぞれが入試に必要な科目を受講して備えます。

開講式でははじめに特別クラスの意義や注意点を説明し、堀教頭先生より激励の言葉がありました。

自分にどれだけ力がついているかということは日々の中では実感できないが、コツコツ積み重ねていくとやがて大きな成長がやってくる。
弱い自分に打ち克って、自分を信じて入試を突破してほしいという熱いメッセージでした。

今はまだ配られたばかりの真新しいテキストも、一か月後には自分の努力の証がしっかりと残っていくことでしょう。

入試当日「これだけ努力したから大丈夫!!」と思えるように、充実した日々を過ごしていきましょう。

Ⅰ類 放課後補習(2学年)

放課後2学年Ⅰ類の教室を覗いてみると、7時間目の授業の後にも拘らず、懸命に数学の補習を受けている生徒たちの姿がありました。

希望者による補習だということで、大変意欲的に学習に取り組んでいました。

仲間と励ましあって学習しているこの時間の積み重ねが、来年の自分をつくります。
精一杯頑張ってください!

Ⅰ類集会

Ⅰ類は、国公立大学・難関私立大学を目指して日々頑張っている進学クラスです。少人数で良い環境である反面、クラス数が少ないので孤立感も抱きやすいところがあります。

Ⅰ類集会は、学年をまたいで、Ⅰ類同士励ましあっていこう、豊かな関係を築いていこうという主旨のもと、代々受け継がれている交流会です。

一昨年は入試についてのプレゼンテーションやセンター試験前の壮行会など学年ごとに主催を担当して行ってきました。昨年度は、コロナ感染症の防止のため、対面での集会が行えませんでしたが、下級生の質問に上級生が答える紙でのメッセージのやりとり、「往復書簡」や一学年から三学年への手作りのお守りや激励の動画作りなど、工夫して交流をしました。

今年度は、短時間ではありますが対面で「一年生の疑問を二・三年生が解決!」という集会を持ちました。1-A・1-Bの生徒は、入学して二ヶ月が経ち、学校生活や学習面で「Ⅰ類」を意識したり悩んだりすることも出てきたと思います。

そこで、様々な悩みや疑問に2-A・3-A・3-Bの生徒たちが知恵を絞り、誠意をもって回答するという企画を考えました。受験生活に突入とは言え、まだまだ悩みのまっただ中の三年生も、何となく上級生になった二年生も、今日ばかりは可愛い1-A・1-Bの為に精一杯良い答えを考えました。

後輩のために自分の辛かった経験や悩みも率直に吐露してくれたり、緊張しながら一生懸命自分の経験を語ってくれたりした上級生の思いを、1-A・1-Bの生徒も全身で受け止め、真剣に自分のこととして考えている様子で、緊張の中にも充実した時間をもてました。

3-B担任の川本先生からの熱いメッセージで、今回の集会は幕を閉じました。