カケハシ・プロジェクト

9月28日(火)の1・2時間目を使い、日本政府が推進する国際交流事業の一つである「対日理解促進プログラム(カケハシ・プロジェクト)」として、アメリカ合衆国の2校の高校生29名との国際交流が実現することになりました。今回はワシントンDCにあるコロンビアハイツ・エデュケーショナルキャンパス高校とテキサス州ヒューストンのベレア高校とZOOMを使ってオンライン交流でした。

一昨年度は実際に、アメリカの高校生が来日し、原爆資料館など広島の観光するなど一泊二日の宿泊行事でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で昨年は中止となりました。

本校の生徒たちは、悪戦苦闘しながらも英語を活用してコミュニケーションをとっていました。いつもの教室から飛び出して、学んだことを存分に生かすことができたのは、生徒にとって本当に大切な経験になったように思います。

最後にこのプロジェクトを担当した一般財団法人日本国際協力センター(JICE)のホームページで紹介されていた記事文章を引用しておきます。

【Japanese Language and Culture Exchange!】
American high school students from Houston and Washington D.C. had an online exchange with Japanese high school on September 27th, 2021. It was so fun that American students ask questions in Japanese, and Japanese students ask questions in English! They’ve learned cultural differences through the “show and tell” session and experienced the fun of languages in the breakout rooms. There is no better way to learn than through actual interaction. We hope they would be Kakehashi-Bridges between the US and Japan!

2学年 校外清掃

2学年の美化委員による校外清掃を行いました。

いくつかのチームに分かれ、学校周辺の道路の草刈りや、ごみ拾いをしました。

伴駅から南門に向けた歩道は雑草が伸びると道幅が狭くなってしまうので、定期的に草刈りをしています。


コロナ禍や天候不良でなかなか実施できていなかった校外清掃ですが、久しぶりに実施することができました。
これからも校内のみならず、地域の美化に努めていきましょう。

【生徒会執行部】ecoプロジェクト

本校では、生徒会執行部を中心に、アイシティecoプロジェクト(使い捨てコンタクトレンズの空ケースをリサイクルするボランティア)に取り組んでいます。

使い捨てコンタクトレンズの空ケースは、メーカー問わず全てポリプロピレンという素材で作られており、非常にリサイクルに適しているそうです。

この活動は、
①空ケースの再資源化による環境保全
②障がい者の自立・就労支援
③日本アイバンク協会への寄付
の3つの形で社会貢献をすることができます。

各クラスに専用ボトルを設置し、持参した空ケースを回収します。

各クラスに設置した回収用ボトル



ケースに残っていたアルミシールは執行部の生徒がはがしました。

緊急事態宣言が明けたら、先輩方がこれまで集めていたものも一緒に店舗に持っていく予定でいます。

生徒の皆さん、ご協力ありがとうございました。たいへん多くのケースが集まりました!
これからも一緒に取り組んでいきましょう!

この活動を継続することが、持続可能な社会の創り手を育む教育に繋がることを願ってやみません。

オープンスクール案内係から中学生の皆さんへ

緊急事態宣言を受け、残念ながら本校の第一回オープンスクールは中止になってしまいました。

本校のオープンスクールでは、在校生が校内を案内しながらおもてなしすることになっており、毎年多くのボランティア生徒たちがしっかりと盛り上げてくれています。

中学生の皆さんにぜひ第二回以降のオープンスクールに来てほしいという願いをこめて、PR動画を撮影いたしました。
ぜひご覧ください。

先日、放課後に校長室で

本日放課後に校長室で、生徒会執行部との懇談がありました。これは校長先生がいろいろな声を聞いて、これからの学校生活に反映させたいという思いで行われました。

学校行事や生徒指導、今生徒たちが困っていることや、やってほしいことなどを生徒会長を始め、執行部の生徒たちと懇談を行いました。

できること、できないことはありますが、3年間過ごす学校生活がいいものになるように工夫していきたいと思います。

カテゴリー: ESD