平成30年度 芸術鑑賞

本日、5・6校時を使って芸術鑑賞会が行われました。今年は、カンジヤマ・マイムのパントマイムです。
代表の藤倉健雄さんはニューヨーク州立大学、そしてウィスコンシン大学大学院で演劇を学ばれ、アメリカマイムの巨匠トニー・モンタナ氏に師事。マイム歴はなんと42年。日本のパントマイムの第一人者でいらっしゃいます。
生徒は開演前から待ち遠しくてそわそわ。
いよいよ開演です。

◆校長挨拶・出演者紹介 國貞 和彦 校長
「芸術の秋」と言われるように、秋は芸術の鑑賞にふさわしい季節です。
人間の身体はすごい!というパントマイムを一緒に楽しみながら鑑賞しようと挨拶されました。

オノマトペを使い、「四季」に合わせて男女の感情を表したパントマイムです。
斬新なマイムでした。

以前はプロのダンサーをされていたとか!!
ステキなダンスを披露してくださいました。

途中で、生徒と先生も参加して、将来なりたいものの「銅像」になるパントマイム。
男子生徒は「宇宙飛行士」 女子生徒は「声優」
そして先生が子どもの頃なりたかったのは・・・なんと「刑事」
じっとしているのも大変なようです。

最後は、病弱な子どもを思い、懸命に生活をしている大道芸人(バイオリン弾き)のお話。
サイレントで少し大人向けのマイム。
子を思う愛と、子を失う悲しみが見事に表現され、心が揺さぶられました。

藤倉さんが伝えてくださったことは、パントマイムの素晴らしさだけでありませんでした。
これだ!!と思うものに出会ったら、とにかく続けてみよう。
それを職業にしなくても、続けていれば、自分が挫折したとき、
必ずそれが自分の後押しをしてくれるということ。
そして「一期一会」。
大切な人と当たり前のように、また明日会えると思うこと。それは幻想にすぎない。
だからこそ、誠実にその出会いを大切にしていきたい。
そうすれば悔いは残らない。
出会いに感謝し、いつも祈りを込めて舞台を務めているということ。

生徒たちはそのメッセージをしっかりと胸に刻んだことと思います。
笑いと涙と真剣な眼差しとが交錯した、本当に素晴らしいステージでした。

平成28年度 芸術鑑賞

今日は、芸術鑑賞の日です。今年は、防衛省自衛隊広島地方協力本部 陸上自衛隊第13音楽隊をお迎えしての演奏会です。

〇校長挨拶 中圡基校長
陸上自衛隊第13音楽隊は中国5県で活動され、中国地方唯一の楽団です。音楽で一つになるというのはライブ演奏の醍醐味です。また、この度は南極の氷を贈呈していただくため、環境に思いをはせる機会としてほしいと思います。心から耳を傾け大きな声援を送ってください。

〇演奏(第一部)
指揮 第13音楽隊 隊長 2等陸尉 加藤久仁明 様
gakudan20161110_1

素晴らしい歌声と三線で会場を盛り上げてくださいました。
okinawa20161110

〇指揮者体験コーナー
3K 吉居くん(左) 3H 竹中くん(右)
seito20161110_1 seito20161110_2
1E 菊間くん(左) 教員 保健体育科 石井先生(右)
seito20161110_3 seito20161110_4
それぞれが個性を生かした指揮者ぶりに会場は笑いの渦に飲まれました。

〇南極の氷贈呈式
防衛省 自衛隊広島地方協力本部 一等海佐 森脇仁 様から松尾龍弥生徒会長へ南極の氷が贈呈されました。
海上自衛隊が南極にある昭和基地に人員・食料・機材などを届ける役割を担っています。丁度、今頃の時期に南極に向けて出発します。南極が南半球にあるので、向こうは丁度夏に当たり、氷が薄いため比較的容易に行くことができるからです。その際、氷を持ち帰り厳選な抽選のうえ、贈呈校を決定するそうです。その氷は1万年から10万年前に降った雪が凍ったものだそうです。壮大なロマンを感じますね。
kaisa20161110

3Dの山北くん(左)と小田さん(右)が生徒を代表して氷の弾ける音を聞きました。
seito20161110_5 seito20161110_6

校長先生も悠久の歴史に(氷の音)耳を傾けます。
kotyo20161110_2

〇演奏(第二部)
本校の吹奏楽部とも合同演奏をしていただきました。
kyodo20161110

〇花束贈呈
素晴らしい演奏に対し感謝の意を込め花束を贈呈させていただきました。
hana20161110
今後も、素晴らしい演奏と歌によってより多くの人たちに感動を与えてください。ありがとうございました。