数学寺子屋

5月12日(木)、放課後に「数学寺子屋」が行われました。

「数学寺子屋」とは考査前に生徒たちが分からない所や確認したいところ質問できる環境を提供したいという思いから、数学科の先生方が放課後、選択教室で質問を受け付けるというものです。

生徒たちも積極的に質問をし、考査前の学習に励んでいました。

学年末考査

4日(金)より学年末考査が始まっています。

今年一年を締めくくる大切な試験です。
教室を覗くと真剣な面持ちで取り組んでいました。

残り2日。最後まで諦めずに頑張りましょう!

オンライン授業

2日間の全校オンライン授業を終えました。
Google Meetを使ったライブ配信・双方型授業を行いました。

先生方はオンライン授業の実施にあたり、研修や教材研究を重ね、生徒の皆さんにとって分かりやすい形を模索しながら懸命に準備されました。


誰もいない教室に先生の声が響いていました。

生徒の皆さんも音読などで参加し、先生からの呼びかけにも答えていました。
オンライン上でのプレゼンテーションにチャレンジする授業もあり、チャット欄で拍手も起こりました。

オンライン授業を受けた生徒のアンケートによると、「感染リスクを抑えることができてありがたかった」という声もある一方で、「学校に毎日登校し、授業を受けたり、友達と交流したり、部活動に打ち込んだりする日々が当たり前ではない」ということを痛感した日々だったようです。

私たち教職員も、生徒の皆さんが元気で学校に来てくれることがどれだけ素晴らしいことか、と改めて考えさせられました。

令和3年度もあと少し。
学校に活気が戻り、有終の美を飾って新しい学年に繋いでいけるように願っています。

2学年 選挙権教育

2月21日(月)、選挙管理委員会の方を講師にお迎えして、オンラインにて選挙権教育を行いました。

本校では毎年、18歳を目前に控える2年生を対象に選挙権教育を実施しています。

前半はPowerpointを使用した説明、後半は模擬投票という流れで行いました。

投票管理者による投票所の開設宣言を行います。

投票所に入ったら、はがきを提示し、本人確認を受けます。

投票用紙を受け取ります。

記載台で記載します。

投票箱に投票して完了です。

生徒の皆さんはGoogleフォーム上で同一の内容から選択し、投票したあと、リアルタイムで開票を行いました。

18歳以上が投票できるということだけでなく、18歳未満による選挙運動が禁じられていることなど、今の時点で理解しておかなければならないこともあります。
また、18歳になって自分自身の意思で投票する人を決定できるよう、自分ごととして知識を蓄積していくことが必要です。

有権者となった際に本日身に付けたことを活かせるよう、資料を見直し、社会にアンテナを張っておきましょう。
講師の先生方、本日はありがとうございました。

【授業風景】1学年 音楽

1学年音楽(選択)の授業風景をご紹介します。

なんと和楽器「筝(そう)」を演奏する授業を行っています!

広陵高校の音楽室には11台の筝があり、人数が多いクラスでも2人に1台の楽器を割り当てることができます。

人生で和楽器を演奏できる機会はなかなかありません。本当に良い経験ですね!

近くの教室で授業をしていると、皆さんが演奏する「さくらさくら」が流れてきて素敵なBGMになっています。
始めは慣れない様子でしたが、みるみる上達し、優雅な演奏に。

演奏するにあたり、姿勢を正して「演奏させていただきます」「よろしくお願いいたします」と礼儀作法を大切にしながら和の心も育んでいきます。

最後には一人ひとりが1曲マスターし、テストに合格していくそうです。
自分なりのアレンジを加えて演奏する生徒もいるとのことです!

この1年で様々な楽器に触れ、感性が磨かれたことと思います。
新たな趣味ができる人もいるかもしれませんね!