広陵の名所「Vロード」

広陵高校の敷地内にある、通称「Vロード」とは…

本館と生徒館の間、中庭部分の通称です。

本校の「校技」が硬式野球であることにちなみ、「Victory」のVに野球ボールが挟まれたデザインになっています。

登下校に加えて、体育館や食堂への移動の際は多くの生徒で賑わいます。

こちらは本館と生徒館をつなぐ渡り廊下から見た様子です。
向かって左側が4階建ての本館、右側が3階建ての生徒館、正面に見えるのが体育館です。

広陵高校にお越しの際は是非、校舎から眺めてみてください。

広陵生の通学風景

本日は広陵生の通学風景をご紹介します。

多くの生徒が、アストラムライン伴駅から徒歩3分ほどの南門を利用します。

南門には全学年の生徒が駐輪できる駐輪場があります。
(2020年度よりスペースを増設しました。)

南門から敷地内を5分程度歩いて校舎に到着です。



若葉台方面から自転車で通学する生徒は、正門側の駐輪場を利用することができます。

無料スクールバスの利用者も増えています。

現在スクールバスの路線は
Aルート:五日市・商工センター方面
Bルート:五月が丘・石内方面
Cルート:三入・可部方面
Dルート:亀山・清和方面     の4コース展開です。

来年度より
Eルート:中深川・口田方面が新設され、安佐北区からの通学がスムーズになります。
在校生の皆さんも楽しみにしていてください。

オンライン面接対策

コロナ禍で入試にも様々な変化が起きています。
とある大学では、Zoomでのオンライングループディスカッションが課されました。

受験する生徒と先生方で、オンライン面接に備えた練習を行いました。
生徒は自宅から本番と同じ環境で接続し、スムーズに接続できるか、映像や音声は問題ないか、プレゼンテーションの画面共有はできるかなどをテストしました。

対面でのディスカッションと違う雰囲気にはじめは戸惑いもありましたが、回を重ねるごとに慣れていき、最後には非常にスムーズに進めることができました。

時代の変化に対応し、求められる能力も変化していますが、最終的には対面でもオンラインでも大切なことは互いの意見を尊重し、ひとつのゴールに向かって答えを出そうと前向きに努力する姿勢であると思います。

このような新しい入試にチャレンジする皆さん、不安も大きいと思いますが、健闘を祈っています!

EXPRESS・強ライブ

ジャパニーズレゲエアーティストEXPRESSさん・強さんによるライブが開催されました。

「コロナ禍での制約で思い出が減ってしまった広陵生を元気付けたい!」との思いで大阪よりお越しいただきました。

講堂での座席配置など感染防止対策を行い、希望する3年生や、各部活動の部員を中心に参加しました。

広陵ユニフォームに身を包んで、1時間以上にわたるパフォーマンスを披露してくださいました。

全員で声を出して一緒に歌うことは叶いませんでしたが、曲に合わせて手を振り、盛り上がりました。

EXPRESSさん、強さん、ご自身の経験などもふまえて熱いメッセージを届けてくださり、ありがとうございました。

広陵応援グッズ

先日、1年生に本校オリジナル応援グッズの引き渡しを行いました。

内容は帽子、メガホン、マフラータオルです。

このグッズは野球応援だけでなく、体育祭やクラスマッチ等で使用することがあります。
昨年度より試合を応援できる機会がなく、行事にも制限がかかっている状況ですが、早くこのグッズを思いきり使える日が来ますように。

入学してもうすぐ2ヶ月。すっかりサマになっています!