令和2年度 第2学期終業式

本日、2学期の終業式が行われました。
この度もZoomによる終業式となりました。

まずは國貞校長先生の訓話です。
コロナ禍で学校行事の中止を余儀なくされた年でしたが、
各学年で行った体育祭ができたことを喜び、実施に向けて
努力をしてくれた生徒会に、また、学習活動や学校生活を
何とか充実したものにしようと努力をされた先生方に、
そしてコロナウイルス感染拡大防止のために生徒のみんなが
協力してくれたことに、それぞれ感謝の意を述べられました。
3年生には、これから一般受験をする生徒達に激励の言葉を贈られ、
2年生には、来学期を3年0学期と位置づけ夢の実現に向けて努力して
いくこと、
1年生には広陵生としての自覚をもって行動するようにとお話しされました。
そして最後に、広島が現在、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大により
医療崩壊の危機に陥っていることから、自分の命を守るため、自分の大切な
人を守るために感染防止に努めようと締めくくられました。

次に、各種表彰披露が行われました。

表彰を待つ生徒達


◼テニス部
第73回広島県高等学校テニス新人大会
女子シングルス 第2位 平川瑠菜
男子シングルス 第3位 前野廉翔
男子ダブルス  第3位 前野廉翔・岸本大聖
◼ボクシング部
広島県高等学校秋季新人ボクシング大会
ピン級 第1位 坂野直哉
バンタム級 第1位 松浦海道
ウェルター級 第2位 福原刀弥
女子バンタム級 第1位 妹尾実季
団体戦 第2位
◼少林寺拳法部
第41回広島県高等学校新人少林寺拳法大会
男子規定組演武の部 第1位 大野湧紀・河野友星 組
男子規定単独演武の部 第3位 蓑毛聡明
女子規定単独演武の部 第2位 大川莉古
女子規定単独演武の部 第3位 嶋 恋奈
男子団体演武の部 第2位
男子総合 第2位
女子総合 第2位
◼バドミントン部
広島県高等学校新人バドミントン大会
学校対抗戦 男子5位 女子5位
◼剣道部  令和2年度広島地区高等学校新人剣道大会
女子団体 第3位
男子団体 第5位
◼体操競技部  スポーツ庁長官特別賞
令和2年度広島県高等学校体操競技選手権大会
新体操男子総合2位
◼ダンス部
呉市長杯ストリートダンスカップ2020 第1位 広陵高等学校
◼演劇部
第61回広島地区高等学校演劇研究大会 優良賞

生徒の表彰に続いて
自衛隊より本校の生徒が入隊した実績や芸術鑑賞で自衛隊の
音楽隊に来ていただいたことをもってして、感謝状が届いたので
その披露がありました。
また、全生徒が持っているフォーサイト手帳からの表彰も披露されました。
手帳を利用することでどのように変化があったかのアンケートを取り、
様々な項目で高い効果があったとの結果が出ました。
その一部を紹介しておきます。
「前向きに考えることができるようになった」 7位
「学力が向上したという実感が増えた」    8位
「自分に自信がついてきた」         7位
ちなみに、手帳を利用している学校は、なんと670校でした。
これからも手帳を有効利用していきましょう。

昨日は冬至でした。
一年で一番夜が長い日です。
これからどんどん寒さは増しますが、
確実に少しずつ少しずつ日が長くなり
暖かい春に向けて季節は移ります。
今は辛抱の時期ですが、心を一つにして越えていきたいものです。
最後に、今年一年、本校の教育活動にご協力いただきました多くの方々に
この場をお借りしてに感謝の意を贈ります。
ありがとうございました。
どうぞ皆さま健康に留意され、良い年をお迎えください。

防災訓練

10月29日(木)6時間目に、今年度の防災訓練を行いました。
地震が発生し、火事が発生したという設定です。


地震発生の報で、一斉に机の下へ


今年は密を避けるために、集合にかかる時間は気にせず移動を


クラスごとに整列、即点呼。ここの動きは速かった!


堀教頭からの講評
6年前の8月に発生した広島での豪雨災害、記憶に新しい2年前の7月豪雨に触れられました。
そして、日本が災害大国であることをデータを用いて伝え、
「いつ自分の前で災害が起きるか分からないという考えを持って
生活していきましょう。
また、災害発生時には「冷静に、落ち着く」ということが大切。
それは、その結果どうすればいいのか、最善の行動を選択できるからです。
今日の避難訓練を通して、いつ災害に遭遇しても的確な対応ができるよう、
日頃から防災意識を心がけて生活しましょう」と述べられました。

堀教頭の講評の中で挙げられたデータからいくつか問題を。
1 世界に占める日本の国土面積は何%?
2 世界で起こったマグニチュード6以上の地震回数のうち、日本の占める割合は?
3 日本で今年1~10月の間に起こった災害は何件?
[答え]
1 0.25%
2 22.9% 国土が小さいにもかかわらず、実に5回のうち1回は日本で発生して
      います。
3 13件  平均して1ヶ月に1回起きていることになります。
(総務省消防庁まとめ災害情報一覧データ)

上記のデータからも分かるように、
災害の多い日本においては、物心両面の備えを日頃からしておきたいものです。

令和2年度 体育祭練習&クラス対抗綱引き予選

先週後半から、体育祭に向けて、学年練習が始まりました。
今年の体育祭は10月2日(金)に実施する予定です。
コロナの影響で実施が危ぶまれましたが、関係各所が協議を重ねた結果、
無観客で、尚かつ学年ごとで入れ替わりながら、時間短縮をして種目の変更や削除をした形で実施することになりました。
広陵祭が今年は中止となってしまったので、体育祭は何とか形を変えて行えることに感謝!!です。

さて、本日は1~3学年がそれぞれ体育祭の練習と併せて、クラス対抗綱引きの予選を行いました。
この予選を勝ち抜いたクラスが、本番当日、準決勝、決勝と激闘を繰り広げていくことになります。

クラス対抗綱引き予選の様子

「オーエス、オーエス!」声を合わせて



見よ! この土煙。 激戦を繰り広げた回には自然と拍手が。

本番当日、みんな怪我のないように、思いっきり躍動しよう!!
もちろん、コロナ感染拡大防止の対策をしつつ、です。
どうか、いい天気でありますように。

令和2年度 2学期始業式

短かった夏休み。
いよいよ今日から2学期が始動します。
暑い暑い夏ですが、気持ちも熱くいきましょう!

この2学期もZoomを用いての始業式となりました。
國貞校長先生は、まずは皆が元気に登校してきたことを喜ばれ、1学期と夏休みの間にあった善行についての紹介をされました。
続いて、登下校のマナーについてや新型コロナ感染に十分注意した行動を継続しつつ、感染した人に対して差別や誹謗中傷があってはならないこと、学校行事が今後の状況によっては変わる可能性があること、熱中症に気をつけることなどを話されました。
そして最後に困難な状況下で進路を決めていかねばならない3年生にエールを送ってくださいました。

入賞披露

少林寺拳法部  令和2年度広島県高等学校総合体育大会代替大会
単独演武 白・緑帯の部 第3位 井上 晃司
硬式野球部   令和2年度広島県高等学校野球大会  準優勝

新生徒会役員認証式

生徒会長  2年D組  野口 蒼葉
副会長   2年H組  足助 空都 1年A組  若山 桜太
書記    2年M組  大田 士
会計    1年A組  長谷川 昴
保健体育部長 1年F組  岡田 柚奈
文化部長  1年F組  寺本 野乃 副部長  2年L組  松尾 彩乃
風紀部長  1年H組  藤川 美優
美化部長  2年G組  廣田 晴哉
図書部長  1年I組  坊迫 光
会計監査  2年J組  柏田 悠斗 1年H組  中村 楓

新生徒会長 野口 蒼葉君挨拶

追記
1学期終業式にて表彰された人を掲載します。
令和2年度 広島県高校総体代替大会
体操競技部  男子総合第1位 東本侑也
テニス部   男子シングルス第1位 中島蓮翔
第5位 板垣 遥
バドミントン部  男子シングルス第5位 坂脇 凪
女子ダブルス 第5位 塩田咲希・近藤ほのか

令和2年度 1学期終業式・慰霊式

本日、1学期終業式が行われました。
本来であれば講堂に全学年が集って行うのですが、現状を鑑みて各教室にて行いました。
今回はZOOMを用いての終業式でした。


國貞校長先生は、今学期はコロナ感染拡大防止のため、様々な制約の中で学校生活を送らねばならなかったことについて話されました。また、休校中の学びの保障のために先生たちが本当に一生懸命オンライン授業の準備をしたことや、登校再開後、時差登校を始めとしてみんなが協力してくれたことなど、様々な面で何とかこの局面を乗り越えるために力を合わせてきたことへの感謝を伝えられました。また、2週間あまりの大変短い夏休みではあるけれど、水難事故や交通事故等に十分気をつけて、元気に2学期に会いましょうと伝えられました。

終業式の後は、慰霊式が行われました。
世界で初めて原爆がこの広島に投下されてから今年で75年目です。
広陵高校でも建物疎開の作業に当たっていた先生と、生徒たちが犠牲となりました。
正門横奥には、慰霊碑が立てられ、路面電車道の敷石を土台に原爆の絵が置かれています。
校長先生の挨拶の後、慰霊碑と絵の紹介があり、生徒会役員たちが、みんなで折った千羽鶴を献納し、お花を供えました。
その後、全員で黙祷を捧げました。
明日は平和祈念日でもあります。
この日本が、世界が平和であるよう私たちは努力していかねばなりません。