令和元年度 理科巡見

7月30日(火)に毎年恒例の理科巡見に行きました。
今年は参加生徒8名、保護者5名、子ども3名、教員5名の総勢21名でした。
午前中は「(株)ヒラキン リサイクルステージ玉島」を見学させていただきました。
この会社は、主に自動車のリサイクルを行っています。
金属を種別に分け、製鉄所に送る、その中間の仕事を担っているそうです。

到着後、まずはスライドで会社概要を説明していただき、その後は工場見学です。

資材を積んだトラックは、まずは重量測定。ここでは、積荷の放射線チェックも行っています。

うず高く積まれた資材。大きなクレーンを、手や指のように繊細に動かしながら作業をしておられました。熟練の技。お見事!
奥に見える建物で、荒粉砕を行います。

四角にまとめられた金属の山に見入る子どもたち。

細かく砕かれた金属の選別作業。かなり大きな音がするので、作業者は耳栓が義務づけられていました。
中には、なんとお金(コイン)も!

見学後は、再び部屋に戻ってリサイクルについての説明を受けました。
さて、ここでいくつか問題を。
(問1)日本に残された最終処分場の残りの年数は?
(問2)日本で1人が1日に出すゴミの量は?
(問3)日本における年間の食品ロス(食べられるにも関わらず廃棄される食品)
の量は?

(答1)21.8年
H29年、環境省が出したデータなので、今はまたこの年数は減っているのでしょうね。
(答2)約920g。 日本で出る年間のゴミの量は4289万t。東京ドーム約115杯分!
(答3)643万t。これは飢えに苦しむ人達への支援量の何と1.7倍!
大きな矛盾を感じます。

3R(Reduce/Ruse/Recycle」 これを今以上に推進する必要がありますね。
ちなみに、現在ヒラキンさんで取り組んでいることは、太陽光パネルの解体とリサイクルです。
現在、あちらこちらに太陽光パネルが取り付けられているのを見かけますが、
耐用年数が来る20年後の2040年、莫大な量の廃棄が予想されており、それが喫緊の課題だそうです。
日々出されるゴミについて、改めて考えさせられました。

午後からは、倉敷科学センターへ。
プラネタリウムを見ました。昔と比べて、かなり映像技術が進んでおり、大変美しかったです。
癒やされました・・・。

最後にみんなでパチリ!
楽しい学びの1日となりました。
さて、来年はどこに行くのでしょうか。楽しみですね。

高校生国際協力体験プログラム(JICA中国主催)

7月27日(土)、28日(日)の2日間にわたって、高校生国際協力体験プログラムに本校生徒3名、教員1名が参加しました。
中国5県から44名の高校生が集まり、期間中、様々なワークショップを体験しながら、異文化を知り、異なる価値観を持つ人々と共生できる「グローバルな社会」について学んできました。

1日目は「異文化」について考えたり、自分自身を振り返りながらSDGs(持続可能な開発目標)や発展途上国の抱える問題やその背景・原因を知ることが中心で、最後には2日目の大きなテーマとなる「難民」について考えるワークショップなどがありました。どのグループもすぐに打ち解け、活発な意見交換を行っていました。

2日目は「いのちの持ち物けんさ」というワークショップが行われ、難民の気持ちになる展開から、難民役の4人の教員から現状や抱えている問題を聞き出し、グループでどんなことができるかアクションプランを作成するものでした。どのグループも試行錯誤しながら、最終的には模造紙にまとめて発表しました。時間の関係上、まだまだ課題は多いものでしたが、どのアクションプランも素晴らしい内容となりました。

この2日間のプログラムで、どの生徒さんも目を輝かせながら活動し、視野が大きく広がったのではと思います。来年もぜひ参加したいと考えています。

第101回 全国高等学校野球選手権広島大会 準決勝

今日は広陵高校対広島商業高校の対戦でした。全校応援とういうことで、昨日の試合よりもさらなる熱気がスタンドを包んでいました。


熱い中、高く高く腕をかざして、応援しました。


吹奏楽部も一生懸命大きな音で演奏してました。


たくさん汗をかきながら、根気強くメガホンを振っていました。

試合の結果は、残念ながら、5対13で、広陵高校の敗北でした。思うような結果には至らなかったですが、応援していただき本当にありがとうございました。

第101回 全国高等学校野球選手権広島大会 準々決勝

今日は、硬式野球部が広島国際学院高校との対戦でした。

今日から吹奏楽部、ダンス部も応援に参加して、より活気のある雰囲気がスタンドに広がっていました。


試合前に声を出して、気合を入れる生徒たち


プレイヤーを見守っている姿


応援タオルを一生懸命掲げました。

試合の結果は9対2で、広陵高校が勝利しました。明日、10:00からしまなみ球場で広島商業高校との準決勝があります。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

令和元年度 第1学期終業式・原爆犠牲者慰霊式

今日で1学期の終業式が行われ、1学期が終了しました。また、本校においても原爆における被害者がおられるため、全校生徒の集まる本日、原爆の日を前にして原爆犠牲者慰霊式が執り行われました。

◆校長訓話 國貞 和彦 校長
夏休みに入るにあたり、
1年生には、大きな環境の変化の中で広陵生、高校生として一生懸命に頑張ったことを労い、高校生として初めての夏休みを有意義に過ごしてほしいと述べられました。
2年生には、初心に戻って夢の実現に向けて頑張っているだろうかと問いかけ、部活動や学業において、次のステップへ大きな飛躍ができるようにこの夏休みを大切に頑張ってほしいとの言葉がありました。
3年生には、高校生活最後の夏休み。部活動においては日本中に広陵旋風が巻き起こせるように、また進路実現に向けて天王山の夏休みを3年間の集大成として頑張ってほしいと話されました。
そして、江戸後期の二宮尊徳の言葉「大事を成さんと欲すれば小なる事を怠らず勤むべし。積もりて大となるべし。小事を疎かにして成し遂げられる大事というものは無し。」を紹介され、小さな事をこつこつと積み上げていくことの大切さを述べられました。
最後に、今学期自転車事故が多かったことに触れられ、命に関わる事故にも繋がりかねないと警鐘を鳴らされ、ルールを守るように、そして、元気に2学期に会いましょうと締め括られました。

◆表彰披露
準1級の合格率は実に約15%だそうです。大変難関ですね。よく努力しました!
彼に続けと頑張っていきましょう!
実用英語技能検定 準1級 角田 和哉

●令和元年度 広陵学園 原爆犠牲者慰霊式
◆校長挨拶 國貞 和彦 校長
今から74年前、昭和20年8月6日、朝8時15分、世界で初めて広島市に原子爆弾が投下されました。十数万人の人々が亡くなり、広陵高校も先輩38名、教職員2名が犠牲となりました。現在でも様々な地域で紛争がある中、人類が戦争で原爆(核兵器)を使用したのは、広島と長崎だけです。
まもなく「令和」となって初めての「8月6日」を迎えます。改めて核兵器の非人道性、恐ろしさを認識し、どのような理由であれ核兵器の使用は許されないこと、廃絶されなければならないこと、そして「平和である今」に感謝をし、核兵器や紛争やテロのない「平和な未来」を実現するために、声を上げていきましょう、と生徒達に語りかけられました。

◆スライド映写・ナレーション 放送部(兒玉晶子、藤井愛)
 

 

◆花束・折り鶴献納(生徒会役員)

◆校内慰霊碑前における慰霊式

今ある「平和」、そしてこの「平和」をどう持続させていくのか、これは私達に課せられた大きな課題です。