芸術鑑賞 TEE お帰りライブ&トーク2017

11月9日(木)、本日は年に一度の芸術鑑賞の日です。
今年度は、本校卒業生の「TEE」こと石田智君のLive&Talkの舞台です。
前回は3年前の芸術鑑賞でライブをしてくれました。

開演前の生徒たちは、既に興奮気味。
今か今かと、待ちきれない様子。

さあ、いよいよ開演!!
ライヴ・ヴァージョン「ずっと」でスタート。
TEEの「ただいま~」の声に、大歓声で「お帰り~」
「極上のスリルディーラー」
「LOCK YOU」
ノリノリの曲が続き、
「Volare」で一気に爆発。

短いMCを挟んで
本校フォークソング部の精鋭7名と共に2曲をセッション。
あの名曲「ベイビー・アイラブユー」をしっとりと歌い上げ、
「愛し続けるから」を会場の皆で大合唱。
緊張しつつも、無事しっかり演奏し終わった生徒たちは
TEEとハイタッチ!
上気した顔にやりきった感が満ちていました。

次の「Suger」ではダンス部の部員達とセッション。
軽快なリズムに乗せて、素敵なダンスと歌を披露してくれました。


今年発売したカバーアルバムから
「See You Again」を。
「大事な仲間に歌ってくれ!!」と
思いを込めて、歌ってくれました。



ラストソングに選んだのは

「がんばれよ」

毎日がんばっているみんな、先生たちの
明日への力になってくれたらいいな!

このセリフで全力疾走!!
会場が一体となった熱い歌声が響きました。

その後、大きな「アンコール」

再び姿を現した彼が歌ったのは
「MORE&MORE」
まだまだやれる!!
そんなメッセージを込めて。
そして再びダンス部のメンバーが登場。
会場中がタオルを振り、大きく大きく跳びはねました。
みんな、高く、高く、高く。

ここで一部のライブ終了。
第二部は、これまたお待ちかね「トーク」の時間。

かつて17年前、みんなと同じようにその席に座っていた自分が
どうやって今の場所にたどり着いたのか、話してくれました。

今までの自分は、「かっこいい!!」と思ったことを
選んで選んでやってきたら、ここに来た。

この広陵高校を選んだのは、部活をとにかくとことんやりたかったから。
まず硬式野球部を見学。これはレベルが違う。
次に、バック転ができたらかっこいいかもと体操部に。
首から落ちて、これは危ない。
そして、運命のボクシング部に。
強面の先輩に放ったパンチは一発も当たらず。
逆にパンチを食らってノックアウト。
「お前が俺を倒すまで、俺はここにいるから、いつでも来いや。」
という先輩のセリフに脳がしびれた石田君は、
ボクシング部の門を叩くことに。

ここでちょっと脱線して、この夏、甲子園で準優勝した硬式野球部の
活躍を讃えました。
中村奨成君を舞台に呼び寄せ固く抱擁。

話しは戻って、ボクシングを続けるために法政大学に進学。
進学するにあたって、顧問の山本先生から毎日小論文を課される。
今となっては、歌詞を書くことに繋がっているそうで、
今では山本先生に感謝。

大学では一年で開花し、在学中6度の国体出場を果たし、
全日本のメンバーにも選出される。
しかし、4年生の時に怪我がもとでボクシングを断念。
一旦は就職を考えたけれど、お母さんからの
「あなたは、それでいいの?」
という言葉が背中を押してくれ、海外に。

カナダでは、とにかく「面白い」「かっこいい」と
思うことを何でもやった。

友人に「お前の声はいい」と言われたことがきっかけで
「歌手になれる?」から「歌手になる」へ。
ただ、「歌手になりたい」というセリフは夢を遠ざける気がする。
「俺、歌手だ!」と言ったら、「じゃあ、歌って」と言われる。
そうすれば、そこにステージができる。
だから、「俺、〇〇なんだ!」と言ってみるのもいいのかも。

ターニングポイントに立ったら、自分の心に正直に、沸き起こる気持ちに正直に。
選んだ道が叶うまで。選んだ道がたとえイバラの道でも、好きで選んだ道だから、
成長し続けること、進歩し続けることは大変だろうけれど、やり続けてほしい。
そうメッセージを贈ってくれました。

その後は、生徒たちからの質問にウィットの効いた返しに会場は笑いの渦に。
終始ほのぼのした空気に包まれて、もっと話しを聞いていたい、そんなトークの
時間でした。

最後にTEEと全員の記念写真をパチリ。

思い出に残る素敵なライブ&トークでした。
ありがとう。TEEこと石田君。
あなたの活躍を心から願っています。

2年生進路説明会

今日は2年生を対象に進路説明会が行われました。

校長先生のあいさつでは、皆、夢を実現するために入学してきたはずです、入学した時の目標を思い出してください。今日を境に受験生の意識を持って、1年半後の受験を頭に描いて、努力できるように今日の進路説明会に参加してくださいと話しをされました。

教務部長の上岡先生より三年次の選択科目についての注意事項の説明を聞きました。

進路部長の田中先生より「手考足思」という言葉の説明をされ、手足を一生懸命動かし、頑張って進路を実現させてくださいと話されました。

その後、大学・専門学校・就職と各希望先に別れ、模擬講義を経験しました。写真はある動物系の専門学校の様子です。本物の犬に触れることが出来て、喜んでいました。

 

第3回オープンスクール

第3回オープンスクールが10月28日(土)開催されました。本年度最後のオープンスクールです。台風が近づいている生憎の雨模様の中でしたが、多くの方々に参加していただきました。

今回参加していただいたのは約600名の中学生や保護者の皆様、中学校の先生方でした。

前回、前々回に引き続き、吹奏楽部による演奏で始まり、そして広陵校歌をBGMに部活動紹介が行われました。

写真は硬式野球部です。あの甲子園を沸かせた平元くん、中村くんのバッテリーがクラブ紹介に出てくれました。

國貞校長先生の挨拶です。

夏の甲子園の準優勝、えひめ国体での優勝した際に多くの方々に応援していただいたお礼。本校の教育方針などにつての話をされました。

 
次は数学科舩坂教諭により、自立学習応援プログラム「すらら」の説明がありました。
その後、班に分かれ、校内を見学していただきました。校内の案内はボランティアの生徒が熱心に行ってくれました。

再び講堂に戻り、1年生の2名の生徒会役員の生徒さんによるパワーポイントを使った学校案内をご覧いただきました。

施設、学習、部活動、ESDなどわかりやすく説明しました。また甲子園応援や海外留学プログラムのスライドDVDも紹介されました。
最後は伊藤入試委員長の本校入試に係る説明が行われました。午後からは部活動の見学が行われました。
参加者の皆様ありがとうございました。中学生の皆さん、高校入試まで数か月となりました。頑張ってください。

2017年プロ野球ドラフト結果

本日、2017年ドラフト会議が行われました。17時から大会議室にて、運命のその時を待ちます。100名を越えるマスコミの方たちが集まりました。

緊張の面持ちで中井先生と座る中村君。

カープと中日が共に1位指名。緒方監督が交渉権を引き当ててくださいました。

そして、どのような選手を目指すかという質問に
「球団から必要とされる、そしてみなさんに愛される選手になりたい。」と答えていました。

中井先生は
「涙が出るほど嬉しい。お母さんを大事にして、プレーでも人間としても
愛される人になりなさいと言いたい。」と話されました。


硬式野球場に移動して、部員のみんなから祝福を受けました。
みんなも大喜びです。


インタビューを受ける中井先生。


各テレビ局からインタビューを受けました。

中井先生からは「卒業までは今まで以上に厳しく指導していきます!」との言葉がありましたので、これからもしばらくはハードな練習の日々が続きそうです。

今日はスタートの日。本当に大変なのはこれからだと思いますが、
自分の目指すところに向かって頑張れ!!応援しています!!

追記:本校出身の福田周平君もオリックス・バファローズに3位指名されました。

第72回国民体育大会(えひめ国体)硬式野球部 優勝報告会

本日、国民体育大会において初優勝を果たした硬式野球部の優勝報告会が行われました。広陵高校の長い歴史の中で初めての国体優勝です。総勢17名の登録選手が壇上に並び、全校生徒から祝福を受けました。

國貞校長挨拶

この度、愛媛県で開催されました第72回国民体育大会において、本校から硬式野球部、テニス部、柔道部、体操部、そしてボウリングの部門に出場し、テニス部では酒井凜さんが8位入賞するなど、輝かしい成績を残しましたが、その上に、本校硬式野球部が全国の強豪である天理高校を初戦で破り、準決勝では東海大菅生、そして決勝では大阪桐蔭を破り、初優勝を飾ってくれました。
国民体育大会は、野球で言えば、春の選抜、夏の選手権、秋の神宮大会、これらと並び、4大大会の1つです。硬式野球部が夏の準優勝をバネに、見事、初優勝を果たしてくれました。広陵の長い歴史の中に輝かしい記録を残してくれました。おめでとうございます。そして、感動を再びありがとう、と挨拶をされました。

竹内生徒会長 お祝いの言葉

強豪と呼ばれるチームを相手に最後まで戦い抜く姿は広陵魂を見たように思います。また、硬式野球部は私たちの誇りです。今後は新体制となりますが、これからも広陵野球部の新たな伝統を切り開いていってください、とお祝いの言葉を贈りました。

硬式野球部代表 佐藤勇治君 お礼の言葉

始めに報告会を開いてもらったことへのお礼の言葉を述べました。また、広島県の代表として出場し優勝することができました、自分たちの力だけでなく、みなさんの応援の力もあっての優勝だと思います。これからも応援をよろしくお願いします、と締め括りました。