修学旅行 沖縄 最終日

いよいよ修学旅行最終日です。2日間お世話になったホテルを後にし、おきなわワールドへ行きました。沖縄の歴史・文化・自然を体感することが出来る施設です。

まず最初に玉泉洞を見学しました。サンゴ礁から生まれた天然記念物の鍾乳洞です。洞窟はとても長く、長さ5km、国内最大級の鍾乳洞です。そのうちの890メートルを公開しています。

地上に出ると首里城下町を彷彿させる赤煉瓦の街なみが広がっています。

琉球ガラスコーナへ行ってみると、数名が格闘していました。足の裏を刺激し、健康になろう。琉球ガラスを使った健康グッズ。イタタタッ。

先生も挑戦しています。後半は手すりにつかまらないと前に進めません。しかし、渡り終わると身体がポカポカしてきます。

また、セグウェイが体験できると言うことでチャレンジする生徒もいました。ほとんどが初めてのようで、緊張しながらも静かに待っています。

インストラクターに少し教えてもらっただけでスイスイ前に進みます。慣れてきた頃、インストラクターを先頭に場内を探検していきました。身だしなみを整えるため、ちゃんとシャツを入れながら操作できるようになりました。

こちらでは、しろへびと記念撮影する生徒もいました。

食べられそうになっていました。

また、琉球王朝時代に王族士族だけが着用出来た伝統的な衣装を着て記念撮影をしていました。このままおきなわワールドの宣伝用パンフレットに使えそうですね。

昼食後、那覇空港に向かいました。

出発が20分ほど遅れましたが、無事広島に到着しました。飛行機を降りてからのまず第一声は「寒いっ!」でした。一気に20度近い気温の変化を体感したわけで、体調を崩さないように気をつけなければなりません。

そして、バスで学校まで戻り、解散しました。良い思い出ばかりの沖縄コースだったのではないでしょうか。

まもなく期末考査も始まります。来週からの学校生活を頑張ろう。