Summer Camp Adventure 2019

毎年、本校では希望者を募り、1泊2日の日程で芸北文化ランドにて「イングリッシュキャンプ」を行っています。今年度はJICE(日本国際協力センター)の招へいプログラムで広島に来る、アイオワ州の高校生22名が一緒に交流することになり、8月2日(金)、3日(日)の2日間に亘って、様々な交流を行いました。その関係上、通常は「イングリッシュキャンプ」としていたプログラム名を「Summer Camp Adventure 2019」としました。

第1日目 8月2日(金)
9時前にアイオワ州の生徒・教員が到着し、大会議室で対面式が行われました。校長先生の挨拶や教員の紹介の後、お互いのバディ(2日間のペア)を探すワークショップがあり、その場で一気に生徒同士が打ち解けました。2日間そのペア(人数の関係で3人組もあった)で過ごす場面が多かったのですが、12人程度のグループになったり、10名程度で山小屋に泊まったり、2台のバスに分かれたりと、お互いの生徒が英語や日本語を交えながら積極的にコミュニケーションを取っていました。アイオワの生徒は全員日本語を学んでおり、中には流暢に話す生徒もいました。

この後は、部活動体験や校内見学などが行われました。特に剣道部の見学では、実際に竹刀を持って打つ練習をしたり、アイオワの生徒1人が実際に防具をつけて、剣道部の生徒と打ち合いをしたりする場面もあり、充実した内容となりました。


また茶室では、茶道部の生徒によるお点前の披露があり、和文化の体験ができたのもいい思い出となったようです。最後に講堂で吹奏楽部の演奏を聴く機会もあり、2時間あまりの校内での活動を楽しみました。


午後からは芸北文化ランドに移動し、日本語や英語を交えながら様々なワークショップを行いました。翌日昼食を食べるレストラン探しや、平和公園のリサーチをしました。休憩時間にはかき氷大会、夜には花火大会をするなど、終始笑顔があふれた時間となりました。


第2日目 8月3日(土)
芸北文化ランドで1泊し、この日は原爆ドームや平和公園、平和祈念資料館での研修となりました。
午前10時過ぎに到着し、グループに分かれてそれぞれのポイントを回りました。
広陵生がバディに説明をしながら一緒に見学しました。伝えられないことも多々あったようですが、どの生徒も一生懸命頑張っていました。

昼食を済ませ、午後から県民文化センターに集まり、振り返りやおりづるを作成し、おりづるタワーを訪問しました。その後1時間程度自由時間を過ごし、午後4時前に原爆ドーム前で解散式を行ないました。別れ際にはほとんどの生徒が涙を流しながら抱き合う姿も見受けられました。


今回このような交流ができましたが、どの生徒もしっかりコミュニケーションを取っていました。来年以降、諸関係機関の方とも連絡を取りながら、同じようなことができればと思っています。
何より両校の生徒にとって、かけがえのない体験ができたことが一番でした。