広陵祭 1日目

6月13日(木)~15日(土)の3日間に亘って、令和になって初めての広陵祭が行われました。
初日の13日(木)は非公開の舞台発表です。
文化部長の城本さんから開会宣言が高らかになされ、いよいよ広陵祭の始まりです。

■学校長挨拶 國貞 和彦 校長

國貞校長先生は「『令和』という新しい時代の最初の広陵祭です。1年は合唱で、2年は展示で、3年はバザーで、クラス、学校が1つにまとまって「和」そして「輪」となるように頑張ってほしい。一生の思い出になる広陵祭にしてください。そして全校生徒のみんなのために準備をしてくれた生徒会のみんなに感謝したいと思います。」と挨拶されました。

森川生徒会長からは「今年のテーマは元号が『平成』から『令和』に変わったので、「和」の字を取りました。これは日本の大切にしてきた文化の『和の心』を忘れないでほしいという意味も込められています。たくさんの困難がある中で、準備を進めてきました。みなさん楽しんでください!」との挨拶がありました。

初日は今年で3年目となる1学年による合唱祭、フォークソング部、ダンス部の発表です。

音楽に情熱を注ぐフォークソング部のメンバー

躍動するダンス部
かわいいダンス、POPなダンス、大人な雰囲気のダンスまで!

正統派、息の合った振りつけ付き、見事なソロ、各クラスそれぞれ工夫を凝らしての発表でした。