サマープログラムレポート【8月6日・7日】

【8月6日】
8時半にタチョンガビーチに集合し、9時15分に消防車と救急車のサイレンで黙祷をみんなで捧げました。地元の新聞社からも取材があり、その様子の写真が撮影されました。黙祷後は、参加者全員でハグをして平和を願いました。
てにあん1020140807

黙祷後、テニアン高校カフェエリアに集合し、チャモロの伝統ダンスを教わりました。
ダンス終了後は全員で折鶴を折りました。
てにあん1120140807

夕方に再度集合し、テニアン生と広陵生で平和について学びました。
最初に広陵生が練習してきた原爆についてのプレゼンテーションをしました。
練習の成果もあり、なかなか好評でした。
また、被爆者の証言ビデオを視聴し、テニアン生と広陵生で意見を交換しあいました。
最後は全員でキャンドルサービスで平和への思いを深めました。
てにあん1220140807

昼に行われたダンスの先生から、リゾートホテルで実施されている夜のダンスショーに招待され、広陵生も学んだばかりのダンスを披露しました。
思い出に残る一日になりました。
てにあん1320140807

【8月7日】
今日は楽しみにしていた体験ダイビングの日です。
前日の雨で天候が不安でしたが、今日は天気に恵まれました。
ロングビーチに移動し、ダイビングを実施しました。
たくさんのきれいなサンゴ礁と魚でまるで、水族館の中にいるようです。
テニアン1420140807

後日、水中の様子を撮影した写真データをダイビング会社からいただきます。その写真も近日アップしますので楽しみにしていてください。
ダイビング後は、ビーチでテニアン生とバーベキューをし、ゲームをして遊びました。
てにあん1520140807

ゲーム終了後にはテニアン生徒と一緒に海で思いっきり遊びました。
テニアン1620140807