SEAプログラム 第22日目

離陸後しばらくして機内が消灯となりましたが、体内時計がまだニュージーランドなのと、疲れていてもなかなか眠れない時間でした。日本時間午前6時には機内のサービスが始まり、台湾近海上空での朝食となりました。生徒たちはまだ眠たそうで、朝食を済ませた後も眠っていました。
ほぼ予定通り午前8時半過ぎに福岡空港到着、入国手続きを済ませて22日ぶりの日本となりました。体が冬の気候に対応していたため、この暑さはかなり応えます。
のぞみに乗車し午前11時半過ぎに広島駅着となりました。校長先生ならびに保護者の方の出迎えを受け、広島駅で解団式を行い無事解散となりました。この3週間生徒たちは皆大きく一歩を踏み出しました。22日間ずっと一緒に過ごしましたが、最初は戸惑いながらも現地の人と話をしたり、分からないことをそのままにしなくなったり、何よりも自分自身の中に大きな自信を持つようになりました。当然そうなったのは自分自身の力だけでなくホストファミリーやミドルトンの先生方、マウントクックでお世話になった山岳ガイドの聖さん、ニュージーランドで親身になりながら支えていただいたYukoさんやHidekoさん、ミドルトンの生徒たちや現在留学中の本校の生徒や卒業生、店先で笑顔で対応していただいた人たち、シンガポール航空のクルーの皆さん、そして笑顔で送り出していただいた保護者の皆さんのおかげだと思っています。
私もいろいろ世界を歩き、旅の面白さや感動を生徒と一緒に経験できたことは何よりの宝となっています。色々な価値観と出会い、多様性の中で協同できる自分になって欲しいと願っています。3週間ありがとうございました。