SEAプログラム 第13日目 8月8日(水)

最低気温は5℃、曇りで午後から雨模様のクライストチャーチでした。最高気温も13℃ぐらいでしたが、長袖とジャンバーだけでも十分でした。

午前中は学校から関西学院中等部の生徒さんと一緒に15分ほどのところにあるInternational Antarctic Centre国際南極センター)に出かけました。各国の南極基地への最後の中継地となっており、様々なものが展示してありました。まず最初に30分ほど南極を始め各国の基地の説明が行われ、説明された方も実際に研究者として基地に滞在したことがありました。最後には実際に現地で着る服なども生徒を使って着用させ非常に早口の英語でしたが、分かりやすいものでした。

その体験ブースに入り南極の気温や風を体験したり、映像を見たりしながら時間を過ごしました。最後にはハグランドライドという南極で使われる全地形対応車車両に乗って山や岩場などの模擬体験がありました。かなり激しく運転する場面もあり、生徒たちも悲鳴をあげながら乗っていました。

ランチタイムには学校に戻り、午後からは学校での授業となりました。海外長期留学特進プログラムでミドルトンに留学していた本校の卒業生も訪れてくれました。現在日本の大学からこちらの大学プログラムに転学し、今後大学でビジネスを学ぶ準備をしています。北島に住んでいて休みを利用して昨晩クライストチャーチ飛んで来ました。SEAプログラムの生徒にも紹介し、午後の授業は同伴してくれました。また昼休みには現在留学している生徒と3人で英語で話しました。不思議な感じでしたが、2人とも大きく成長している姿が頼もしく思えました。

ラグビーの授業は急遽キャンセルになりましたが、メッセージを書いたりしながら少しの時間でしたが、担当の英語の先生と共に基本練習をしました。その後はドラマの授業体験でした。ドラマは現地の生徒にも非常に人気で、今回は実際行われる体を使ったレッスンでした。声を出しながら体を動かしたり、ペアをどんどん変えながら様々な活動をしていくものでした。最後の方では4人組になりグループで岩や動物、さらには悲しみや嬉しさといった感情を表現するもので、とてもユニークな授業でした。一つひとつの活動に大きな意味があり当たり前に全て英語で行われた授業でしたが、全て理解できていたようです。

明日も学校での授業になります。