海外長期留学特進プログラム報告(5月分)

遅くなりましたが、長期留学特進プログラムでニュージーランドに留学している生徒の5月のレポートです。

 

紅葉の季節も終わり、ニュージーランドは本格的な冬に突入し寒い季節に入りました。気温は、朝は10度以下になることもあり、起きるのが辛いと生徒が話しています。夜更かしせず早く休み、体調に気を付けながら寒さを乗り切って欲しいと思います。朝夕の冷え込み温度の変化は、1日に四季があると言われるクライストチャーチの特徴です。

2学期からは冬服になり、また新たな気持ちで生徒たちは学校生活を送っています。本校の生徒は寒さに負けず、自転車通学で頑張っています。金銭的にも節約に心掛けている様です。最近学校では、ニュージーランドの友達に加え、ドイツ人とも仲良くなり、ドイツ語にも興味を持ち、ドイツ語の勉強もしています。好奇心旺盛であらゆることに興味を示し、チャレンジしていこうという姿勢は素晴らしいです。

ホスト先でも良く打ち解け充実した留学生活を過ごしています。

7月末からSEAプログラムで3週間、この生徒が通っている学校にお世話になります。留学中の生徒と対面することができ、直に話を聞くことができるので、非常に楽しみにしています。