平成26年度 1学期終業式・原爆犠牲者慰霊式

1学期が終了し、今日、終業式が行われました。生徒諸君にとっては待ちに待った夏休みの始まりです。
koryo20140719
中土校長先生が夏休みを前に生徒諸君にお話をされました。その内容は、「何もしないあなたの前を通り過ぎたのは過去ではない。過ぎ去ったのは未来です。」という言葉を引用され、「未来」を変えるには「現在(今)」を変えることが大切であり、その日のありようが未来の自分の姿となるというようなものでした。そしてこの夏休みがこれまでにない充実した日となり、皆が元気で始業式を迎えられるように願っていますとしめられました。
始業式は8月29日(金)です。元気に2学期を迎えましょう。1・2年生には課題テストを用意して待っています。

引き続き、8月の原爆の日を前にして、原爆犠牲者慰霊式が行われました。当時、多くの広陵生たちや先生方も犠牲になっています。式の意義を深く理解し平和を考えるきっかけにしてもらいたいものです。

rijityo20140719
戦争の悲惨さを後世に語り継ぎ、二度と戦争のない、そういう世界を築いていく若者になってほしい。夏休みには一部広陵生がテニアン島を訪れる。そこは原爆を投下したエノラゲイが飛び立ったことで有名な島。今は平和な島だが、昔はそういった悲劇があった。そこで世代を超えて交流をし、テニアン島から様々なことを持ち帰り伝えてほしい。平和は多くの人の努力によって作られるもの。今日という日を、それぞれどういう日として過ごすか、自分に全く関係ないということはない。しっかり受け止め考えてほしい、という旨のお話をされました。

ga120140719 ga220140719
スライドとナレーションによって原爆の悲惨さを改めて学びました。

seito120140719 seito220140719
生徒会の人たちが生徒代表として献花し、全校生徒で折った折り鶴を奉納しました。

soto120140719
皆で原爆犠牲者に黙とうをささげました。

soto120140719 soto220140719
広陵高校敷地内にある慰霊碑に、生徒会と田中理事長をはじめ管理職の先生方が、代表して献花・黙とうをささげました。

ireihi20140719
世界が平和でありますように。