海外長期留学特進プログラム 留学レポート3月分

本校で実施しています長期留学特進プログラムに、今年度は1名参加しています。1月下旬に出国し、現在ニュージーランド・クライストチャーチにあるミドルトングランジスクールのインターナショナルで勉強しています。このプログラムをスタートして以来お世話になっており、昨年夏にスタートしたSEAプログラムもこのミドルトンで3週間実施し、今回留学している生徒もSEAプログラムを経験しています。先日現地からレポートが届きましたので、3月の留学の様子を報告します。

南半球のニュージーランドは、3月に入り秋になり日毎に肌寒さを感じる様になりました。日本と季節が逆で、4月の1日からDAY LIGHT SAVINGが始まります。(冬時間です)これ以降日本との時差も4時間(日本が朝の9時だと、ニュージーランドは午後1時)となります。

本校から留学している生徒は、学校生活、行事、学校のSPORTと自分の生活パターンを作り、こちらの生活にすっかり馴染んでいます。いつもlunchtimeに会う時は、美味しそうにご飯を食べながら近況報告をしてくれるようです。先日のミドルトンBBQでも、常にKIWI(現地の方)と交流し、積極的に英語で話しかけているようです。ホスト先でも散髪をホストにしてもらったり、自分から積極的に話しかけ生活しています。

1学期は、4月14日が最終日となり、3月末はEASTER HOLIDAY(キリストの復活祭)で金曜日から翌週の火曜日まで学校が休校で5連休となります。その間、クライストチャーチで盛大に行われるEASTER CAMPに参加します。広々とした公園にテントを張り、沢山のアクテビティがあり、地元の同年代の生徒さんと交流でき、貴重な経験ができることは間違いないと思います。

以下秋休みまでの予定です。

EASTER CAMP      3/29-4/2

MGS 三者面談      4/5 4/10

NZESC WORKSHOP     4/7

秋休み           4/14ー4/29

Queenstown 旅行      4/19ー4/22

以上、現地からのレポートでした。