入賞披露・防災訓練

本日5時間目は講堂にて入賞披露が行われました。
◆入賞披露
●テニス部
第72回広島県高等学校テニス新人大会
男子シングルス第3位 中島蓮翔
男子ダブルス第3位 中島・板垣
団体戦 男子第3位 女子第4位
●陸上競技部(全国大会)
JOCジュニアオリンピック第13回U18日本陸上競技選手権大会
U18男子三段跳第2位 山田悠斗
 

●卓球部
広島県卓球新人戦地区予選 男子団体第4位 A級昇格
●けん玉(部活動外表彰:世界大会)
North Amerika Kendama open 第2位 乗岡信吉
 

県大会、全国大会から世界大会まで、さまざまなところで頑張っています。けん玉ももう少しで優勝できたとか。次も頑張ってください。

6時間目は防災訓練が行われました。
地震による火災発生を想定しての避難訓練でした。災害はない方がいいですが、対策や練習は必要です。
まずは、机の下に避難。

堀教頭先生より講評がありました。
「学校では、日常で地震を想定した訓練を行っている。パニックになる人、冷静に判断する人、様々いるが、1分1秒は刻々と去って行く。『あと数秒あれば助かったのに。』とよく言われる。本日最初にグラウンドに出た生徒は1分、最後は8分15秒だった。訓練では10分以内に全員の避難がなされることを想定している。
日本では過去12年間、命に関わる地震は6回発生している。先月10月12日は台風19号で多数の方が亡くなられている。このように、地震以外にも様々な災害がある。今や日本は「災害列島」と言われる。避難訓練で大切にしてほしいことは、「冷静に落ち着く」ということ。それができれば、最善の動きができる。防災意識をしっかり持って有事の際には冷静に落ち着いて行動できるようにしていこう。」
といったお話しでした。

あわてず騒がず落ち着いて避難することが大切です。

令和元年度 第3回広陵オープンスクール

雨も上がり、汗ばむような暑さでしたが多くの来校を得て、今年度最後のオープンスクールを開くことができました。

講堂では本校の制服がお出迎え。

まずは、吹奏楽部による演奏と歌での「お・も・て・な・し」
 

次に各部活動のユニフォーム紹介。パフォーマンスもあって面白い。
バドミントン部、バスケットボール部
 

ゴルフ部、弓道愛好会
> 

●学校長挨拶 國貞 和彦 校長
来校を歓迎する言葉の後に、進路保障、ICT教育、部活動、国際教育など本校の紹介をされました。

●「すらら」説明
ICT教育の一環として行っている「すらら」というソフトの紹介を行いました。
英語・国語・数学など自学自習ができます。

●施設見学
校内を本校生徒が説明をしながら見学をしました。普段の本校の学習の様子が垣間見えます。
最後は、説明をしてくれた生徒が高校生活を送ってみての感想を伝えていました。
 

再度、講堂へ戻ってから在校生による学校紹介と募集概要の説明を本校教諭が行いました。

不行き届きの面も多々あったと思いますが、どうにか無事に終えることができました。
御来校の皆さん、ありがとうございました。