Koryo English Recitation Contest

Today, we did the closing ceremony. However, English Speech Contest was done after that. 10 students speak English at AV room.

■opening greeting by Mr. Kurisu Ippei

■participants and title
1.Saki nagayama:Benny the Big Shot Goes to the Canmp  2.fuuma Yasui:Welcome to Toyota
 

3.Takehiro Matsumoto:stay Gold 4.Hana Fukazawa:Miyajima
 

5.Seina Hataguchi:Heal the World 6.Mei Hirano:10 Billion
 

7.Koudai Ryoukume:Hiroshima 8.Takuya Nakashima:Chiryu Higashi Elementary School
 

9.Miyuu Morioka:Firework 10.Riona Tomimatsu:I Have a Dream
 

guest speaker, Ituki Nishimoto:My Experience in New Zealand

Aword
First place:Riona Tomimatsu
Second place:Mei Hirano

Each student speaks English hard under stress.
The picture of all the members who participated in the contest was taken.

Review
The contest is very good for speakers and audience. What surprised me was the growth of speakers. Some students in Koryo high school are embarrassed and poor at speaking English. But, the participants speak English well and with confidence. I am glad to judge the contest and hope that all students in Koryo high school speak English confidently like the participants of the contest.

以下は日本語訳
続きを読む

平成30年度 第3学期終業式・退任式

今日は1年間の締めくくり、3学期の終業式です。3年生はすでに卒業し、いつもは広く感じる講堂も今日だけは広く感じます。

■校長訓話 國貞 和彦 校長
1年の締めくくりとなる3学期の終業式となりました。7月には西日本豪雨災害により県内でも多くの被災をされ、悲しい出来事もありましたが、この1年間、学力をしっかりつけるためにICTやiPad、プロジェクターを使い、主体的に学んでくれたと思います。また3年生は国公立大学への合格や就職についても素晴らしい結果を残してくれました。そういった形でそれぞれの夢を実現をしてくれました。また、部活動においても、昨年の夏の甲子園、吹奏楽部が県で金賞を初めて受賞したり、ダンス部が県の大会で最優秀賞をとるなど、本当に部活動でも活躍をしてくれました。そして、国際理解教育においてもSEAプログラムなどで海外留学を果たし、国際理解の推進にも一生懸命頑張ってくれました。本当にこの1年間皆さんの活躍を心からお礼を申し上げます。
最後に、選抜大会の対戦相手が決まりました。4度目の全国制覇が叶うように、1試合でも多く試合ができるように、皆さんとともに心を1つにして、全校が1つになって応援の力で勝利に繋げたいと思います。どうぞよろしくお願いをいたします、と締めくくられました。

■各種表彰
★クラスマッチ
バレー 男子優勝2年F組 1年F組  女子優勝2年I組 1年D組
サッカー  優勝2年D組 1年H組  オセロ優勝2年C組 1年J組
★英語検定合格者
2級:3名 準2級:17名 3級:7名 代表 若村 晴紀(2年A組)
★テニス部
第59回広島県高等学校テニス選手権大会
男子シングルス第2位 田中 謙太朗 男子ダブルス第2位 田中 謙太朗・中島 蓮翔
女子シングルス第2位 牧  由貴菜 女子ダブルス第2位 牧  由貴菜・服部 紗希
★柔道部
全国高等学校柔道選手権大会広島県予選
女子個人(各階級別)1位 八巻 衣音 3位 髙山 紗楓
3位 中尾 あずさ 2位 宮本 迪佳
男子個人(各階級別)1位 松森 秀麿 2位 佐藤 優麿 3位 今井 功気
★陸上競技部
2019日本室内陸上競技大阪大会 男子Uー18走幅跳 第5位 山田 悠斗
★バドミントン部
第28回広島県高等学校バドミントン1年生大会
女子ダブルス 第3位 塩田 咲希・近藤 ほのか
ヨネックス杯バドミントンひろしまオープン2019女子ダブルス5部 準優勝 上野 萌・貞吉 優香
平成30年度後期バドミントン大会 女子3部 大竹 莉瑚・森本 かんな
女子4部 塩田 咲希・近藤 ほのか
★ボクシング部
平成30年度第30回中国高等学校ボクシング新人大会
ピン級  第1位 大久保 道愛    ライトフライ級 第2位 松浦 光
ライト級  第2位 寺尾 樹人     ミドル級 第1位 森光 駿

 

 

 

■平成30年度全国大会・中国大会出場者表彰
代表 陸上競技部 山田 悠斗

■全国大会出場部活動壮行式
出場部活動:ゴルフ部 全国高等学校ゴルフ選手権春季大会 田中愛士・由元結菜
・激励の言葉 國貞 和彦 校長

・生徒会長激励の言葉 森川 未悠 生徒会長

・お礼の言葉 田中 愛士 ゴルフ部 主将

●退任式
■退任者紹介 國貞和彦 校長

退任者
小茂田 博文 主幹教諭、三宅 洋始 教諭、山本 保義 教諭、金光 秀幸 教諭、
下郷 祐次 常勤講師、宮原 央 常勤講師、德田 朋大 常勤講師、坂井 静子 常勤講師

■退任者代表挨拶 山本 保義 教諭
8名の退任する先生方は赴任した時期は異なりますが、生徒のため学校のためを考えて誠心誠意勤務をさせていただいたこと、その環境を作っていただいた多くの方々に感謝の言葉を述べられました。また、山本先生は、卒業生として保護者として地域住民として教員として、さまざまな立場から広陵高校に関わってこられました。在校生時代に宇品から現在の場所に移転した時の学校の様子や教育実習の時の学校の状況、非常勤講師として赴任した時からの広陵高校や広陵生の変化について話をされ、あっという間に時間が過ぎました。

花束贈呈

向かって左より
三宅 洋治教諭、山本 保義教諭、金光 秀幸教諭、
下郷 祐次常勤講師、德田 朋大常勤講師

クラスマッチが始まりました。

平成30年度クラスマッチが始まりました。

種目は、男子サッカー・男子バレーボール、女子バレーボール、オセロです。
クラスの団結力をここで見せてほしいものです。

明日まで開催されます。優勝目指して頑張りましょう!

フレンドリー・ブリッジ(ボランティア活動)

「上履き、運動靴を世界のはだしの子ども達に!!」という取り組みを行っている「フレンドリー・ブリッジ(旧レインボープロジェクト」の事務局の方から、報告のお手紙をいただきました。今年度贈った靴は、ガンビア・ルワンダ・ザンビアに届いたそうです。現地の子どもが靴を手にする写真や、生徒が書いてくれた手紙も同封されていました。とても喜んでいる様子が伝わり、私たちまで嬉しくなりました。今後も、この活動を続けていきたいと思います。

カテゴリー: ESD

平成30年度 卒業証書授与式

本日、ついに498名の3年生が旅立って行きました。
平成30年度 卒業証書授与式が執り行われました。
担任の先生を先頭に全員が講堂に入場。保護者の方も大勢来校いただき立ち見の方もいらっしゃいました。
喜ばしい反面、椅子が用意できず申し訳ありません。

担任の先生による卒業生の名前の読み上げです。声も涙で震えます。
B組 金光先生            E組 上田先生
 

F組 石井先生            H組 沼崎先生
 

K組 石原先生

■卒業証書授与 代表 道法志歩 さん

■日本私立中学高等学校連合会賞 受賞者 向井健登 君

■校長式辞 國貞和彦 校長
「Spring has come!」(春到来!)
この言葉で式辞は始まりました。英語が専門の校長先生らしい始まりです。
校長先生からは、この3年間、卒業生達が、学校行事、学習、部活動にとひたむきに努力してきたことに心から敬意を表すと共に、一昨年から続く甲子園出場の思い出を述べられました。また、昨年の西日本豪雨にも触れられ、改めて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りすると共に被災された皆さまにお見舞い申し上げました。
そして、卒業生のみなさんに次の言葉を贈って締め括られました。
  意識が変われば行動が変わる。 行動が変われば習慣が変わる。
  習慣が変われば人格が変わる。 人格が変われば運命が変わる。
  運命が変われば人生が変わる。
何事も自分の心次第。笑顔と広陵魂で運命を、人生を変えてほしい、と。

■来賓祝辞 PTA会長 吉田元英 様
吉田様からは、卒業生達に「人は未来に向かって細い道を紡ぎながら歩んでいくと言う。自分の足元を見据えて歩いて行けば太い道が自分の前に現れる。迷わず、挫けず自分の道を築いていってほしい。皆さんの輝く人生を期待している。」と励ましの言葉を贈っていただきました。

■来賓祝辞 同窓会長 飯盛豊 様
卒業生、保護者の皆さまに向けてお祝いの言葉を贈られた後、生徒自身の努力、保護者の皆さまの協力、そして広陵高校での教育、これらがあって生徒達が立派に成長できたと述べられました。そして、これから先、子ども達がもっと大きく成長していけるように、同窓会も共に頑張っていきたいと熱い思いを語られました。

■在校生代表送辞 森川未悠 さん
現生徒会長の森川さんからは、卒業生達との様々な学校行事の思い出を辿りながら、その思い出が何物にも代えがたいものであり、3年生が自分たちの目標であり、支えであったこと、これから人生の困難にぶつかった時は、広陵での3年間を思い出せば、それを跳ね返す力となるはずだということ、そして、先輩達から伝統を受け継ぎ、私達も努力を重ねていくという、感謝とエール、決意のこもった言葉が贈られました。

■卒業生代表答辞 竹内音々 さん
前生徒会長の竹内さんは、3年間の様々な思い出を振り返りながら、友人達には今まであった日常がなくなることの寂しさや共に過ごした時間の大切さを、教員には多忙な中、一人ひとりに愛を持って向き合ってくれたことへの感謝を、そして家族には今まで見守り支えてくれたことへの感謝を、それぞれ伝えました。そして、在校生達には、この広陵の伝統を新しく色鮮やかに作っていってほしいとエールを送りました。

■保護者代表謝辞 内俊子 様
内様からは、これまでの教職員の指導に対して、そして寮生活を送る子ども達に家庭の温かさを感じさせてくれた寮監、寮母に対して、ありがたい感謝の言葉をいただきました。

卒業生が全員退場し終え、学年主任の澄谷先生から保護者の皆様へ、3年間の協力に対するお礼と共に、熱く最後のお話をされました。

卒業生・保護者の皆さん、そして3学年会の先生方、おめでとうございます。