SEAプログラム 第22日目

離陸後しばらくして機内が消灯となりましたが、体内時計がまだニュージーランドなのと、疲れていてもなかなか眠れない時間でした。日本時間午前6時には機内のサービスが始まり、台湾近海上空での朝食となりました。生徒たちはまだ眠たそうで、朝食を済ませた後も眠っていました。
ほぼ予定通り午前8時半過ぎに福岡空港到着、入国手続きを済ませて22日ぶりの日本となりました。体が冬の気候に対応していたため、この暑さはかなり応えます。
のぞみに乗車し午前11時半過ぎに広島駅着となりました。校長先生ならびに保護者の方の出迎えを受け、広島駅で解団式を行い無事解散となりました。この3週間生徒たちは皆大きく一歩を踏み出しました。22日間ずっと一緒に過ごしましたが、最初は戸惑いながらも現地の人と話をしたり、分からないことをそのままにしなくなったり、何よりも自分自身の中に大きな自信を持つようになりました。当然そうなったのは自分自身の力だけでなくホストファミリーやミドルトンの先生方、マウントクックでお世話になった山岳ガイドの聖さん、ニュージーランドで親身になりながら支えていただいたYukoさんやHidekoさん、ミドルトンの生徒たちや現在留学中の本校の生徒や卒業生、店先で笑顔で対応していただいた人たち、シンガポール航空のクルーの皆さん、そして笑顔で送り出していただいた保護者の皆さんのおかげだと思っています。
私もいろいろ世界を歩き、旅の面白さや感動を生徒と一緒に経験できたことは何よりの宝となっています。色々な価値観と出会い、多様性の中で協同できる自分になって欲しいと願っています。3週間ありがとうございました。

カテゴリー: ESD

SEAプログラム 第21日目 8月16日(木)

快晴のクライストチャーチ、最低気温が6℃、最高気温が16℃ぐらいまでなる予報でした。学校集合が7時45分だったのでいつもより早く慌ただしくホームステイ先も動き始めました。我が家のホストマザーは早朝からのフライトがあったため5時前には家を出ていかなけれなばならなかったので、前日にお別れはしておきました。

生徒たちも時間通りに学校に到着し、ホストとしっかり挨拶をしていました。涙を流しながらもミドルトンともお別れし、空港に向かいました。

来る時よりもスーツケースの荷物が増えており、私の荷物も限度いっぱいの30キロでした。お世話になったYukoさんともお別れし、午前10時50分発のフライトで一路シンガポールに向かいました。フライト時間はほぼ11時間、機内では映画を見たり本を読んだり、食事も昼食と軽食、さらには軽い夕食まであり、シンガポール時間17時45分無事到着しました。飛行機を降りる前にコックピットで機長と写真撮影をお願いしたところ快く引き受けていただき、生徒たちを操縦席に座らせて写真を撮らせていただきました。慌ただしいクルーの交代時間でしたが、先ほどまで操縦していた席だと思うと生徒たちも大興奮でした。若者たちに夢を与えていただく姿勢に感謝の思いで一杯です。

午後6時半までがシンガポールツアーの締め切りだったため我々も急いでツアーカウンターに向かいました。最初いたカウンターはすでにクローズになっており、電車で別のターミナルにあるカウンターにギリギリ間に合いました。ツアーの案内は英語で行われましたが、生徒たちもニュージーランドの早い英語に比べ聞き取りやすく、しっかり楽しんでいました。2時間のツアーでは車窓見学をしながら高層ビルの上に船の形をしたプールがあるMarina Bay Sandsとマーライオンが見えるスポットで30分程度の自由時間と、大きな木をモチーフにしたオブジェが沢山あり、15分間光と音で演出があるthe Garden by the Bayで1時間近く自由時間があり、短時間でしたが十分楽しめるもでした。

午後10時頃再び出国手続きを済ませ、翌朝午前1時20分発(ニュージーランド時間午前5時20分)の便で福岡に向かいました。

カテゴリー: ESD