SEAプログラム 第5日目 7月31日(火)

最低気温は4℃(メディアによって違うのでよくわかりません)曇り空の朝を迎えました。7時過ぎでもまだ暗いので、ホームステイ先で寝坊した生徒もいました。天気予報では午前中は曇りで、午後から晴れるとのことでしたが、見事にそのようになり、午後は快晴で、15℃ぐらいまで上がり過ごしやすい天気でした。乾燥していることもあり、大汗をかく引率の私でさえ、全くと言っていいほど汗をかきません。

(生徒たちも遅れずに登校しました。体調を崩すこともなく、ホームステイ先でも元気に過ごしています。1・2時間目は関西学院大学中等部のみなさんと一緒にマオリレッスンが行われました。マオリはニュージーランドの先住民で、ここでは詳しくは述べませんが、ニュージーランドではマオリの人々をきちんと敬い共存していくことが法律でも守られており、英語とマオリ語が共通言語になっています。表示も英語とマオリ語になっており、学校でも校長先生が集会で挨拶をされるときにもマオリ語でスタートされます。

マオリ語の先生の指導の元、簡単な挨拶や数、自己紹介などをマオリ語で教えていただきました。日本語同様母音はaeiouしかなく、ほとんど表記通りに読めるので発音しやすいものです。ゲーム形式に数を当てたり、ダンスや最後には歌も一緒に振り付けをしながら行われたので、生徒たちも十分楽しみながらレッスンを受けていました。来週もレッスンがあるので、少しでも理解できればと思っています。

その後のモーニングティーでは校舎内で現地の生徒と片言ながらの英語で交流をしていました。昼休みにもいろいろな生徒と過ごしているようなので、どんどん交流の輪を広げていってほしいと思います。

午後からは関西学院大学中等部の生徒さんと一緒に学校のグランドでラクビーの授業となりました。この頃には快晴となり、体を動かすには絶好の気温でした。体育の先生とミドルトンの日本人の生徒がルールの説明やパスの仕方など教えながら、それぞれ実際にボールを持ってやってみました。ラグビー始めての生徒がほとんどで、ルールも知らないのではじめは戸惑っていましたが、体を動かしながら大いに楽しんでいました。写真でもわかるようにこちらのグランドや公園は全て天然芝なので、走っても気持ちがいいようです。

6時間目の英語の授業では自分を一枚の紙に自由に表現するものでしたが、この「自由に」が我々が苦手としているところかもしれません。生徒たちもどのように表現したらいいのかとまどっており、全員続きは明日に持ち越しとなりました。

今日の放課後は保護者が学校に来校し、授業担のところに行き、我が子の成績や授業の取り組みなどを聞くParents Interview Dayになっています。日本では三者懇談がありますが、こちらはクラスという概念がないので、それぞれ授業の先生のところを周り、話を聞くようです。一緒に帰る生徒は終わるまで図書館などで過ごすようです。

明日はWillow Bankといってキゥイ(鳥)や小型動物がいる動物園に出かけます。

カテゴリー: ESD