「平成30年度センター試験」直前説明会

ついに受験生にとって意味深い試験を明日に控え、諸注意と激励が行われました。
●激励の言葉
國貞和彦 校長

明日、センター試験を受験する生徒たちを前に、「皆さんは今は『人事を尽くして天命を待つ』という心境かもしれない。努力すれば夢は叶うと信じて、これまで苦しい受験勉強に取り組んできたと思う。その姿、頑張りを受験の神様は見ていると思う。また、今まで皆さんを応援してくれた家族、友人、先生たちがいる。今までのルーティーンを大切に、平常心で頑張ってきてほしい。」と励ましの言葉を述べられました。

藤岡義憲 学年主任

今まで授業の中で伝えてきたアドバイスを再度皆に伝えた後、今までやってきたことを最大限発揮して頑張って来てくださいと、エールを送られました。

●説明 古葉大悟 進学主任

「えっ!? 本当にそんな物を持って来る受験生がいるの?」「本当にそんなことをしてしまう受験生がいるの?」という事例も含めながら、具体的な諸注意がなされました。

●諸注意 田中弘明 進路指導部長

私たち教員は、みんなと代わってあげることはできない。自分の人生の舞台は自分の足で立たねばならない。その第一歩として、この試験を頑張って来てほしいと述べられました。

皆さん、いよいよ本番です。今まで努力してきたことをしっかり発揮して、悔いのない受験となるよう、応援しています。