2014年度海外長期留学特進プログラム報告2

ニュージーランドに長期留学中の二名の元気な様子が届きました。

ニュージーランドは夏から秋に向かっており、クライストチャーチの中心あるハグレーパークでは、紅葉が色付き始めたそうです。留学生活も7週間が過ぎ、今はすっかりニュージーランドでの生活にも慣れ自分で行動し、学校生活にもすっかり馴染んでいるようです。

1

写真の生徒は3月1日にホームステイ先が変わりました。新しいホームステイ先は以前と比べると学校から離れたようですが、小さい子供が4人と留学生が一人いる大きな家になったようです。

 

 

 

 

22月28日には今後の留学生活を成功させるための留学生対象のWORKSHOPで勉強の仕方やお金の管理等を留学生同士で意見交換したそうです。

二人とも英語の力も伸びてきたようで、コミュニケーションができるようになったようです。今後の目標として二人とも「友人をつくる」「テストでExcellenceをとる」ことを挙げていました。

 

 

 

33月1日にはJAPAN DAYというカンタベリー地区の催し物があり、色々なボランティアもしたそうです。二人とも日差しが強い毎日で少し日焼けをして元気な様子がうかがえます。さまざまな経験を通して、それぞれ成長しているようです。

 

4月3日からの2週間の秋休みに学校主催でクインズタウンへの小旅行が企画されているようです。