テニアン中・高校来校4月17日~4月21日

テニアン中・高校の先生2名と生徒5名が来校されました。
4月18日の歓迎式典の様子です。

中圡校長の挨拶
kotyo20140418

テニアン高校のジェニファー サンニコラス校長の挨拶
テニアン高校の生徒代表 ジョセフ リザマ君の挨拶
日本語で挨拶をしてくれました。堂々としており素晴らしい挨拶でした。
tkotyo20140418tseito20140418

記念品の贈呈です。
kinen20140418

テニアン高校の女子3名がテニアンの伝統的なダンスを披露してくれました。
毎日練習をしてくれたようです。とても素敵なダンスでした。
tdance20140418

2時間目から3時間目にかけて、それぞれのホームステイのスポンサーとなった
生徒のクラスでの授業に参加しました。
テニアンでは1クラスの人数が少ないので
生徒数の多さにとても驚いていました。
授業参加の様子

昼には食堂で交流メンバーとともに
食事をとりました。

食堂のメニューの多さに驚いていました。味も大好評!!
午後からは学校見学です。
授業を参観したり校内の施設を見学してもらいました.
メディアセンターの蔵書の量にもとても驚かれていました。
テニアン高校の先生や生徒だけでなく
交流メンバーとなった生徒にとっても充実した一日でした。

4月19日は平和資料館見学や広島市内散策
4月20日は宮島散策
4月21日に帰国

短い期間でしたが、とても充実した交流となりました。
広陵高校の生徒も英語でのコミュニケーションを図ろうと
奮闘し、お互いの絆を深めました。
夏にはサマープログラムが実施されます。
広陵高校の生徒がテニアンに向かいます。

また、テニアンの皆さんに会えるのを楽しみにしています。

平成26年度 対面式

本日は全校生徒が一堂に会す「対面式」が開催されました。

中圡校長先生訓話

在校生歓迎の挨拶 岩田里沙子生徒会長

新入生挨拶 新入生代表  山田翔太君

新入生の皆さんは一日も早く学校生活になれて、本校の生徒として一人ひとりが頑張ってほしいと思います。
1年生は引き続き校内オリエンテーションに移行します。
2・3年生はLHR・進路調査後、3校時から普通授業です。

平成26年度 入学式

平成26年度入学式が執り行われました。
朝から好天に恵まれ、広陵高校のキャンパスに桜も満開の中、新入生485名を迎えることができました。
受付の様子
学校長式辞 中圡基校長
理事長祝辞 田中清峰理事長
PTA会長祝辞 森田忠史PTA会長
新入生代表宣誓 代表 山田翔太くん
国貞和彦教頭より、第1学年正副担任紹介がありました。
新入生の皆さんには緊張の中にも喜びの笑顔を見ることができました。
伝統ある広陵高校へのご入学おめでとうございます。
明日は新入生と2年、3年生が一堂に会す対面式が体育館であります。

平成26年度新任式・1学期始業式

今日から新年度がスタートしました。2・3年生の1学期始業式に先立って、新任式が行われました。まずは新しく校長先生に着任された中土先生の紹介がされました。
kotyo20140407
生徒の皆さんのために「キラリと輝く学校」になるように努めていきますと意気込みを語られました。

続いて、校長先生より新しく着任された教頭先生と事務長先生が紹介されました。
kyoto20140407jimutyo20140407
教頭先生にはこれまで主幹教諭として勤められていた堀正和先生が就かれ、引き続き精いっぱい頑張りますと述べられました。
事務長先生には、広島県教育センターの副所長をされていた渡邉茂麿先生が就かれ、生徒・先生のために事務の立場で精いっぱい頑張っていきますと述べられました。

次に、新しく着任された先生方の紹介です。
落合幸良先生(数学)   上田順一先生(地歴公民)
川畑真美先生(保健体育)   山下峰夫先生(理科)
松田武志先生(数学)   松島勇太先生(数学)
中村明日香先生(理科)   西田弥可先生(事務職員)
代表して落合先生が新任の挨拶をされました。

学校は大きなチームです。私達もチームの一員として活躍したい。そして広陵というチームが優勝できるよう頑張っていきたいと思います。と述べられました。

ここからは1学期始業式が行われました。

年度の初めに際して校長先生からお話がありました。
koutyou220140407
多くの先輩方が築いてきた118年の歴史と輝ける伝統を誇りとして、生徒の皆さんもその自覚と責任をもった行動をしてもらいたい。
ものには時代に即して変わらなければならない「易」と、いかに時代が変化しても変わらない「不易」がある。広陵高校は「易」として、今年度からiPadを利用してeラーニングを行うこと、「不易」として連ドラの「学問をしてよき人となれずら」というセリフを引用して、学問の重要性を説かれ、次の4つの項目を挙げられました。①授業は真剣勝負 ②明るい笑顔と挨拶 ③美しい学校づくり ④部活動・学校行事・ボランティア活動に積極的に取り組む。
志を大きく高い目標をもって日々の具体的な行動をしていこうと熱く語りかけられました。

続いて、入賞披露
バスケットボール部(第42回全関西バスケットボール大会 4位) ボクシング部(全国選抜大会LF級 大橋君 3位)
basuke20140407bokusi20140407

ゴルフ部(中国大会 谷本君 4位) テニス部(春季高校生選手権大会 岡田さん 優勝 平野さん・橋本さん ペア 3位)
gorufu20140407tenisu20140407
日本英語技能検定協会努力賞 広陵高等学校
春休みも多くのクラブで頑張っていました。今年度もさらに頑張りましょう。