Summer Camp Adventure 2019

毎年、本校では希望者を募り、1泊2日の日程で芸北文化ランドにて「イングリッシュキャンプ」を行っています。今年度はJICE(日本国際協力センター)の招へいプログラムで広島に来る、アイオワ州の高校生22名が一緒に交流することになり、8月2日(金)、3日(日)の2日間に亘って、様々な交流を行いました。その関係上、通常は「イングリッシュキャンプ」としていたプログラム名を「Summer Camp Adventure 2019」としました。

第1日目 8月2日(金)
9時前にアイオワ州の生徒・教員が到着し、大会議室で対面式が行われました。校長先生の挨拶や教員の紹介の後、お互いのバディ(2日間のペア)を探すワークショップがあり、その場で一気に生徒同士が打ち解けました。2日間そのペア(人数の関係で3人組もあった)で過ごす場面が多かったのですが、12人程度のグループになったり、10名程度で山小屋に泊まったり、2台のバスに分かれたりと、お互いの生徒が英語や日本語を交えながら積極的にコミュニケーションを取っていました。アイオワの生徒は全員日本語を学んでおり、中には流暢に話す生徒もいました。

この後は、部活動体験や校内見学などが行われました。特に剣道部の見学では、実際に竹刀を持って打つ練習をしたり、アイオワの生徒1人が実際に防具をつけて、剣道部の生徒と打ち合いをしたりする場面もあり、充実した内容となりました。


また茶室では、茶道部の生徒によるお点前の披露があり、和文化の体験ができたのもいい思い出となったようです。最後に講堂で吹奏楽部の演奏を聴く機会もあり、2時間あまりの校内での活動を楽しみました。


午後からは芸北文化ランドに移動し、日本語や英語を交えながら様々なワークショップを行いました。翌日昼食を食べるレストラン探しや、平和公園のリサーチをしました。休憩時間にはかき氷大会、夜には花火大会をするなど、終始笑顔があふれた時間となりました。


第2日目 8月3日(土)
芸北文化ランドで1泊し、この日は原爆ドームや平和公園、平和祈念資料館での研修となりました。
午前10時過ぎに到着し、グループに分かれてそれぞれのポイントを回りました。
広陵生がバディに説明をしながら一緒に見学しました。伝えられないことも多々あったようですが、どの生徒も一生懸命頑張っていました。

昼食を済ませ、午後から県民文化センターに集まり、振り返りやおりづるを作成し、おりづるタワーを訪問しました。その後1時間程度自由時間を過ごし、午後4時前に原爆ドーム前で解散式を行ないました。別れ際にはほとんどの生徒が涙を流しながら抱き合う姿も見受けられました。


今回このような交流ができましたが、どの生徒もしっかりコミュニケーションを取っていました。来年以降、諸関係機関の方とも連絡を取りながら、同じようなことができればと思っています。
何より両校の生徒にとって、かけがえのない体験ができたことが一番でした。

高校生国際協力体験プログラム(JICA中国主催)

7月27日(土)、28日(日)の2日間にわたって、高校生国際協力体験プログラムに本校生徒3名、教員1名が参加しました。
中国5県から44名の高校生が集まり、期間中、様々なワークショップを体験しながら、異文化を知り、異なる価値観を持つ人々と共生できる「グローバルな社会」について学んできました。

1日目は「異文化」について考えたり、自分自身を振り返りながらSDGs(持続可能な開発目標)や発展途上国の抱える問題やその背景・原因を知ることが中心で、最後には2日目の大きなテーマとなる「難民」について考えるワークショップなどがありました。どのグループもすぐに打ち解け、活発な意見交換を行っていました。

2日目は「いのちの持ち物けんさ」というワークショップが行われ、難民の気持ちになる展開から、難民役の4人の教員から現状や抱えている問題を聞き出し、グループでどんなことができるかアクションプランを作成するものでした。どのグループも試行錯誤しながら、最終的には模造紙にまとめて発表しました。時間の関係上、まだまだ課題は多いものでしたが、どのアクションプランも素晴らしい内容となりました。

この2日間のプログラムで、どの生徒さんも目を輝かせながら活動し、視野が大きく広がったのではと思います。来年もぜひ参加したいと考えています。

海外長期留学特進プログラム報告(5月分)

遅くなりましたが、長期留学特進プログラムでニュージーランドに留学している生徒の5月のレポートです。

 

紅葉の季節も終わり、ニュージーランドは本格的な冬に突入し寒い季節に入りました。気温は、朝は10度以下になることもあり、起きるのが辛いと生徒が話しています。夜更かしせず早く休み、体調に気を付けながら寒さを乗り切って欲しいと思います。朝夕の冷え込み温度の変化は、1日に四季があると言われるクライストチャーチの特徴です。

2学期からは冬服になり、また新たな気持ちで生徒たちは学校生活を送っています。本校の生徒は寒さに負けず、自転車通学で頑張っています。金銭的にも節約に心掛けている様です。最近学校では、ニュージーランドの友達に加え、ドイツ人とも仲良くなり、ドイツ語にも興味を持ち、ドイツ語の勉強もしています。好奇心旺盛であらゆることに興味を示し、チャレンジしていこうという姿勢は素晴らしいです。

ホスト先でも良く打ち解け充実した留学生活を過ごしています。

7月末からSEAプログラムで3週間、この生徒が通っている学校にお世話になります。留学中の生徒と対面することができ、直に話を聞くことができるので、非常に楽しみにしています。

SEAプログラム 8月18日

Aug 18, Fri.

Aug 17th, Thu.

We went to Mega Air to jump on the trampolines.  The here were many kinds of trampolines.  The one I like the most is the one where I bounced in to the airbag.  It was fun to make one turn.  Besides, I played a dodge ball while played on the trampolines.  I was able to play basketball as well.  Everything was so much fun.  After I quit trampolines,  my body was tired.  I played a lot, so I sweat.  In the afternoon, I took lessons with my buddy guy.  This class as chemistry.  It’s so too difficult for me.  But,  my buddy said “Chemistry is very interesting.”  I couldn’t understand her words.  I’m glad I could talk to my buddy.

昨日の生徒の日記です。毎日日記を書くことで、様々な表現を調べ、Sam先生にも添削してもらい、writingのトレーニングになりました。
今日が最後の学校です。午前中は授業、午後はハウスシンギングといって、学校を縦割りしたハウスと呼ばれるグループに分かれて合唱のコンテストを行います。ハリーポッターをイメージしていただけると分かりやすいでしょうか。
そして、夜はお別れパーティです。
月曜日は朝8時には学校を出発しますので、ここからの発信はこれが最後となります。無事帰国し、一回り成長した生徒たちの姿をどうぞ楽しみにしていてください。

SEAプログラム 8月17日

Aug 17, Thu.

昨日の生徒の日記です。

16th
I wrote a letter for my host family in class. I feel that the time flies. I’m lonely because I only have a few days to spend here with my host family. After school, I went to Count Down to buy a present for my father. I bought a bottle of wine that Peter chose because I don’t know about New Zealand wine and Peter likes wine, I went to concert that Nadjia joined, I saw a lot of high school. It was very powerful and was made me happy! “Electrical through my body!!” I could spent nice night.

午前のスタートはニュージーランドの文化を表すポスター作りです。

ニュージーランドの特徴的な文化をKiwianaと呼ぶそうです。
完成したポスター、良い作品が仕上がりました。

 

その後、MEGA AIRというトランポリンの施設へ。トランポリンを使った様々なアトラクションに、生徒たちは息を上げながらも楽しんでいました。
中には、庭に子ども用のトランポリンがあるご家庭にステイしている生徒もいますが、「子ども用じゃないから安心して跳べる!」と喜んでいました。

午後からはパーティに向けて歌の練習をしたり、バディと一緒に授業に参加したりして過ごしました。バディとの授業では、分かりやすいように簡単な英語で何度も説明してくれたり、学校のことを教えてくれたりする、MGS生徒たちの優しさに触れたようです。

学校へ来るのは残すところあと1日。名残惜しい気持ちもありますが、明日も充実した素晴らしい日となることを祈っています。