2014年度海外長期留学特進プログラム報告2

ニュージーランドに長期留学中の二名の元気な様子が届きました。

ニュージーランドは夏から秋に向かっており、クライストチャーチの中心あるハグレーパークでは、紅葉が色付き始めたそうです。留学生活も7週間が過ぎ、今はすっかりニュージーランドでの生活にも慣れ自分で行動し、学校生活にもすっかり馴染んでいるようです。

1

写真の生徒は3月1日にホームステイ先が変わりました。新しいホームステイ先は以前と比べると学校から離れたようですが、小さい子供が4人と留学生が一人いる大きな家になったようです。

 

 

 

 

22月28日には今後の留学生活を成功させるための留学生対象のWORKSHOPで勉強の仕方やお金の管理等を留学生同士で意見交換したそうです。

二人とも英語の力も伸びてきたようで、コミュニケーションができるようになったようです。今後の目標として二人とも「友人をつくる」「テストでExcellenceをとる」ことを挙げていました。

 

 

 

33月1日にはJAPAN DAYというカンタベリー地区の催し物があり、色々なボランティアもしたそうです。二人とも日差しが強い毎日で少し日焼けをして元気な様子がうかがえます。さまざまな経験を通して、それぞれ成長しているようです。

 

4月3日からの2週間の秋休みに学校主催でクインズタウンへの小旅行が企画されているようです。

2014年度海外長期留学特進プログラム報告

1月21日から二名の生徒がニュージーランドのクライストチャーチに1年間の留学に挑戦しています。クライストチャーチは今は夏です。どのような生活をしているのでしょうか。

ニュージーランドでの留学の様子を皆さんにご報告いたします。

1

 

 

 

 

 

 

 

留学のオリエンテーションを済ませ、授業が少しずつ始まったようです。二人の学年は11年生になります。今年は、ドイツ、中国、タイ、韓国、日本と様々な国からの留学生と一緒に現地の生徒と勉強していくことになるようです。

二名の生徒とも本場の英語を思ったより聞き取ったり、理解することができずに最初の壁にぶちあたっているようです。ホスト先でも自分の言いたいことが伝えられず苦しんでいるようです。誰もが通る道なので、少しずつ慣れていくと信じ、何事にもチャレンジしていってほしいです。友達や先輩もよく面倒を見てくれ、不安を言い合ったり相談したり表情は生き生きしているようで、一人ではないことに心強さを感じます。

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真右の生徒のホストファミリーは警察官のお父さんと小学校で英語を教えるリリーバー(代講の先生)をしているお母さんとミドルトンに通う13年生と10年生の息子さんの4人家族です。新築のきれいな家で面倒見のよいお母さんでとても良い環境です。

3

 

 

 

 

 

 

 

もう一人の生徒のホストファミリーは自然食品の販売の仕事をしているお母さんと美術の専門学校に通う18歳の息子さんとミドルトンに通う13年生の中国人です。庭では鶏を飼っており、新鮮な野菜をたくさん育て、フルーツの木がある自然豊かな環境です。

4

 

 

 

 

 

 

 

次のニュージーランドからの報告が楽しみです。二人の留学生活の様子を今後も継続してご報告していきます。

(文章 : 総務部国際理解教育 久保)

2015年度テニアン中高等学校広陵訪問について

次の日程でテニアン中高等学校の生徒15名、教員等4名が広陵高校を訪問します。

2015年3月31日(火)夜、 広島着

4月1日(水)校内見学、クラブ体験など

4月2日(木)市内観光、原爆ドーム、平和資料館見学

4月3日(金)マツダ工場見学、お好み焼き体験

4月4日(土)ピースプロジェクト

4月5日(日)宮島観光

4月6日(月)歓迎式典、帰国

2

2014年度テニアン来校 テニアンからの生徒・先生と交流メンバー

 

 

 

 

また、テニアンから来る生徒のホームステイ受け入れ家庭を募集しています。受け入れ家庭におかれましては、特別なものを用意していただく必要はなく、普段通りの生活を体験させていただければ結構です。ご協力よろしくお願いします。

3

2014年度交流の様子(平和資料館にて)

 

 

 

 

 

今年は交流10周年にあたります。テニアン中高等学校との交流を通じて、異文化理解や平和への意識を深めていきたいと思っています。

(文章 : 総務部国際理解教育 久保)

2014年度海外長期留学特進プログラム

今年度は2名の生徒が海外長期留学特進プログラムに参加します。いよいよニュージーランドへの出発を控え、ミーティングを実施し、昨年度の参加者からアドバイスをもらいました。

0

昨年度の参加者は留学の心得として「積極的に行動すること」「間違いを恐れないこと」「机に向かってきちんと学ぶこと」の3点を後輩に伝えてくれました。

1

 

 

 

今年度参加者(右)、(左)と昨年度参加者(中)

 

 

 

 

 

間近に迫った留学に緊張した面持ちの2名でしたが、一年後の大きく成長した姿が今から楽しみです。

(文章 : 総務部国際理解教育 久保)

サマープログラムレポート【8月8日】

昨日のダイビングの海の中での写真です。
台風の影響で海が荒れていましたが、視界も良く魚もたくさん泳いでいました。
テニアン1720140809

本日の午前はホストファミリーとの時間を楽しみ、午後からはサヨナラパーティーがテニアン高校のカフェテリアで行われました。
テニアン1820140809

ホストファミリーが用意してくれた食事を楽しみました。
テニアン1920140809

食後はダンスパーティーが始まり、2時間くらいダンスをしたり写真を撮ったりし、それぞれ明日の別れを惜しみました。
テニアン2020140809