令和元年度 第1学期終業式・原爆犠牲者慰霊式

今日で1学期の終業式が行われ、1学期が終了しました。また、本校においても原爆における被害者がおられるため、全校生徒の集まる本日、原爆の日を前にして原爆犠牲者慰霊式が執り行われました。

◆校長訓話 國貞 和彦 校長
夏休みに入るにあたり、
1年生には、大きな環境の変化の中で広陵生、高校生として一生懸命に頑張ったことを労い、高校生として初めての夏休みを有意義に過ごしてほしいと述べられました。
2年生には、初心に戻って夢の実現に向けて頑張っているだろうかと問いかけ、部活動や学業において、次のステップへ大きな飛躍ができるようにこの夏休みを大切に頑張ってほしいとの言葉がありました。
3年生には、高校生活最後の夏休み。部活動においては日本中に広陵旋風が巻き起こせるように、また進路実現に向けて天王山の夏休みを3年間の集大成として頑張ってほしいと話されました。
そして、江戸後期の二宮尊徳の言葉「大事を成さんと欲すれば小なる事を怠らず勤むべし。積もりて大となるべし。小事を疎かにして成し遂げられる大事というものは無し。」を紹介され、小さな事をこつこつと積み上げていくことの大切さを述べられました。
最後に、今学期自転車事故が多かったことに触れられ、命に関わる事故にも繋がりかねないと警鐘を鳴らされ、ルールを守るように、そして、元気に2学期に会いましょうと締め括られました。

◆表彰披露
準1級の合格率は実に約15%だそうです。大変難関ですね。よく努力しました!
彼に続けと頑張っていきましょう!
実用英語技能検定 準1級 角田 和哉

●令和元年度 広陵学園 原爆犠牲者慰霊式
◆校長挨拶 國貞 和彦 校長
今から74年前、昭和20年8月6日、朝8時15分、世界で初めて広島市に原子爆弾が投下されました。十数万人の人々が亡くなり、広陵高校も先輩38名、教職員2名が犠牲となりました。現在でも様々な地域で紛争がある中、人類が戦争で原爆(核兵器)を使用したのは、広島と長崎だけです。
まもなく「令和」となって初めての「8月6日」を迎えます。改めて核兵器の非人道性、恐ろしさを認識し、どのような理由であれ核兵器の使用は許されないこと、廃絶されなければならないこと、そして「平和である今」に感謝をし、核兵器や紛争やテロのない「平和な未来」を実現するために、声を上げていきましょう、と生徒達に語りかけられました。

◆スライド映写・ナレーション 放送部(兒玉晶子、藤井愛)
 

 

◆花束・折り鶴献納(生徒会役員)

◆校内慰霊碑前における慰霊式

今ある「平和」、そしてこの「平和」をどう持続させていくのか、これは私達に課せられた大きな課題です。

広陵祭 1日目

6月13日(木)~15日(土)の3日間に亘って、令和になって初めての広陵祭が行われました。
初日の13日(木)は非公開の舞台発表です。
文化部長の城本さんから開会宣言が高らかになされ、いよいよ広陵祭の始まりです。

■学校長挨拶 國貞 和彦 校長

國貞校長先生は「『令和』という新しい時代の最初の広陵祭です。1年は合唱で、2年は展示で、3年はバザーで、クラス、学校が1つにまとまって「和」そして「輪」となるように頑張ってほしい。一生の思い出になる広陵祭にしてください。そして全校生徒のみんなのために準備をしてくれた生徒会のみんなに感謝したいと思います。」と挨拶されました。

森川生徒会長からは「今年のテーマは元号が『平成』から『令和』に変わったので、「和」の字を取りました。これは日本の大切にしてきた文化の『和の心』を忘れないでほしいという意味も込められています。たくさんの困難がある中で、準備を進めてきました。みなさん楽しんでください!」との挨拶がありました。

初日は今年で3年目となる1学年による合唱祭、フォークソング部、ダンス部の発表です。

音楽に情熱を注ぐフォークソング部のメンバー

躍動するダンス部
かわいいダンス、POPなダンス、大人な雰囲気のダンスまで!

正統派、息の合った振りつけ付き、見事なソロ、各クラスそれぞれ工夫を凝らしての発表でした。




 

 

令和元年度 ケータイ・スマホ安全教室および交通安全教室

本日の5・6校時を利用して、ケータイ・スマホ安全教室および交通安全教室を開きました。
■校長挨拶 國貞 和彦 校長
「ケータイ・スマホ安全教室」については、「去年からスマホ校内持込を許可しているが、ルールが守れず注意される人がいると耳に入っている。ルールをきちんと守って現状が続けられるようにしていこう。」と述べられました。また「交通安全教室」については「この4月から何件も自転車事故が起こっている。今は命に関わることにまでなっていないが、取り返しのつかないことにならないように、今日の話をしっかり聞いてほしい。」と述べられました。そして最後に、どちらの話も「なぜこの話がなされるのか。自分にどういう意味を持っているのかを考えながら聞いてほしい。」と当事者の視点でということを伝えられました。

ケータイ・スマホ安全教室ではインストラクターとしてNTTより吉田 亮子 様をお招きしました。

吉田様からは、SNSにおいて以下の点をぜひ気をつけてほしいとのお話しがありました。
〇写真、情報の公開範囲を確認する。個人情報を特定するヒントになるものがないか確認する。他人の情報を勝手に公開しない。
〇ネットで知り合った人に安易に会いに行かない。自分の判断で会いに行かない。相手に個人情報や写真を簡単に教えない。
〇ネットで炎上すると将来に影響する恐れがある。いたずらであっても犯罪予告は犯罪となる。ネットは決して匿名ではない。
また、コミュニケーションアプリにおいては、以下の点を念頭に置いてやり取りをしようとのお話しがありました。
〇表情や声の調子が分からない文字情報だけでは本当のことは伝わりにくい。
〇「既読マーク」がついても相手が読んだとは限らない。
〇大事なことは直接会って伝えよう。
〇顔が見えないからといって、相手を誹謗中傷してはならない。名誉毀損、侮辱罪に問われることもある。最悪相手が命を絶つということにもつながりかねない。
大変便利なツールとして私達の生活に浸透しているケータイ、スマホですが、使い方ひとつで負のものになってしまうことを、分かりやすくお話しいただきました。

6校時目にはJAFの川口 浩 様にお越しいただき、交通ルールの順守や交通安全の意識向上のため、交通安全教室を開きました。

Q1.平成30年の1年間、日本国内で交通事故発生件数は何件?
Q2.平成30年の1年間、交通事故による死者数は?
Q3.「1383件」は一体何の数字?
Q4.「226件」は一体何の数字?
さて、みなさんはいくつ答えられたでしょうか。それぞれ答えは・・・
A1.43万0601件。約1分に1件事故が発生している。
A2.3449人(前年比-181人)。1日平均約9人が亡くなっている。
A3.昨年広島県内で発生した自転車事故件数。
A4.上記の自転車事故件数のうち、高校生が関わった事故件数。ただし人身事故になったものだけの件数。圧倒的に高校生が多い!!
まずは、これらの質問からお話しが始まりました。みなさんはこの結果をどのように受け止めたでしょうか。 川口様からは
〇出会い頭事故防止のために、「出てくるかもしれない」を意識する。自転車は「車道側」を走っていれば相手から発見されやすい。
〇ドライバーには死角があることを意識しよう。そしてドライバーとアイコンタクトを取ろう。
〇相手に見せるためにライトを点灯しよう。16:00~20:00に自転車事故が多い。暗くて発見が遅れるため死亡事故に繋がるケースが多い。
といった、お話しがありました。映像を交えたお話しでしたので、生徒達も具体的にイメージしながら聞くことができたようでした。
最後に、自転車は加害者となって高額の賠償金を支払うこともありうるので、運転には十分注意し、万が一のために保険に加入しておくことを勧めますとのことでした。

本日、私達が快適で安全な生活を送るために、何に気をつけ、どのようにすべきなのかを具体的に学ぶことができました。
今後の学校生活が安心して送れるように、それぞれが胸に留めていきたいものです。

令和元年度 オープンスクール(第1回)

本日、元号が「令和」に改訂されて初めてのオープンスクールが行われました。
朝から暑い1日でしたが、多くの中学生が来校してくれました。

講堂にてまずは、吹奏楽部の歓迎演奏が行われました。
歌あり、ダンスあり、もちろん演奏あり。吹奏楽部も楽しんでいるようでした。

続いて、部活動のユニフォーム紹介です。一部抜粋して載せています。
甲子園では初の宣誓をした硬式野球部と見事な動きの体操部
 

カデ国際大会でも優勝した柔道部と鋭いパンチを繰り出すボクシング部
 

「静」の弓道愛好会と「動」のダンス部
 

校長あいさつ 國貞 和彦 校長
挨拶とともに学校紹介を行われ、最後にボランティアで施設案内を行う在校生のことに触れられ、一生懸命案内をしてくれると思うが、ミスもあるかもしれない。その時は温かい目で見てもらいたいとくくられました。

案内は在校生が授業風景も含めて案内しました。写真はメディアセンター。

案内の後、講堂に戻ってからは在校生がパワーポイントを使って学校説明を行いました。

平成31年度 対面式

本日1校時目に在校生と新入生の全員が初めて顔を合わせました。
■校長挨拶 國貞 和彦 校長
全校生徒1276名を前に、全員が揃って顔合わせができることを喜ばれ、2,3年生にはこれまで多くの先輩方にお世話になったことを思い出し、新入生に対して良き先輩となるように、広陵生として見本となるようにと、また、1年生には慣れないことが多く大変だろうが、先輩方が親身に相談に乗り、温かく受け止めてくれるので、尊敬の心を持って接していこうと伝えられました。そして、みんなは家族同然。互いに仲良く、切磋琢磨し、感謝の心を持って高校生活を送ってほしいと述べられました。

■在校生代表挨拶 生徒会長 森川 未悠さん
初々しい1年生を前に、分からないことばかりでしょうが、困った時は2,3年生を頼って、同じ広陵生としてよりよい学校作りをしていきましょうと挨拶をしました。

■新入生代表挨拶 代表 山尾 敢太君
これから3年間、「質実剛健」の校訓の下、先生方や先輩方の指導を仰ぎながら広陵生として努力していきますと、力強く述べました。

これからいよいよ3学年揃っての学校生活が始まります。充実した学校生活となるように、お互いに研鑽していきましょう!