アニメーション部による展示会

現在、メディアセンターのロビーでアニメーション部が作成したイラストの展示が行われています!

可愛いかったり、かっこよかったり、様々なイラストが飾られています。メディアセンターの落ち着いた雰囲気に加えて、展示があることで、パッと明るくしてくれています。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で来校がなかなかできない状況ですので、少しだけお見せします。ぜひご覧になってください。

中谷様 東京オリンピック 柔道 優勝 記念碑

6月26日(金)、本校OBである中谷様の東京オリンピック優勝記念碑の除幕式が執り行われました。本校柔道部の生徒も参列し、偉大な先輩の姿を見て、鼓舞しているように思いました。

本校、玄関に当時東京オリンピックで来ていた制服や柔道着を展示しておりますので、来校した際はぜひご覧ください。

令和元年度 第3学期始業式

明けましておめでとうございます。
皆さま本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、いよいよ今年度最後の学期が始まりました。
新年を迎え、意を新たに有終の美を飾るべく頑張っていきましょう。

校長訓話

まずは校長先生から年頭のご挨拶がありました。そして、新年を迎え、立てた目標実現に向けて努力していこうとお伝えになりました。
今年は東京オリンピック、パラリンピック開催の年。日本が盛り上がることを期待している。前回の東京オリンピックで金メダルを獲られた本校の卒業生の中谷先輩に続く人が、今後この広陵からまた出てくれたら嬉しいとも。
その後、『論語』にある「己の欲せざるところは人に施すことなかれ」と、『僕はイエローでホワイトでちょっとブルー』という書籍に出てくる「他人の靴を履いてみる(相手の立場に立って物事考えるという意味。イギリスでは「市民教育」の授業内で「共感」を理解する際に取り上げられる。)」を取り上げて、生徒たちに「思いやり」について熱く語られました。
そして、最後に各学年に向けて、思いを述べられた後、本校の4つのビジョン実現をめざして充実した学期にしていこうと締め括られました。

〇入賞披露
・ ゴルフ部
第23回広島県高等学校ゴルフ選手権新人戦
高校女子の部 第3位 由元遥菜
高校男子の部 第4位 城山涉二
・吹奏楽部
第43回広島県アンサンブルコンテスト 銀賞 金管八重奏
銀賞 クラリネット四重奏
 

・バドミントン部
ジュニア交流バドミントン大会
男子団体の部 優勝 広陵高校A
女子団体の部 優勝 広陵高校A
新人男子団体の部 優勝 広陵高校E

令和元年度 第2学期終業式及び入賞披露

ぐっと冬らしい寒さとなりました。今日は2学期の終業式が行われました。
入場中は、吹奏楽部がクリスマスミュージックを演奏してくれ、なんだか明るい気持ちに。
演奏が終わると自然と拍手が起こりました。
その後は、しんと静まり、終業式が始まりました。

國貞校長訓話

2学期の終了にあたり、まずは各地で自然災害により甚大な被害を受けた地域の早い復興を願う思いを、そしてその一方でラグビーW杯で日本が初めて決勝トーナメントに進出するという快挙を成し遂げ、日本中が沸き立ち、勇気づけられたことを述べられました。
訓話では、嬉しいと思ったことを2つ、まずは、ある生徒が高齢女性を介抱したという善行を行ったこと、生徒会が学校外の舗道の落ち葉をきれいにしてくれたことを挙げ、労を厭わず誰かの為に行動できる人が広陵生にいることに感謝されました。もう1つは、生徒たちが気持ちのいい挨拶をしてくれるということを挙げ、至る所でそれが見られるよう期待していると述べられました。
次に、2つのお願いとして、スウェーデンの環境活動家として今年世界を席巻した高校生のグレタ・トゥンベリさんについて話され、「Think globally,act locally」というスローガンを挙げ、生徒たちが地球のこと世界のことを考え、自分なりにできることに取り組むようになってほしいと思いを伝えられました。また、各地でSNSを通じて子ども犯罪に巻き込まれた事例を挙げ、ルールを守って使用するようにと強く述べられました。
最後に、各学年にそれぞれの思いを伝え、元気で新学期に会いましょうとお話しを終えられました。

◆入賞披露
〇実用英語検定試験 2級 本多宥貴 他
〇実用数学技能検定 2級 安本優太 他
 

〇校内読書感想文 最優秀賞 1A 政木陽向、優秀賞 2A 佐々木日和、佳作 2C 橋根亜弥、佳作 1B 藤坂紘平
〇英語スピーチコンテスト 1位 綿﨑真由、2位 妹尾実季
 

〇ゴルフ部 第74回国民体育大会 少年男子団体 第3位 田中愛士、第17回広島オープンゴルフチャンピオンシップアマチュアの部 第5位 田中愛士
〇卓球部 第47回全国高等学校選抜卓球大会 広島県予選 学校対抗の部 男子A級 第8位、第65回広島県高等学校新人卓球大会 学校対抗の部 第8位
 

〇テニス部 第13回中国高校新人テニス大会 男子シングルス 第3位 中島蓮翔 第5位 板垣遥
〇ボクシング部 広島県高等学校秋季新人ボクシング大会 ピン級 第2位 砂奥瑠輝人、ライトフライ級 第2位 坂野直哉、フライ級 第1位 松浦 光、バンタム級 第2位 鍋山陸人、ライト級 第1位 山本晟生 第2位 川本翔太、ウェルター級 第1位 永久優磨 第2位 沖野真大、ミドル級 第1位 山根大輝、女子フライ級 第1位 妹尾実季
学校対抗 第1位
第74回国民体育大会 少年男子ミドル級 第5位 山根大輝
 

〇少林寺拳法部 第40回広島県高等学校新人少林寺拳法大会 男子規定単独演武 第1位 若藤駿也、規定組演武 第1位 井上・蓑毛 組、女子規定単独演武 第1位 太路沙菜、
規定単独演武 第2位 吉村・嶋 組、弁論の部 第1位 多田ひかる(全国審査)、女子総合 第2位 男子総合 第3位
〇バドミントン部 令和元年度 広島県高等学校新人バドミントン大会 学校対抗戦 男子第5位 女子第5位、第43回広島市長杯バドミントン大会 男子ダブルス3部 優勝 竹中遼・中田朋希、3位 岡田一樹・坂脇 凪、男子ダブルス4部 3位 古田幹力・伊藤駿、男子ダブルス5部 3位 重信洸太・中井翔太、男子ダブルス6部 3位 木河岳大・奥本友祐、女子ダブルス3部 優勝 塩田咲希・近藤ほのか、女子ダブルス4部 優勝 大竹莉瑚・他校生徒、2位 上野萌・大久保友雅、女子ダブルス5部 3位 河角結衣・山内優奈
 

〇体操競技部 令和元年年度 広島県高等学校新体操新人大会 個人総合 第1位 東本侑也、種目別リング・ロープ 第1位 東本侑也、ロープ 第5位 池口芽生、男子団体 第2位、広島県体育協会表彰 東本侑也
〇ダンス部 第27回ひろしまダンスフェスティバル 高等学校の部 優秀賞
 

入賞披露・防災訓練

本日5時間目は講堂にて入賞披露が行われました。
◆入賞披露
●テニス部
第72回広島県高等学校テニス新人大会
男子シングルス第3位 中島蓮翔
男子ダブルス第3位 中島・板垣
団体戦 男子第3位 女子第4位
●陸上競技部(全国大会)
JOCジュニアオリンピック第13回U18日本陸上競技選手権大会
U18男子三段跳第2位 山田悠斗
 

●卓球部
広島県卓球新人戦地区予選 男子団体第4位 A級昇格
●けん玉(部活動外表彰:世界大会)
North Amerika Kendama open 第2位 乗岡信吉
 

県大会、全国大会から世界大会まで、さまざまなところで頑張っています。けん玉ももう少しで優勝できたとか。次も頑張ってください。

6時間目は防災訓練が行われました。
地震による火災発生を想定しての避難訓練でした。災害はない方がいいですが、対策や練習は必要です。
まずは、机の下に避難。

堀教頭先生より講評がありました。
「学校では、日常で地震を想定した訓練を行っている。パニックになる人、冷静に判断する人、様々いるが、1分1秒は刻々と去って行く。『あと数秒あれば助かったのに。』とよく言われる。本日最初にグラウンドに出た生徒は1分、最後は8分15秒だった。訓練では10分以内に全員の避難がなされることを想定している。
日本では過去12年間、命に関わる地震は6回発生している。先月10月12日は台風19号で多数の方が亡くなられている。このように、地震以外にも様々な災害がある。今や日本は「災害列島」と言われる。避難訓練で大切にしてほしいことは、「冷静に落ち着く」ということ。それができれば、最善の動きができる。防災意識をしっかり持って有事の際には冷静に落ち着いて行動できるようにしていこう。」
といったお話しでした。

あわてず騒がず落ち着いて避難することが大切です。