平成30年度 薬物乱用防止教室

本日の5・6時間目を利用して薬物乱用防止教室と題うって薬物の危険性を1年生を対象に学習しました。
講師は、薬剤師 加藤哲也 先生です。
初めに、保健部の前田先生より、「覚醒剤で年間1万人余りが検挙され、その1割が若年層。また若年層では危険ドラッグや大麻に手を出す者が多い。薬物乱用には喫煙、飲酒も含まれる。今日の話に真剣に耳を傾けてほしい。」と挨拶がありました。


加藤先生のお話より。
酒、タバコの開始年令は小学校の終わりから。これが高校になると大麻などが加わってきます。薬物はたとえ1回使用しても「乱用」です。
薬物の恐ろしさは「依存性・耐性・精神障害・フラッシュバック」です。
そして依存症になると一生依存症となります。脳が薬物を欲して、どうしても抜け出しきれません。薬物は名前を隠し俗称で、様々な形で私たちに誘いをかけ、近づいてきます。薬物には「近づかない」「断る勇気」を持ちましょう。
「断る勇気」は「自分を大切にする勇気」です。

皆さん、薬物を継続使用した人達のbefore/afterの写真を覚えていますか。人が人でなくなる薬物には決して近づいたり、手を出したりしてはいけません。

平成29年度 薬物乱用防止教室

本日、5・6限目を使って薬物に対する危険性を講師を招いて、1・2年生が学びました。
講師:本校学校薬剤師 加藤 哲也 先生
※(有)加藤薬局 代表取締役、広島県薬物乱用防止指導員 安佐薬剤師会顧問


先生は、視聴覚器材を使い分かりやすく説明くださいました。安易な気持ちで一度手を出すと、やめられなくなる。「自分は意志が強いから」と思っていても、脳から起こる欲求のため、意志の強さは関係ない。手を出さない、近づかないことを意志の強さ出てってしないといけないという内容でした。