SEAプログラム 第16日・17日目 8月11日(土)・12日(日)

こちらに来て3回目の土日でした。初回は着いてすぐだったので何もかも新鮮だったようですが、次第にこちらの生活やリズム、言葉や環境に慣れて、ホームシックどころか帰りたくないモードになっています。2週目はマウントクックで最後の週末はそれぞれホームステイ先で連れていってもらったようです。土曜日には市内が見渡せるゴンドラに乗ったり日曜日にはフリーマーケットに連れていってもらった生徒もいました。風が強かったですが、天気も良く、最低気温が2℃、最高気温は14℃ぐらいでした。

引率の私は土日を利用して180㎞北にあるカイコウラに行きました。カイコウラには2回目でしたが前回は日帰りでしたので今回はしっかり自分の足で歩くために向かいました。朝7時発のバスで3時間かけカイコウラへ。朝の気温は車が凍っているぐらいでしたが、日が上るにつれ気温も上がり、10時過ぎに着いた時には心地よい気温でした。街中に到着後、翌日のクジラウォッチングツアーを予約し、荷物などを宿泊先に置き、カイコウラ岬まで歩いて行きました。片道1時間かけ歩いて行き、1500万年前に隆起してできたの麓に到着しました。この先にはアザラシの生息地があったり、自然が成し遂げる様々な光景で圧倒されましたポイントとなるところから岩場を1時間近く歩きながらアザラシの生息地を抜け、200メートル近くある岸壁の小道を登り、岸壁の上に上がった時には足がすくむ思いがしました。

日本ではフェンスがあり様々な掲示板があるような場所ですが、全くその様なものがなく、落ちることは決してないのですが、歩いていても足がすくみ反対側には雪化粧した南アルプスの山々が一望できるなど、5時間近く歩いても疲れが吹き飛んでしまうカイコウラの自然が堪能できました。

翌日早朝からクジラウォッチングに出かけました。ニュージーランドでも屈指のクジラの回遊ポイントで、今回はマッコウクジラを3回ほど見ることができました。波が少々荒く、船酔いをする人も多かったですが、2時間半のクルージングでクジラの他、イルカの群れに遭遇することができました。カイコウラは自然が織りなす光景を様々な形で経験することができ、マウントクックとは違った自然との向き合い方を教えてくれます。何より歩くことの楽しさを堪能できるかと思います。機会があれば生徒を連れて行き、思いっきり自然と向き合いたいと感じました。

カテゴリー: ESD

SEAプログラム 第15日目 8月10日(金)

今朝の気温は5℃、ほぼ快晴のクライストチャーチでした。最高気温も予報では15℃で、「もう春が来ているね」と会話が始まるほど、過ごしやすい1日でした。

一緒にスタートした関西学院中等部の皆さんは今日が最後の日となり、色々一緒に過ごした時間がありましたので、別れが寂しく感じながら午前中はRiccarton AvにあるWestfield Mallに出かけました。いわゆる大きなショッピングモールで家族と来たことがある生徒もいましたが、お土産の下調べやショッピング、ランチを食べたりと2時間半余りの時間を過ごしました。生徒たちの中には大きなスーパーでいつも朝食で食べているジャムやモーニングティーで食べているお菓子などを買い込んでいて、日本に今の雰囲気を持ち帰りたい思いがしっかり伝わってきます。

ランチは学校で食べました。生徒たちも地元の生徒たちとよく話をしています。話をしながらイングリッシュネームをつけてもらっていました。日本語で考える自分とは別に、英語で話す時はそのイングリッシュネームで自分を表現するやり方も英語取得の段階ではあります。休憩時間の終わりに一緒に写真を撮りましたが、恥ずかしがったり怖気付くこともなく、輪の中に入っていました。 午後はメッセージや日記、その後にはリーディングの授業となりました。ニュージーランドの素材をしたものが大半ですが、QAや実際地図を書いて説明を書いていくものですが、なんとなくその形式にも慣れ始めた感じでした。 この土日が最後の週末です。生徒たちは主にお土産を買ったり、近場に出かけたりするようです。レポートは日曜日か週明けに送る予定です。甲子園での初戦をこちらからも応援しています。

カテゴリー: ESD

SEAプログラム 第14日目 8月9日(木)

朝の気温が5℃、快晴のクライストチャーチでした。最高気温が16℃、日本の春先の気温です。

1時間目は技術工作の授業体験で、チョコレートなどの型作りでした。5センチ角の板にデザインし、糸ノコなどを使って切り取り、最後にはプラスチックの型枠を作るものでした。ミドルトンの生徒はそれぞれベンチや椅子、学年が上がるにつれ家まで建てるそうです。日本建築科でするような授業でした。生徒たちはKIWIのデザインをたのが多く、完成後は持ち帰ることにしました。

その後は教室に戻り羊に関して調べたことをそれぞれ紙にまとめる作業でした意外と生徒にとってこのような作業は難しく、「もう分からない」とネガティブな言葉や雰囲気が漂っていました。「分からないからもういいや」とやめてしまうことが今までだったのかもしれませんが、分からない状況をそのままにするのではなく、分からないからどうするのかしっかり考えて行動することが今回のテーマでもあります。少し日本語でSHRをしましたが、その後はいい方向に動いていっていますので、生徒をしっかり評価したいと思います。黙ってても誰も助けてくれない自分の思いを伝え、分からないならきちんと聞こう」を最後までやらせたいと思います。

午前最後の時間を使って近くにあるMEGA AIRに行ってきました。ここでは様々なトランプリンがあり、思いっきり体を動かすことができました。宙返りをしたりトランポリン形式のドッジボールをしたりと日本ではなかなか味わえないスポーツでした。ニュージーランドの家の庭にも大きなトランポリンがあるので羨ましい限りです。

午後は主にファミリーへのお礼のカードを書く時間だったり、来週幼稚園で一緒に歌う歌の準備をしたりと悩みながらもしっかり英語を使った時間でした。

明日は近くにあるWestfield Moleに出かけ巨大なスーパー日本にないようなお店の見学を予定しています。

カテゴリー: ESD

SEAプログラム 第13日目 8月8日(水)

最低気温は5℃、曇りで午後から雨模様のクライストチャーチでした。最高気温も13℃ぐらいでしたが、長袖とジャンバーだけでも十分でした。

午前中は学校から関西学院中等部の生徒さんと一緒に15分ほどのところにあるInternational Antarctic Centre国際南極センター)に出かけました。各国の南極基地への最後の中継地となっており、様々なものが展示してありました。まず最初に30分ほど南極を始め各国の基地の説明が行われ、説明された方も実際に研究者として基地に滞在したことがありました。最後には実際に現地で着る服なども生徒を使って着用させ非常に早口の英語でしたが、分かりやすいものでした。

その体験ブースに入り南極の気温や風を体験したり、映像を見たりしながら時間を過ごしました。最後にはハグランドライドという南極で使われる全地形対応車車両に乗って山や岩場などの模擬体験がありました。かなり激しく運転する場面もあり、生徒たちも悲鳴をあげながら乗っていました。

ランチタイムには学校に戻り、午後からは学校での授業となりました。海外長期留学特進プログラムでミドルトンに留学していた本校の卒業生も訪れてくれました。現在日本の大学からこちらの大学プログラムに転学し、今後大学でビジネスを学ぶ準備をしています。北島に住んでいて休みを利用して昨晩クライストチャーチ飛んで来ました。SEAプログラムの生徒にも紹介し、午後の授業は同伴してくれました。また昼休みには現在留学している生徒と3人で英語で話しました。不思議な感じでしたが、2人とも大きく成長している姿が頼もしく思えました。

ラグビーの授業は急遽キャンセルになりましたが、メッセージを書いたりしながら少しの時間でしたが、担当の英語の先生と共に基本練習をしました。その後はドラマの授業体験でした。ドラマは現地の生徒にも非常に人気で、今回は実際行われる体を使ったレッスンでした。声を出しながら体を動かしたり、ペアをどんどん変えながら様々な活動をしていくものでした。最後の方では4人組になりグループで岩や動物、さらには悲しみや嬉しさといった感情を表現するもので、とてもユニークな授業でした。一つひとつの活動に大きな意味があり当たり前に全て英語で行われた授業でしたが、全て理解できていたようです。

明日も学校での授業になります。

カテゴリー: ESD

SEAプログラム 第12日目 8月7日(火)

 

最低気温は4℃、曇り空のクライストチャーチです。日中は回復し、最高気温は16℃の一日でした。今日はクライストチャーチから1時間ほどのところにあるスプリングフィールドの羊牧場に出かけました。3000頭もいる羊を牧羊犬を使ってする方法や毛の刈り方のデモンストレーションなどがありました。生徒に実際やらせてみたりしてあっという間に時間が経ちました。

その後で近くを流れる川でジェットボート体験となりました。南アルプスからの雪解け水が流れ込む川の上を猛スピードで突き進むボートに乗り、時には360度ターンをしながら行ったため、かなり濡れることになりました。川の水温は3℃なので終わった時には少々寒かったです。

学校に戻り午後からはマオリの文化体験となりました。大きな葉を織り込みながらブーケを作るものでしたが、上手にできた生徒もいました。残った時間はマオリの棒を使ったゲームなどを行い、一日が終わりました。日本を発って12日ですが、クライストチャーチの生活にもすっかり慣れ、ホームシックになる暇がないほど様々なことを経験しています。英語もすぐに上達することはありませんが、早い口調の英語をしっかり聞き取ろうとしています。このまま体調を崩さずに乗り切りたいと思います。

明日は南極センターを訪れ、午後からはラグビーと演劇の授業を体験します。

カテゴリー: ESD