フレンドリー・ブリッジ 靴の贈呈式

本日、「上履き、運動靴を世界のはだしの子ども達に!!」という取り組みを行っている「フレンドリー・ブリッジ(旧レインボープロジェクト」の事務局の方に、卒業生が残した靴を2箱寄付しました。これらの靴は生徒会メンバーが自分達の手できれいに洗った物です。この活動は2005年にスタートしましたが、この年から毎年本校は参加しています。集まった靴は今までにギニア、ザンビアを始めとする世界15カ国に贈られているそうです。DSCN0312

靴を詰めた箱を運び込む生徒会のメンバー。DSCN0313

カテゴリー: ESD

広陵祭(文化祭)の開催について

現在、生徒たちは6月17日金曜日と6月18日土曜日に開催される広陵祭を盛り上げようと、開催に向けて日々一生懸命に取り組んでおります。一般公開日である18日土曜日には、皆さまに情熱あふれる素晴らしい展示・発表・バザー等をお楽しみいただけると思います。生徒たちの日頃の取り組みの成果をご覧くださいますよう、ご来校をお待ちしております。なお、本校に駐車場はありませんので、公共交通機関を利用してお越しくださいますようよろしくお願いいたします。

【ご案内】

期間中、体育館内生徒会ブースにて「熊本大震災復興支援」の募金活動を行います。また、寄付・寄贈活動として次の2つの活動を広陵祭の中で行います。

1. 「書き損じハガキ キャンペーン」(公益財団法人 民際センター主催)

年賀はがき・官製はがき(書き損じ・未使用)を集めて民際センターへ送ると、換金され、タイ・ラオス・カンボジア・ミャンマー・ベトナムの子どもたちの奨学金として現地に送られます。400枚集まれば、一人1年間の奨学金となります。

2. 「CocoLao Project」(東南アジアのラオスの子どもたちに学用品を贈ることと、日本の子どもたちに物の大切さを伝えることを目的とするプロジェクト)

ご家庭で不要になった鉛筆・消しゴム・鉛筆削り(手動・卓上型)を集めます。

鉛筆・・・新品でも削ったものでも構いません。使える程度の短いものでも大丈夫です。

消しゴム・・・新旧は問いませんが、おもちゃ消しゴムなどの消えにくいものはご遠慮ください。

※ 現地でプラスチックゴミを増やさないために、シャープペンシルなどは回収の対象にしません。

ko

平成27年度 クラスマッチ

今日・明日とクラスマッチが行われます。
競技はバスケット(男女)、サッカー(男子)、オセロ(男女混合)です。jyobas220160317 jyobas120160317
激しいゴール下の攻防が繰り広げられます。
danbas20160317 danbas220160317
3ポイントシュート決まるか?!。そして、男同士の一騎打ちの行く末は・・・。

sacc220160317 sacc320160317
激しい攻防。(左)ボールよそっちに行かないで―(右)

ose120160317 ose220160317
どちらの手が優るか楽しみです。

明日はそれぞれの競技で1位が決まる。楽しみです。運動競技はケガの無いよう全力を出してください。

平成27年度 体育祭

本日、気持ちの良い天候の中、体育祭が行われました。
来賓の方はもちろん、多くの保護者の方々にも来校いただき多くの声援をいただきました。

〇選手入場
nyujyo020151003

nyujyo120151003

nyujyo220151003

〇優勝旗返還
henkan20151003

〇校長挨拶
kotyo20151003
放送部・吹奏楽部も万全の体制を整え、生徒会を中心に自主的な運営がなされ、規律ある競技や集団行動を通して健全なる精神を身につけてもらいたい。生徒諸君も短い練習時間にもかかわらず熱心に行っていた。勝つことに向かってファイトを燃やすことは素晴らしいが、フェアプレーで正々堂々と行うことで、さわやかで美しいものを見ることができると思う。ケガや熱中症に気を付け一人ひとりに頑張ってもらいたいという内容を話されました。

〇生徒会長挨拶
seitokaityo20151003

〇選手宣誓
sensei20151003

〇来賓紹介
raihin20151003

〇演技
〇人✕脚 クラス対抗綱引き(2年)
marunin20151003 2nentuna20151003
飛翔(縄跳び) 障害物競走
nawatobi20151003 syogaibutu20151003
クラス対抗リレー男女
classj20151003 clasd20151003
広陵ソーラン節
soran120151003 soran220151003
クラブ紹介(硬式野球部 サッカー部他)
kosiki20151003 saccer20151003
マーチング
maching20151003

kosya20151003
続きを読む

サマープログラム中止について

 今年のサマープログラムは82日(日)から9日(日)まで実施し、北マリアナ諸島テニアン島にあるテニアン中高等学校を中心に訪れ、生徒宅にホームステイをしながら交流活動をするものです。テニアン島は194586日に広島に原子爆弾を投下したエノラ・ゲイが飛び立った島でもあります。 

 出発する82日(日)福岡空港でチェックインする際に、グアムーサイパン便が台風13号の影響で欠航となり、その救援便も飛ばず、今後7日(金)までサイパン便が満席だということが判明しました。このままグアムに飛んでも、サイパン・テニアンに行くことができない可能性が高く、学校や現地の航空会社とも協議を重ねた結果、残念ながらやむなく中止を決定いたしました。

 今まで一生懸命準備をしてきた生徒は悲痛な面持ちで言葉にならないものでした。86日の平和交流やダイビング、プレゼンテーションやホームステイのことなどいろいろな思いで準備をしてきたかと思います。今後、いい形で次につなげていければと考えています。

(文章:ESD担当 竹本淳一)

カテゴリー: ESD

ネパール大震災 復興支援募金

_S9Q5645

4月25日にネパール大震災が起こりました。過去に広陵高校は、ネパールでの学校建設応援のために募金活動を行ってきた経緯があり、今回の震災に際しては他人事ではありませんでした。早速、生徒会役員生徒から「復興のために何か手伝いできないか」という声が上がり、広陵祭で復興支援の募金活動を行うことにしました。多くのご賛同、ご協力をいただき、計61,233円の義援金が集まりました。そして7月18日に、ネパール交流団体主催 高田登代子様にお渡ししました。この義援金はカトマンズニュウロセンター病院の先生を通じて、被災地支援に活用されるそうです。これからもネパール復興のために広陵生として何ができるか、考え続けていきたいと思います。(文章:ESD赤坂麻里)

_S9Q5671

カテゴリー: ESD