令和元年度 ケータイ・スマホ安全教室および交通安全教室

本日の5・6校時を利用して、ケータイ・スマホ安全教室および交通安全教室を開きました。
■校長挨拶 國貞 和彦 校長
「ケータイ・スマホ安全教室」については、「去年からスマホ校内持込を許可しているが、ルールが守れず注意される人がいると耳に入っている。ルールをきちんと守って現状が続けられるようにしていこう。」と述べられました。また「交通安全教室」については「この4月から何件も自転車事故が起こっている。今は命に関わることにまでなっていないが、取り返しのつかないことにならないように、今日の話をしっかり聞いてほしい。」と述べられました。そして最後に、どちらの話も「なぜこの話がなされるのか。自分にどういう意味を持っているのかを考えながら聞いてほしい。」と当事者の視点でということを伝えられました。

ケータイ・スマホ安全教室ではインストラクターとしてNTTより吉田 亮子 様をお招きしました。

吉田様からは、SNSにおいて以下の点をぜひ気をつけてほしいとのお話しがありました。
〇写真、情報の公開範囲を確認する。個人情報を特定するヒントになるものがないか確認する。他人の情報を勝手に公開しない。
〇ネットで知り合った人に安易に会いに行かない。自分の判断で会いに行かない。相手に個人情報や写真を簡単に教えない。
〇ネットで炎上すると将来に影響する恐れがある。いたずらであっても犯罪予告は犯罪となる。ネットは決して匿名ではない。
また、コミュニケーションアプリにおいては、以下の点を念頭に置いてやり取りをしようとのお話しがありました。
〇表情や声の調子が分からない文字情報だけでは本当のことは伝わりにくい。
〇「既読マーク」がついても相手が読んだとは限らない。
〇大事なことは直接会って伝えよう。
〇顔が見えないからといって、相手を誹謗中傷してはならない。名誉毀損、侮辱罪に問われることもある。最悪相手が命を絶つということにもつながりかねない。
大変便利なツールとして私達の生活に浸透しているケータイ、スマホですが、使い方ひとつで負のものになってしまうことを、分かりやすくお話しいただきました。

6校時目にはJAFの川口 浩 様にお越しいただき、交通ルールの順守や交通安全の意識向上のため、交通安全教室を開きました。

Q1.平成30年の1年間、日本国内で交通事故発生件数は何件?
Q2.平成30年の1年間、交通事故による死者数は?
Q3.「1383件」は一体何の数字?
Q4.「226件」は一体何の数字?
さて、みなさんはいくつ答えられたでしょうか。それぞれ答えは・・・
A1.43万0601件。約1分に1件事故が発生している。
A2.3449人(前年比-181人)。1日平均約9人が亡くなっている。
A3.昨年広島県内で発生した自転車事故件数。
A4.上記の自転車事故件数のうち、高校生が関わった事故件数。ただし人身事故になったものだけの件数。圧倒的に高校生が多い!!
まずは、これらの質問からお話しが始まりました。みなさんはこの結果をどのように受け止めたでしょうか。 川口様からは
〇出会い頭事故防止のために、「出てくるかもしれない」を意識する。自転車は「車道側」を走っていれば相手から発見されやすい。
〇ドライバーには死角があることを意識しよう。そしてドライバーとアイコンタクトを取ろう。
〇相手に見せるためにライトを点灯しよう。16:00~20:00に自転車事故が多い。暗くて発見が遅れるため死亡事故に繋がるケースが多い。
といった、お話しがありました。映像を交えたお話しでしたので、生徒達も具体的にイメージしながら聞くことができたようでした。
最後に、自転車は加害者となって高額の賠償金を支払うこともありうるので、運転には十分注意し、万が一のために保険に加入しておくことを勧めますとのことでした。

本日、私達が快適で安全な生活を送るために、何に気をつけ、どのようにすべきなのかを具体的に学ぶことができました。
今後の学校生活が安心して送れるように、それぞれが胸に留めていきたいものです。

平成30年度 ケータイ・スマホ安全教室

 本日、本校講堂にて表記内容で講演が行われました。
◆校長挨拶 國貞 和彦 校長
 今年度より生徒の登下校時の安全確保の面よりケータイ、スマホの校内への持ち込みを一定ルールの中で持ち込み可にしています。自分自身のこととして捉え、真剣に講演を聴きましょうと述べられました。

◆安佐南警察署 生活安全課 𠮷岡 伸也 様
 このような講演をあちこちで行っているのだが、先日講演を行った学校の生徒がトラブルの当事者となってしまった。ぜひ「自分のこと」として捉えて、この後の話を聞いてほしいと述べられました。

◆NTT docomo スマホ・ケータイ安全教室インストラクター 吉田 亮子 様
 私たちがSNSで気をつけることとして、個人情報を特定されてしまう写真やコメントをアップしない、勝手に自分の判断で相手に会いに行かない、悪ふざけが過ぎるおもしろ動画をアップしないなどが挙げられました。また、カカオトークやLINEなどのコミュニケーションアプリは文字情報なので感情が伝わりにくいツールであることを認識することや、たとえ既読になっていても返信がない場合、大切なことは再度情報を送るなどしてトラブルにならないように気をつけるなどといったアドバイスもありました。とにかく、「自分のこと」として捉え、万が一困った時には自分や友人だけで対処せず、必ず大人に相談するようにしようと伝えられました。

平成30年度 交通安全教室

5月2日(水)6限目、全校生徒を対象に交通安全に対する意識を向上し、安全に通学するための交通安全教室を開きました。
◆挨拶 國貞 和彦 校長
最初に、自転車は加害者にも被害者にもなりうる可能性があることを述べられ、先日世間を賑わせた自転車のひき逃げ事件を例に挙げ、事故を起こさないように注意すること、事故を起こした場合、どのように対処すればよいのか、事故に伴う責任をどう果たせばよいのかを、この講演を通してしっかり考えてほしいと伝えられました。

◆講演
安佐南警察署 総務係長 佐々木 浩之 様
昨年に引き続き佐々木様よりご講演をいただきました。まず、一昨年は自転車事故による死者が500名に上り、広島では昨年1664件の自転車事故が発生。8名の方が亡くなられたというデータを挙げられました。また、女子学生がスマホとペットボトルを両手に持った状態で自転車乗車し、老齢の女性をひいて死亡させたことにより、多額の賠償金を支払わねばならなくなった例も取り上げ、他人事ではなく明日は我が身であることを述べられました。その後、DVDを視聴し、普段の私たちの生活の中でいくつもの危険な行為が潜んでいることを改めて確認しました。また、事故を起こした場合は必ずその場にいること、相手が怪我をしていたら安全な場所に移動させること、自転車をよけるなどの安全確保をし、110番や119番通報することなどを伝えられました。そして、5月は1年間のうちで一番事故が多い月ということから「自転車マナーアップ強化月間」となっており、10代(特に1年生)の事故が多発しているので、皆さんにはよくよく注意して乗車してほしいと締め括られました。


皆さん、今日の講演を聴いて、改めて自転車乗車のマナーについて考えたことと思います。お互い思いやりの気持ちを持って、事故のないように過ごしていきましょう。

携帯電話安全教室

本日、携帯電話の危険性を知り、また、ルールを守って便利なツールである携帯電話を活用するため、携帯電話安全教室が本校講堂で開かれました。
●学校長挨拶 國貞 和彦 校長

「高校生の約9割がスマホや携帯電話を所有しているというデータがあります。今日の話をよく聞いて、自分が加害者、被害者にならないようにしましょう。」と全校生徒に語られました。

●安佐南警察署 少年係 吉岡 伸也様

「最近は撮った写真を特に気にすることもなくネット上にアップし、それが拡散して思わぬ所で悪用されることがあります。警察にもそういう相談が多く寄せられています。自分が被害者にならないために、今日はしっかり話しを聞いてください。」と挨拶されました。

●docomo スマホ・ケータイ安全教室インストラクター 的場 智可様

最近はインターネットの普及により、私たちの生活は便利になりました。様々なコミュニケーションツールもあり、世界中の人々とつながることができます。しかし、それは不特定多数の人とつながることでもあります。的場様からは、アップした写真から個人情報が特定される危険性があること、またLINEなどで特定の人を外したり、悪口を書いたりすることが犯罪となってしまうことがあることなどを映像と共にお話ししていただきました。また、一旦ネット上に上げた情報は半永久的に残ってしまう、匿名であっても悪質な投稿はアクセスログから発信元を特定されるということなども教えていただき、スマホや携帯電話の使用について改めて考えることができる良い機会を持つことができました。