広陵祭

6月16日(木)より18日(土)まで本校で広陵祭(文化祭)が行われました。

天候に恵まれました。とても活気のある広陵祭でした。

今年の広陵祭のタイトルは学園創立120年を記念して付けられた「創史相愛」。

体育館ではクラスや文化系クラブを中心に展示、また吹奏楽部やフォークソング部、ダンス同好会などが講堂で発表しました。それぞれがとても頑張っていました。

それでは少し写真をご覧ください。

_S9Q8874

広陵学園創立120年を記念して、120th KORYOの文字を使った中で、それぞれのクラスがデザインしました。それぞれのクラスの旗を集めるとこうなりました。

_S9Q8877

2Bビッグアート「富獄百景」は特に圧巻でした。

_S9Q8922

先日のオバマ大統領の広島訪問もデザイン化した2Aの作品です。

_S9Q8884

文系クラブの作品も今年は特にレベルが高かったように思います。

_S9Q8923

体育館内では徳育の発表も展示されていました。

_S9Q8899

3年生バザーの様子。暑い中をこれだけの人でした。

_S9Q8916

近くに寄ってみると店の前にはたくさんの人だかり。

_S9Q8920

暑い中を一生懸命調理する3年生。

_S9Q8928

茶道部でのお点前。

_S9Q8931

大会議室ではDVD制作をしたクラスの発表がありました。

撮影者が訳があり、非常に忙しかったため、写真は18日(土)一般公開日撮影分の一部のみを掲載させていただきました。

 

 

2015 私学フェスタ

10月12日の体育の日に広島国際会議場にて多くの私学が集まっての私学フェスタが行われ、広陵高校も参加いたしました。
hanasi20151012
多くの中学生や保護者の方に来場いただき、説明を聞いていただきました。

prezen20151012
別の会場では、3年生元生徒会長の宇坪君がプレゼンテーションを行ってくれました。自らデータを作り発表まで行い、立派に務めを果たしました。

otya120151012 otya320151012
また、別の会場では、本校の茶道部の皆さんがお点前の披露をしてくれました。
生徒諸君も一生懸命に頑張ってくれましたから、できるだけ多くの方に、広陵高校を分かってもらうと嬉しいですね。
10月31日(土)には今年度最後のオープンスクールも行われます。「百聞は一見に如かず」とも言います。お時間があれば一度御来校下さい。

レインボープロジェクト

IMG_9083
本日、卒業生の残した靴を海外の子ども達に送るプロジェクトに賛同し、生徒会が代表して安佐ライオンズクラブに靴を引き渡しました。今年はアフリカのザンビア共和国・ガンビア共和国・ルワンダ共和国に贈られる予定だそうです。

平成27年度 新任式・始業式・テニアン中高等学校来校記念 歓迎式典

平成27年度新任式・始業式およびテニアン中高等学校来校記念歓迎式典が行われました。

sinnin20150406

新任者を代表して塚本先生が挨拶をされました。

tukamoto20150406
伝統ある広陵高校で勤務できることを名誉なことであると思います。また生徒皆さんの前に立てることを喜びに思います。学習指導、進路について、生活のこと、悩み事など全力で支えていきたいと思っています。授業では渾身の、炎の一球を投じるのでフルパワーで打ち返してくださいと話しをされました。

今年度新任の先生方を紹介します。

峠 龍二 先生(数学) 塚本 修一 先生(音楽)
石原 翔 先生(音楽) 沼崎 貴智 先生(地歴公民)
谷峰 巌 先生(数学) 川上 恭弘 先生(理科)
石井 将貴 先生(体育) 上田 楓子 先生(家庭)
坂井 静子 先生(教務事務・徳育)

引き続いて平成27年度1学期始業式が行われました。
kotyo120150406
始業式では中圡校長の訓話がありました。本校の校訓である「質実剛健」は飾ることなく誠実で強い心を育てることだと話し、そのためには授業は真剣勝負である。笑顔で明るい挨拶をしよう。掃除が行き届いたきれいな美しい学校にしよう。そして活力ある学校にしていかなければならないと話されました。

また、目標を持って過ごし、3年生は2年が過ぎ、2年生は1年が経ちました。この新学期は君たちの節目であり、大きなチャンスです。広陵高校は全国大会や中国大会などの高いレベルを目指すクラブ活動がある立派な学校です。無理だと諦めかけている人もいるかもしれないが、決して無理ではありません。やりたいことを本気で念じ、今を大切に今日一日がんばる、その一日一日の積み重ねが力になる。志を高く持ち、目標に挑戦し続ける。今、目の前のことに全力で取り組むことが大切だと述べられました。

その後、テニアン中高等学校記念歓迎式典が開催されました。広陵高校との交流は10年になります。まず、DVD上映が行われ、この10年を振り返りました。
続きを読む

レインボープロジェクト

昨年6月、生徒会役員生徒が中心になって、不要になったグラウンドシューズや体育館シューズをきれいに洗い、発展途上国の子どもたちに寄贈するレインボープロジェクトに参加しました。そして、先日2月26日に広島安佐ライオンズクラブから感謝状をいただきました。
uke20150226

syojyo20150226

広陵生のシューズは、ルワンダ共和国とガンビア共和国に送られたそうです。現地で子どもたちは、一人一足ずつ受け渡されました。大きなサイズのシューズをもらった子は自分で履き、小さなサイズのシューズをもらった子は、大切に持ち帰って弟妹にプレゼントしたそうです。その話を聞いて、生徒会も、このプロジェクトに参加して本当に良かったと思います。
tegami20150226

syasin20150226

今年も、卒業した3年生から多くのシューズを寄贈していただきました。心を込めて洗い、ぜひ来年度のプロジェクト参加に向けて準備を進めていきたいと考えています。
syugo20150226

犬猫みなしご救援隊 募金活動

去る6月21日(土)に行われた広陵祭(文化祭)において、「NPO法人 犬猫みなしご救援隊」が所持されている写真をお借りし、東日本大震災の被災動物の現状を告げる写真展と、その支援に活用していただこうと、募金活動を行いました。

本日はこの募金活動で集まった寄付金¥42,182円の目録を、生徒会会長の宇坪渉君から「NPO法人 犬猫みなしご救援隊」様にお渡ししました。お越しいただいた中谷百合代表は、感謝状と共に感謝の念を述べられました。

wtasi20140703

kansya20140703

生徒会会長の宇坪君は改めて、被災動物の現状を知ることができたことと、そのお手伝いが少しでもできたことへの感謝の言葉を伝えるとともに、今後も機会があればこのような活動を行っていきたいと思いを新たにしつつ、文化祭後すぐにしたためた手紙を読み上げました。

tegami20140703