生徒会新役員認証式・入賞披露・部活動壮行式

本日9日(火)、1学期末の期末考査が終了しました。
その後、生徒会新役員認証式・入賞披露、全国大会出場および全国大会につながる大会への出場部活動壮行式が行われました。


この度、生徒会役員となった生徒達。
会長:荒巻萌々香  副会長:平川華音、德本健斗  会計:後迫瑞穂
書記:大田 士  文化部長:吉岡滉太  保健体育部長:野口蒼葉
風紀部長:松尾彩乃  美化部長:下宮海翔  図書部長:足助空都
会計監査:井上舞凪斗


上記の写真は表彰された人達の一部です。下記は入賞結果です。
【第72回広島県高等学校総合体育大会表彰】
[ボクシング部]
ピン級 第2位 大久保道愛   ライトフライ級 第2位 松浦 光
フライ級 第1位 松浦 蓮   ライト級 第3位 寺尾樹人
バンタム級 第3位 児玉一颯  ウエルター級 第2位 山根大輝
ミドル級 第1位 森光 駿
女子の部 第1位 妹尾実季   学校対抗の部 第2位 広陵高等学校
[体操競技部]
新体操男子個人総合 第1位 東本侑也  第2位 宮本勇輝
男子団体 第2位 広陵高等学校
[バドミントン部]
県総体地区予選 第3位 竹中 遼
男子学校対抗戦 第5位 女子学校対抗戦 第5位
[陸上競技部]
男子三段跳び 第1位 山田悠斗  男子走幅跳び 第5位 山田悠斗
男子フィールドの部 第8位 広陵高等学
[柔道部]
男子団体 第3位 広陵高等学校
男子個人 第1位 佐藤優磨   第1位 松森秀磨
第2位 西村侑也 第3位 今井功気
女子団体 第1位 広陵高等学校
女子個人 第1位 八巻衣音
[剣道部]
優秀選手 河原林大陸  男子団体 第3位 広陵高等学校
[少林寺拳法部]
男子単独演武 第2位 若藤駿也
女子単独演武 第4位 多田ひかる  第5位 太路沙菜
男子総合 第3位 広陵高等学校
女子総合 第3位 広陵高等学校
[テニス部]
男子ダブルス 第2位 田中謙太朗・中島蓮翔
女子ダブルス 第3位 牧由貴菜・服部紗希
男子シングルス 第3位 田中謙太朗
女子シングルス 第2位 牧由貴菜
男子団体 第1位 広陵高等学校  女子団体 第3位 広陵高等学校
【第72回中国高等学校陸上競技対抗選手権大会】
男子三段跳び 第2位 山田悠斗
【第73回広島県陸上競技選手権大会】
男子三段跳び 第3位 山田悠斗
【第73回中国高等学校ボクシング選手権大会】
Aゾーンフライ級 第1位 松浦 蓮  Aゾーンミドル級 第1位 森光 駿
Bゾーンフライ級 第1位 松浦 光  Bゾーンライト級 第1位 児玉一颯
Bゾーンウェルター級 第1位 山根大輝
女子ライト級 第1位 妹尾実季     団体の部 第3位 広陵高等学校
【第59回中国高等学校テニス選手権大会】  男子団体 第3位
【第22回広島県高等学校ゴルフ選手権大会】 第3位 田中愛士
【第17回全日本新体操ユースチャンピオンシップ】
クラブ・スティック 優勝 リング・ロープ 第3位
個人総合優勝 東本侑也
【第60回中国高等学校 新体操・体操競技選手権大会】
新体操団体 第2位
個人総合 第1位 東本侑也  第4位 宮本勇輝
【令和元年度広島県高等学校体操競技・新体操選手権大会】
個人総合 第1位 東本侑也 男子団体総合 第1位 広陵高等学校
[柔道]
【ポーランドカデ大会】個人優勝 八巻衣音
【全日本ジュニア広島県予選】
男子個人 優勝 松森秀磨  女子個人 第2位 宮本迪佳
【第66回中国高等学校柔道大会】
男子個人 第3位 佐藤優磨 第1位 松森秀磨  第5位 宮本隼岳
女子個人 第1位 八巻衣音
女子団体 第5位 広陵高等学校  男子団体 第5位 広陵高等学校
【国民体育大会広島県予選会】
少年男子優勝 佐藤優磨 松森秀磨  少年女子優勝 八巻衣音
【第44回広島市バドミントン選手権大会・会長杯】
ダブルス女子3部準優勝 塩田咲希・近藤ほのか
ダブルス女子4部準優勝 貞吉優香・上野 萌
ダブルス男子5部準優勝 古田幹力・古賀大揮

【壮行式】
國貞校長は、まず最初に、昨年7月6日に予定していた壮行式が西日本豪雨災害により、後日延期したことに触れ、未だに避難生活をしている方々がいることに思いを馳せ、災害はいつ起こるか分からない、常にその意識を持って過ごそうと話されました。
続いて、6部が全国大会出場するにあたり、厳しい予選を勝ち抜いての出場を称え、これまで以上の力を発揮し、上位入賞を目指してがんばってほしいと述べられました。また、予選会出場の部員達には、既に出場を決めた部に続いて全国への切符を勝ち取ってほしいと檄を飛ばしました。そして、最後に、全国で気後れすることがないように、また、最後まで諦めない「広陵魂」で戦い、応援してくれている人々への感謝の心を忘れず、高校生らしい爽やかなプレーをしてくださいと、エールを送られました。

荒巻新生徒会長より、これまで練習してきた成果を発揮し、精一杯戦ってきてほしい。また、体調に気をつけて、試合のその日まで練習を頑張ってください、との言葉がありました。

出場選手を代表して、テニス部部長の久富昭拓君より、まずは壮行式のお礼の言葉があり、続いて広陵生としての誇りを持って、全力を尽くしていくので、応援よろしくお願いしますと、力強い決意の言葉がありました。

壮行式終了後に、1、2年生は野球応援の練習を行いました。
この練習の成果が発揮できる機会がありますように。

クラスマッチが始まりました。

平成30年度クラスマッチが始まりました。

種目は、男子サッカー・男子バレーボール、女子バレーボール、オセロです。
クラスの団結力をここで見せてほしいものです。

明日まで開催されます。優勝目指して頑張りましょう!

生徒会役員選挙 立会演説会

本日6時限目に生徒会役員の演説会が行われました。

今年度は2年生9名、1年生5名が立候補し、生徒会役員として頑張っていくための抱負を述べました。立候補者の強い気持ちが伝わり、広陵生の拍手により、全員が信任されました。1年間、頑張ってください。

前年度の生徒会役員(3年生)も横で見守っていました。お疲れさまでした。

第72回国民体育大会(えひめ国体)硬式野球部 優勝報告会

本日、国民体育大会において初優勝を果たした硬式野球部の優勝報告会が行われました。広陵高校の長い歴史の中で初めての国体優勝です。総勢17名の登録選手が壇上に並び、全校生徒から祝福を受けました。

國貞校長挨拶

この度、愛媛県で開催されました第72回国民体育大会において、本校から硬式野球部、テニス部、柔道部、体操部、そしてボウリングの部門に出場し、テニス部では酒井凜さんが8位入賞するなど、輝かしい成績を残しましたが、その上に、本校硬式野球部が全国の強豪である天理高校を初戦で破り、準決勝では東海大菅生、そして決勝では大阪桐蔭を破り、初優勝を飾ってくれました。
国民体育大会は、野球で言えば、春の選抜、夏の選手権、秋の神宮大会、これらと並び、4大大会の1つです。硬式野球部が夏の準優勝をバネに、見事、初優勝を果たしてくれました。広陵の長い歴史の中に輝かしい記録を残してくれました。おめでとうございます。そして、感動を再びありがとう、と挨拶をされました。

竹内生徒会長 お祝いの言葉

強豪と呼ばれるチームを相手に最後まで戦い抜く姿は広陵魂を見たように思います。また、硬式野球部は私たちの誇りです。今後は新体制となりますが、これからも広陵野球部の新たな伝統を切り開いていってください、とお祝いの言葉を贈りました。

硬式野球部代表 佐藤勇治君 お礼の言葉

始めに報告会を開いてもらったことへのお礼の言葉を述べました。また、広島県の代表として出場し優勝することができました、自分たちの力だけでなく、みなさんの応援の力もあっての優勝だと思います。これからも応援をよろしくお願いします、と締め括りました。