平成28年度卒業証書授与式

本日、3月1日(水)、平成28年度卒業証書授与式が挙行されました。吹奏楽部が演奏する「威風堂々」の流れる中、担任の先生を先頭に460名の卒業生たちが入場。厳粛な雰囲気と共に始まりました。

担任の先生方が受け持った生徒たちの名前を読み上げます。

卒業証書授与。生徒代表は3年L組の林 利運君です。

日本私立中学高等学校連合会賞。賞を受けたのは3年B組の山田 翔大君です。

中圡基校長からは、まず、卒業生にお祝いの言葉、保護者、来賓の方々へ感謝の言葉が述べられ、その後、卒業生たちとの思い出が語られました。体育祭、広陵祭など様々な学校行事のことを挙げられた中で、この学年は一年次に甲子園球場で野球応援を経験していることから、全校応援で一体になれたことの素晴らしさを印象深く述べられました。また、同じ年の8月に広島市安佐南区において豪雨による大規模な土砂災害が発生し、その時に災害復興のボランティアに様々な形で生徒たちが参加したことを述べられ、人と人が支え合うことの大切さも語られました。そして、最後に巣立ちゆく卒業生へエールを送り、式辞とされました。

PTA会長の三川 陽介様より祝辞をいただきました。ご自身も本校のO.Bでいらっしゃることから、広陵高校でのこの三年間がいかに大切なものであったかを語られました。そして大切にしている3つの言葉「どうしたら人に喜んでもらえるのか」「自分だったらどうしてもらったら嬉しいのか」「自分はどのように評価してもらいたいのか」についてのお話をされ、校訓の「質実剛健」を胸に抱き、このことがみなの礎になってほしいと締め括られました。

同窓会会長の飯盛 豊様よりご祝辞をいただきました。実は、昨日、同窓会入会式が執り行われましたので、卒業生へのお祝いの言葉は、その時いただいていました。本日は主に保護者の皆さまに向けて、お祝いの言葉を述べられました。そして同窓会が「同窓生のふるさと」となるべく頑張りたいとの強いお気持ちをお伝えになりました。

来賓の方々のご紹介。

在校生代表送辞。生徒会会長を務める松尾 龍弥君です。卒業生たちとの様々な思い出を語り、いつも自分たちの前を歩き、手本を見せてくれた先輩たちに感謝の言葉を述べました。そして最後に旅立つ彼らにエールを送りました。その姿は、自分たちが先輩たちの残してくれたものをしっかりと受け継ぎ、次の時代を担っていくのだという決意を新たにしたように見受けられました。

卒業生代表答辞。前生徒会会長の小田 有紗さん。不安と期待が入り交じっていた入学式から始まり、様々なできごとを通して友情を育み、家族や先生たちのサポートを得ながら歩んできた三年間を思い出深く振り返りました。そして最後に、吹奏楽部の「仰げば尊し」の歌と共に「友人へ」「家族へ」「先生へ」とそれぞれに向けて心のこもったメッセージを力強く伝えました。本当に素敵な答辞でした。

保護者謝辞。保護者代表の東 由香様。理事長、校長を始め、教職員へ心のこもった感謝の言葉をいただきました。

卒業生、広陵高校生として最後の校歌斉唱。

卒業生退場。講堂前のスロープにて教職員と在校生クラス代表の生徒たちによる花道。

全員が退場した後、3学年主任の坂田 浩明先生より保護者の皆さまへ、多くの協力をいただき支えてくださったことへの感謝の言葉がありました。

生徒たちを支え、励まし、共に育ててくださった全ての方々に、この場をお借りして、心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。そして、これからも温かく見守ってくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

第14回広陵高等学校マラソン大会

2月22日(火)に1、2学年全員による第14回マラソン大会がエディオンスタジアム広島で行われました。

校長先生からは、「このマラソン大会は、諦めずやり抜く精神と体力を養うことが目的です。今まで体育の授業で頑張って練習してきた成果を発揮して、しっかり頑張っていきましょう。」との言葉がありました。

参加者全員で準備体操です。

いよいよスタートです。雨が落ちてきたので、予定より早めにスタートしました。以下の写真は、みなの激走する姿です。

ゴール先で、自分のデータを受け取ります。みんなよく頑張りました。

体育祭について 10月2日(日) 

本日、10月2日(日)の体育祭は予定通り行います。生徒の皆さんは体育祭の準備をして登校してください。
また、保護者の皆様におかれましては、駐車場がありませんので、公共交通機関を御利用ください。特に安佐南区スポーツセンターへの駐車は絶対にしないようにお願い致します。

平成28年度教員研修会

夏休みが終わりました。明日8月26日金曜日は2学期始業式です。補習や部活動でほぼ毎日登校していた生徒もたくさんいましたが、久しぶりに全員が集まるので、学校も賑やかになるでしょう。

さて、夏休み期間中、先生は毎年研修を受けます。今年は広島市の救急教育センターと安佐南消防署の協力を得て、普通救命講習を受講しました。

救命講習2016082501

心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)の使用方法を学び、グループに別れて、1人ずつ実技を行いました。万が一の時に備えてのことですが、質問もたくさん出て、先生方は真剣に取り組んでいました。

救命講習2016082504救命講習2016082503

 

新生徒会役員認証式・全国大会壮行式・各種表彰

〇新生徒会認証式
会長 松尾龍弥(2D)、副会長 竹本竜也(2H)・小川真優(2C)、会計 河田麻衣(1F)、書記 髙光瑠依(1L)、文化部長 宮迫美那(2A)、文化副部長 竹内音々(1D)、保健体育部長 小林建都(2D)、風紀部長 豊嶋隼矢(2F)、美化部長 齋木智也(2D)、美化副部長 菊間大介(1E)、図書部長 谷口麟也(2A)、図書副部長 榊亮介(2I)、会計監査 鈴木聖菜(1D)・吉田知記(2E)。新体制でもしっかり頑張ってください。
seitokai20160708

〇各種表彰
ボクシング部
第69回広島県高等学校総合体育大会 学校対抗の部 第1位 広陵高等学校 女子フライ級 第1位 妹尾歩果  フライ級 第1位 安田聖典 ライト級 第1位 山本英嗣 ライトフライ級 第2位 吉岡俊輔 ミドル級 第1位 坂本拓海  ミドル級 第2位 三浦健人 ウェルター級 第1位 岡本義都 ライトウェルター級 第1位 中野大河
第70回中国高等学校ボクシング選手権大会 女子フライ級 第2位 妹尾歩果 ライト級 第1位 山本英嗣 ミドル級 第1位 坂本拓海  フライ級 第2位 安田聖典 ウェルター級 第2位 岡本義都 学校対抗の部 優 勝 広陵高等学校

体操部 第69回広島県高等学校総合体育大会 種目:新体操  男子個人総合 第3位 山口高史 種目:体操競技 男子個人総合 第4位 勝乘志音 男子 ゆか 第8位 宮川拓也
中国高等学校体操選手権大会  個人総合 第6位 山口髙史
boksin20160708 taiso20160708

バレーボール部 第69回広島県高等学校総合体育大会 男子 第5位
バドミントン部 第69回広島県高等学校総合体育大会 男子団体5位  女子団体5位
bare20160708 badmin20160708

柔道部
第69回広島県高等学校総合体育大会
男子個人 第3位 宮本昌弥  男子団体 第3位 広陵高等学校  女子個人 第1位 江本陽香  第1位 吉田智美  第2位 佐藤有唯  第2位 古賀早也香  第3位 飯田紀子  女子団体 第2位 広陵高等学校
第63回中国高等学校柔道大会
女子個人 第2位 田中純奈  第3位 中川彩純  第5位 中尾華奈

少林寺拳法部  第69回広島県高等学校総合体育大会
男子単独演武の部 第1位 柚木天晴 男子単独演武の部 第3位 多田大慧 女子単独演武の部 第3位 山田桃加 女子総合 第2位  男子総合 第3位
第26回中国高等学校少林寺拳法選手権大会
単独演舞の部 第3位 柚木天晴

jyudo20160708 syorinji20160708

卓球部  第69回広島県高等学校総合体育大会 男子B級 第3位 広陵高等学校
ゴルフ部  第69回広島県高等学校総合体育大会 女子団体 第2位 広陵高等学校
takyu20160708 suiei20160708

第69回広島県高等学校総合体育大会 女子ダブルス  第1位 河本鈴香・酒井凛 第3位 竹田彩月・山本采夏 第5位 押川 咲・北野史佳
女子シングルス 第1位 河本鈴香 第3位 酒井凛 第4位 山本采夏 女子団体 第1位 男子団体 第8位
2016JOCジュニアオリンピックカップ全日本ジュニア
選抜室内テニス選手権大会広島県予選  第1位 酒井凛

放送部 63回NHK杯全国高校放送コンテスト広島県大会 優良賞 広陵高等学校
teniss20160708 hosou20160708

水泳
第69回広島県高等学校総合体育大会 女子 50m自由形  第5位 中川環 女子200m個人メドレー 第5位 中川環
第64回中国地域高等学校選手権水泳競技大会広島県予選 女子100mバタフライ 第4位 中川環 女子 50m自由形 第4位 中川環
hyosyo20160708

〇壮行式
ボクシング部 少林寺拳法部 テニス部 柔道部 体操部 軟式野球部 硬式野球部 ゴルフ部 水泳競技
soko20160708_1

〇激励のことば 中圡基 校長
soko20160708_2
全国大会出場を決めた生徒たちにお祝いのことばを贈った後、これから全国大会につながる試合に挑む生徒たちには、今までの練習の成果を存分に発揮してくるよう激励しました。また、全体へは「今まで支えてくださった人達への感謝の気持ちを忘れないように。そして広陵生として恥ずかしくない立派な振る舞いをしてほしい。みんなで応援しています。」と述べられました。

〇生徒会長激励のことば 松尾龍弥 生徒会長会長
〇選手代表お礼のことば ボクシング部 山本英嗣 君
kaityo20160708 aisatu20160708
新生徒会長となった松尾君から「本番は緊張するかもしれませんが、日頃の練習の成果をしっかり発揮して頑張ってください。全校生徒みんなで応援しています。」と激励のことばが贈られました。選手代表の山本君は、まずは盛大な壮行式を開いてくれたことへの感謝の意を表した後、支えてくださった全ての人への感謝の気持ちを持って、県代表として恥ずかしくないようしっかり頑張ってきますのとの力強いことばを述べました。

四時行われ百物生ず(3)

6月某日。オタマジャクシを発見。後ろ足がすでに出ているものもいる。モリアオガエルと言っても。オタマジャクシはクロい。足が生えそろえば、モリアオガエルも山へ帰っていくことだろう。いつ緑色になるのか?
kaeru20160706

平成28年度 広陵祭(文化祭)校内発表

今年度の広陵祭が始まりました。今年は6月16日(木)・17日(金)両日が校内発表。18日(土)が一般公開となっています。近年、文化部の活躍もあり校内発表が増えたため、3日間での開催になりました。
本校講堂にて、開会式が行われました。
〇開会宣言 山田凌也 文化部長
senngen20160616
文化部長の高らかな宣言により、いよいよ広陵祭スタート!!

〇校長挨拶 中圡基 校長
kotyo20160616
今年のテーマ「創史相愛~広陵魂の次なる未来~」は、創立120周年を迎えた本校に相応しいものです。広陵の歴史や広陵魂を受け継ぎ、次なる未来を創るべく髙い志を持って高校生活を送ってほしいと思います。これまでの作業を通して本気になればなるほど仲間と一つになることがいかに難しいことかを知ったことでしょう。苦労を重ねたその経験は将来に受けて貴重なものとなると思います。「質実剛健」の校訓の下、他者に心から礼を尽くし、皆さんの手で素晴らしい広陵祭を作っていこうと述べられました。

〇生徒会長挨拶 小田有紗 生徒会長
kaityo20160616
これまで先輩方が作り上げた伝統と私たちが作り上げる伝統、それが今年のテーマとなっています。今年の広陵祭では、発展途上国の子ども達の就学支援を目的とした「書き損じハガキの回収」、ラオスの子ども達に鉛筆や消しゴムを送る「ラオスプロジェクト」、「熊本大地震の復興支援募金」の3つに取り組みます。皆さんの温かいご協力をお願いしますと述べました。

いよいよ開幕です。まずは、フォークソング部による演奏です。3年生には1年間の総まとめと言ったところでしょうか?その次は1学年全員による校歌斉唱でした。
fork20160616 1nen20160616

2年B組による合唱。ピアノ演奏も合唱も良く練習されていて増した。最後はダンス部のパワフルパフォーマンスでした。
2nen20160616 dance20160616