令和元年度 体育祭

9月28日(土)に令和元年度体育祭が開催されました。
まず校長先生のあいさつがありました。

「日頃の皆さんの学習の成果を、そしてこれまでの練習の成果を遺憾なく発揮し、4つの学校ビジョンの一つ、【学校行事や部活動、ボランティア活動に励む活力ある学校】であることを見せてください。」

次に、生徒会長からのあいさつ。

「天気が心配されていましたが、絶好の体育祭日和となり、予定通り体育祭を決行できることをうれしく思います。まだまだ暑いので水分補給をしっかりして、楽しい体育祭にしましょう。」

多くの来賓の方にも来ていただきました。

体育部長からの注意ののち、プログラム1番準備体操が始まりました。

プログラム2番 1年生競技である〇人×脚レース

クラス全員で息を合わせて、一歩一歩進んでいきました。

プログラム3番 2年生競技のクラス対抗綱引き


力を合わせて、一生懸命引っ張りました。

プログラム4番 3年生競技の飛翔(長縄跳び)

縄に引っ掛かりながらも、何度もチャレンジをしました。

その後、クラス対抗リレー女子、男子。
クラスを代表して、走りきる姿は圧巻でした。

部活動紹介では、ダンス部が踊ったり、弓道愛好会が弓を弾いたり、それぞれの部活動の色を出したパフォーマンスでした。

部活動対抗リレーではそれぞれの部活動がプライドをかけて、走っていました。

多くの競技を経た結果、赤組の勝利に終わりました。

最後に校長先生からのあいさつがありました。

「皆さんの一生懸命頑張る姿を見せてもらいました。皆さんにとっても素晴らしい思い出の一日になったとおもいます。最後になりますが、来賓、保護者の皆様には最後まで温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。」

第101回 全国高等学校野球選手権広島大会 準決勝

今日は広陵高校対広島商業高校の対戦でした。全校応援とういうことで、昨日の試合よりもさらなる熱気がスタンドを包んでいました。


熱い中、高く高く腕をかざして、応援しました。


吹奏楽部も一生懸命大きな音で演奏してました。


たくさん汗をかきながら、根気強くメガホンを振っていました。

試合の結果は、残念ながら、5対13で、広陵高校の敗北でした。思うような結果には至らなかったですが、応援していただき本当にありがとうございました。

第101回 全国高等学校野球選手権広島大会 準々決勝

今日は、硬式野球部が広島国際学院高校との対戦でした。

今日から吹奏楽部、ダンス部も応援に参加して、より活気のある雰囲気がスタンドに広がっていました。


試合前に声を出して、気合を入れる生徒たち


プレイヤーを見守っている姿


応援タオルを一生懸命掲げました。

試合の結果は9対2で、広陵高校が勝利しました。明日、10:00からしまなみ球場で広島商業高校との準決勝があります。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。