平成30年度1学期終業式

今学期を終えるにあたり、まずもって、この度の西日本豪雨により亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。また、被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

■1学期終業式
学校長訓話 國貞 和彦 校長
まず最初に、この度の豪雨により亡くなられた方々へ哀悼の意を表され、1日も早い復興を願いますと述べられました。
続いての訓話では、まず次の3点について触れられました。
①今年度から校内へのスマホ、ケイタイの持込を許可した。これは登下校中の安全確保のために導入に踏み切った。今一度目的と意義を振り返ろう。
②全学年で朝読書を始めた。積極的に取り組んでほしい。
③8時25分までに教室入室をしよう。
これらのことを2学期にはしっかりできるようにしていこう。
そして、孔子の「過ちては、則ち改むるに憚ること勿れ。」という言葉を引用し、誰にでも失敗や間違いはある。それを素直に認め躊躇することなく誤り、改めることが大事だと話されました。
最後に、3年生は進路実現に向けて強い気持ちを持って頑張ること、1,2年生は人間性の向上を目指して読書に親しむことなどを述べられ、2学期始業式に元気な姿で登校してくることを楽しみにしていると述べられました。
う。

■原爆犠牲者慰霊式
73年前の昭和20年(1945年)8月6日8時15分、広島に世界で初めて原子爆弾が投下されました。この時の犠牲者は十数万人と言われています。この広陵高校では教職員2名、生徒38名が犠牲となりました。また重軽傷者は教員6名、生徒450名でした。

校長挨拶 國貞 和彦 校長
まず、犠牲となられた方々に哀悼の誠を捧げ、講堂入り口に掲げてある本校OB米田勁草さんの原爆と平和をテーマにした絵を見て、あの日に思いを馳せてほしいと述べられました。そして緊張状態にあった米朝が、6月に史上初の米朝会談を行い、朝鮮半島の非核化が謳われたことに触れました。現在、世界には15000発の核兵器が存在し、世界各地で戦争、紛争が起こっています。この世界で核兵器が使用されたのは、ただの2回。それが広島と長崎でした。この非人道的核兵器の恐ろしさを認識し、今後使用されることが絶対にないよう、廃絶する取り組みを行っていかねばならないと述べられました。


宇品時代の広陵高校。


敷地内に設置してある、原爆の絵。


教職員代表と生徒会役員


敷地内に設けられた慰霊碑。全校生徒が折った折り鶴が献納されました。

平成30年度新任式・第1学期始業式

本日4月6日(金)、いよいよ新しい年度の始まりです。新2年、新3年となった生徒たちが久しぶりに学校に登校してきました。新2年生はクラス替えがあるので、下駄箱付近に貼り出されたクラス分けの掲示を見ながら、興奮した声を上げていました。

○新任式

○代表者挨拶:德田 朋大 先生

まず最初に新任式が行われました。今年は4名の先生方が新しく着任されました。徳田朋大先生(数学科)、石田真人先生(理科)、竹内勇紀実先生(保健体育科)、荒木裕子先生(養護)です。代表で徳田先生から「伝統ある広陵高校に勤務することになり、これから皆さんと学校生活を送れることにわくわくしています。それぞれの持ち味を生かして貢献していきたい。」との挨拶がありました。

■始業式
○校長訓話:國貞 和彦 校長

その後、第1学期始業式が行われました。國貞校長先生からは、まず、皆が元気に登校して新年度が始められることの嬉しさ、心新たに1年のスタートを切っていきたいということ、明日400名の新入生を迎えること、昨年度の3年生から国公立大学21名合格者が出たことを励みに、勉学に部活動に頑張っていこうということなどのお話がありました。その後、「①ルールやマナーを守る ②全校で朝読書の実施 ③8時25分入室の徹底」の3点について触れ、目指す学校のビジョンを念頭に充実した高校生活を送っていこうと述べられました。

■入賞披露
○バドミントン部
第17回中区オープンバドミントン大会 女子四部 優勝 横山花音 山田美華
○柔道部
第50回平和カップ広島柔道大会 高校女子の部 準優勝
 

第72回国民体育大会(えひめ国体)硬式野球部 優勝報告会

本日、国民体育大会において初優勝を果たした硬式野球部の優勝報告会が行われました。広陵高校の長い歴史の中で初めての国体優勝です。総勢17名の登録選手が壇上に並び、全校生徒から祝福を受けました。

國貞校長挨拶

この度、愛媛県で開催されました第72回国民体育大会において、本校から硬式野球部、テニス部、柔道部、体操部、そしてボウリングの部門に出場し、テニス部では酒井凜さんが8位入賞するなど、輝かしい成績を残しましたが、その上に、本校硬式野球部が全国の強豪である天理高校を初戦で破り、準決勝では東海大菅生、そして決勝では大阪桐蔭を破り、初優勝を飾ってくれました。
国民体育大会は、野球で言えば、春の選抜、夏の選手権、秋の神宮大会、これらと並び、4大大会の1つです。硬式野球部が夏の準優勝をバネに、見事、初優勝を果たしてくれました。広陵の長い歴史の中に輝かしい記録を残してくれました。おめでとうございます。そして、感動を再びありがとう、と挨拶をされました。

竹内生徒会長 お祝いの言葉

強豪と呼ばれるチームを相手に最後まで戦い抜く姿は広陵魂を見たように思います。また、硬式野球部は私たちの誇りです。今後は新体制となりますが、これからも広陵野球部の新たな伝統を切り開いていってください、とお祝いの言葉を贈りました。

硬式野球部代表 佐藤勇治君 お礼の言葉

始めに報告会を開いてもらったことへのお礼の言葉を述べました。また、広島県の代表として出場し優勝することができました、自分たちの力だけでなく、みなさんの応援の力もあっての優勝だと思います。これからも応援をよろしくお願いします、と締め括りました。

縮景園茶摘茶会

4月29日(土)、茶道部は毎年恒例の縮景園にて行われる、茶摘茶会に参加してきました。上田宗箇流を学ぶ中・高校生、70名余りの生徒たちが参加しました。女子部員は絣の着物を着用し、赤い襷に前掛け。日本手ぬぐいを姉さんかぶりして、昔ながらの茶摘み娘のスタイルで、お客様をおもてなししました。
昔から八十八夜は春から夏に移行する節目の日、夏の準備をする縁起のいい日とされています。気候も安定し、茶摘みや、籾まきなどが行われる時期でもあります。浅野藩は江戸時代より八十八夜前後に茶摘みを行っていたそうです。
縮景園奥にある茶畑にて、茶摘みを行いました。柔らかく鮮やかな緑の新芽が出ていました。


参加した生徒たちが摘み取った茶葉。


摘み取った茶葉をこのように蒸します。


蒸した茶葉を手作業で揉みます。こよりのように細く美しく揉む作業は思った以上に大変な作業です。

この後、縮景園を訪れた多くのお客様に薫り高く爽やかな風味の新茶をお出ししました。

平成29年度 3年進路説明会

4月20日(木)5、6時間を使って、3学年の生徒を対象に進路説明会を行いました。先日卒業した先輩たちの残した様々なデータ、言葉を、今年の3年生たちがしっかりと受け止め、自分たちの進路を切り拓いていく糧にしてほしいと思います。

第1部 全体説明


國貞校長より、外部講師の先生方のお話をしっかりと聞くこと、そして先輩方の残してくれた様々なメッセージを受け取り、感謝の気持ちを持って、これからの1年間を頑張ってほしいと挨拶がありました。


藤岡学年主任より、しっかりと実力を付けて大学生活をスタートできるようにしようとのお話がありました。


田中進路指導部長より、元カープ投手の黒田選手の著書『決めて断つ』と先輩たちが残してくれた「合格体験記」の内容が、表現は違いこそすれ重なるものがある。ぜひしっかり目を通してほしいと述べられました。

第2部 Ⅰ類、Ⅱ類進学希望、就職希望に分かれて講演


Ⅰ類とⅡ類文理コース ベネッセの講師の方の講演


Ⅱ類総合進学希望者 キッズコーポレーションの講師の方の講演


就職希望者 東京リーガルマインドの講師の方の講演

各会場では、講師の先生方の熱いお話に、真剣に耳を傾ける生徒たちの姿が見られました。これから1年間、互いに競い合い、支え合って頑張っていこう。